menu
ニュース・ブログ
バックナンバー

RSSAtom

佐川美術館「キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection」開催のお知らせ

滋賀県の佐川美術館にて「キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and
other works From Nakamura Keith Haring Collection」が開催されます。
中村キース・ヘリング美術館所蔵作品約60点で構成された展覧会は、版画をはじめ、ドローイング、彫刻、写真作品など、キース・ヘリングの多彩な作品が紹介されます。

leaflet_0225.jpg

世代を問わず愛されつづけるキース・ヘリングの作品を通して「希望」と「夢」というエネルギーを感受していただくと同時に、キースの考えたことや人生、そして彼が駆け抜けた時代について想いをめぐらせ、キース・ヘリングの世界観に触れ、彼の魅力を体感できます。

キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and
other works From Nakamura Keith Haring Collection

会期|2015年7月18日(土)〜 9月23日(水・祝)
会場|佐川美術館
〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
主催|公益財団法人佐川美術館
特別協力|Keith Haring Foundation、中村キース・ヘリング美術館
後援|滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会、FM OSAKA、BBCびわ湖放送
協力|SGホールディングス、佐川急便、佐川印刷
公式HP|http://bit.ly/1KPydKO

by staff | 2017年1月15日  | プレス

6月1日〜7日はHIV検査普及週間『キース・ヘリングと〈HIV/AIDS Art & Activism〉』開催!

中村キース・ヘリング美術館はリニューアルオープン記念展「KEITH HARING MULTIPLEXISM
#KeithHaringNow 多重化する二○○○年代以降のキース・ヘリング像」
の関連企画として、展覧会のテーマの一つである〈HIV/AIDS Art & Activism〉に焦点を当てたプログラムを開催いたします。
1990 年に31 歳の若さでこの世を去ったヘリングは、生前からアートを通してエイズの予防啓発のメッセージを発信する活動を行っていました。当館では2007 年の開館よりヘリングの遺志を受け継ぎ、エイズウォーク小淵沢をはじめとするHIV/AIDS とその予防啓発について考える企画を実施してきました。
本年度は、改めてヘリングの作品やポスター、また活動のマニュフェストとなったT シャツを展示し、ヘリングの〈HIV/AIDS Art & Activism〉の軌跡を追いながら、ヘリングと同時代に活動し、エイズによってこの世を去ったアーティストの最期の場所を記録した、アイラ・サックス監督の「ラストアドレス」などHIV/AIDS にまつわる映像作品も展示いたします。また、80 年代NY でヘリングが活動を共にしたエイズ患者の権利拡大を訴える団体ACT UP のドキュメンタリーフィルムを上映いたします。

中村キース・ヘリング美術館リニューアルオープン記念展 関連プログラム
『キース・ヘリングと〈HIV/AIDS Art & Activism〉』

silence=death2.jpg

キース・ヘリング《沈黙は死》1989年 99x99cm シルクスクリーン
© Keith Haring Foundation 中村キース・ヘリング美術館蔵

プログラム①|企画展「キース・ヘリングと〈HIV/AIDS Art& Activism〉」
ヘリングがエイズ予防啓発のメッセージを発信するために描いた《沈黙は死》やポスター《アート・アタック・オン・エイズ》を展示いたします。また、これまであまり知られることのなかった当時の苦悩や葛藤が伺えるヘリングの日記もご紹介いたします。

日程|6月1日(月)~6 月30日(火)
時間|9:00 - 17:00
会場|中村キース・ヘリング美術館内 回廊

プログラム②|上映会『怒りを力に ACT UPの歴史』
ACT UPの活動を記録した映像から米国のHIV/AIDS運動の歴史を辿るドキュメンタリーフィルムを上映いたします。

『怒りを力に ACT UPの歴史』 “United In Anger : A History of ACT UP”
米国/2012/93分/日本語字幕 監督:ジム・ハバード
日程|6月7日(日)・14日(日)・21日(日)・27日(土)・28日(日)
時間|各回14:00 - 15:33
会場|中村キース・ヘリング美術館 多目的展示室
参加費|1,500円(入館料含む)

img13.shop-pro.jp.jpeg

プログラム③|コンドーム配布
企画展会場ではHIV検査普及週間(6月1日~7日)に併せ、当館オリジナルのキース・へリングのコンドームを配布いたします。

00-condome.jpeg

プログラム④|学芸員によるエデュケーションツアー
当館学芸員によるHIV/AIDSエデュケーションツアーに無料でご参加いただけます。増築された空間に展示中のエイズ発症後、最後の個展のために制作された晩年の大作《無題(トライアングル)1988年8月15日》などを解説しながら館内をご案内いたします。

日程|6月7日(日)・14日(日)・21日(日)・28日(日)
時間|各回13:00 – 14:00
会場|中村キース・ヘリング美術館 *レセプションにご集合ください
参加費|無料(入館料別途)

00-gallery-tour.jpg

by staff | 2017年1月15日  | プレス

GAPのstyle.byに当館Art&FashionディレクターのHIRAKUによる【Hiraku Style】が紹介されました!

GAPのstyle.byに、当館Art&FashionディレクターのHIRAKUさんが紹介されました!さっそうと歩くHirakuさん...ファッションもアートも自由に自分を表現するためにあることを、体現しているかのようです。


【Hiraku Style】http://www.styld-by.com/ja/partners/hiraku-morilla/hiraku-style

毎日アップ更新されるGAPのstyld.by …本日4/20にご紹介されている Fumino Sugiyamaさんも素敵な生き方がスタイルから垣間みれます…! また、Hirakuさんが着用しているPatricia Fieldのグローブは、Nakamura Keith Haring POPSHOP より購入可能です!是非、チェックしてみてください。

by staff | 2017年1月15日  | プレス

当館Art&Fashionディレクター HIRAKUが参加!カミングアウト・フォトプロジェクト「OUT IN JAPAN」

当館Art&Fashion ディレクターであるHIRAKUさんが、都内で開催された「OUT IN JAPAN」の撮影会に、ポートレートの被写体として、参加してきました!

中村キース・ヘリング美術館は、5年間で10,000人のLGBTの参加を目指すカミングアウト・フォトプロジェクト「OUT IN JAPAN」に賛同しています。http://outinjapan.com

プロジェクト立ち上げのきっかけともなったレスリー・キーさん。80名を超えるLGBTが参加。創設スポンサーとして、GAPが協力バックアップ。「OUT IN JAPAN」のギャラリーWEBサイトは4月末公開となり、それに先駆け、4月21日〜28日にGAP原宿店で写真展を開催予定です!

Hiraku.jpg

by staff | 2017年1月15日  | プレス

パトリシア・フィールド来日!"The Little House that Could" フィルム上映+トーク、《NEW YORK meets TOKYO》fancyHIMパーティー開催!

展覧会『Art and Fashion:Keith Haring × Patricia Field × HIRAKU』@ ars gallery 関連イベント、当館 Art & Fashion Director HIRAKU × パトリシア・フィールドのトークショーと"The Little House that Could"のフィルム上映が行われました!また、公式アフターパーティー"NEW YORK meets TOKYO" Patricia Filed × Keith Haring × fancy HIMも開催!are galleryでの展覧会は本日23日で終了となりましたが、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでの"Nakamura Keith Haring POPSHOP" のポップアップストアーは12月8日まで開催中となっておりますので、是非、足をお運びください!

3_a.jpg4_a.jpg

6_a.jpg3_b.jpg

1_b.jpg2_b.jpg

12_a.jpg13_a.jpg

11_a.jpg7_a.jpg

9_a.jpg10_a.jpg

by staff | 2017年1月15日  | プレス

TSUTAYA TOKYO ROPPONGI にて"Nakamura Keith Haring POPSHOP"のポップアップコーナーが出現!

2014年11月17日(月)〜12月8日(月)の期間、"Nakamura Keith Haring POPSHOP"のポップアップコーナーが、TSUTAYA六本木店に出現いたします!是非、足をお運びください!

10799763_827178057305272_915110624_n.jpg10811545_827178050638606_50588709_n.jpg10808268_828328040523607_13134370_n.jpg10568710_827178053971939_1069360067_n.jpg

by staff | 2017年1月15日  | プレス

11.21.FRIDAY at 東京SALON "NEW YORK meets TOKYO" Patricia Field×Keith Haring×fancyHIM !

Art and Fashion:Keith Haring×Patricia Field×HIRAKU』展@ ars galleryの公式アフターパーティーが、東京のアンダーグランド・ファッションシーンの発信の中心であるfancyHIMとのコラボレーションにより11月21日(金) 東京サロンにて開催されます!是非、遊びにお越しください!

スクリーンショット 2014-11-16 17.52.55.pngスクリーンショット 2014-11-16 17.53.06.png
スクリーンショット 2014-11-16 17.53.25.pngスクリーンショット 2014-11-16 17.53.40.png

by staff | 2017年1月15日  | プレス

『Art and Fashion:Keith Haring × Patricia Field × HIRAKU』@表参道 ars gallery 本日11日より開催!

11月11日から23日まで表参道ars galleryにて『Art and Fashion:Keith Haring × Patricia Field × HIRAKU』展が開催!展示の詳細はこちら⭐︎ 本日は、オープニングの様子をフォトレポートにてお届けいたします!また、11月21日(金)には注目のイベントが開催されます。是非、お越しください。

ー イベント情報『Art and Fashion:Keith Haring × Patricia Field × HIRAKU』ー
★11月21日(金) 19時〜
パトリシア・フィールドのドキュメンタリーフィルム上映とトークイベント
"The Little House that Could"  (制作・監督Mars Roberge)
★11月21日(金) 21時〜【公式アフターパーティー】
東京のアンダーグランド・ファッションシーンの発信の中心でもあるfancyHIMとのコラボレーションによるアフターパーティー《NEW YORK meets TOKYO》が1東京サロンにて開催されます。スペシャルゲストとしてパトリシア・フィールドも登場!

IMG_0563.JPGIMG_0546.JPG

IMG_0567.JPGIMG_0568.JPG

IMG_0539.JPGIMG_0549.JPG

IMG_0558.JPGIMG_0556.JPG

photo_1.JPGIMG_0566.JPG

協賛:Uber Japan株式会社BOMBAY SAPPHIRE・GAP JAPAN

by staff | 2017年1月15日  | プレス

Art&Fashionディレクター HIRAKUが、fashiontv Japan ファッションTV「ハラハラ東京」出演!

ハラハラ東京 Part8−1

ハラハラ東京 Part8−2

ハラハラ東京 Part8−3

by staff | 2017年1月15日  | プレス

『Art and Fashion : Keith Haring×Patricia Field×HIRAKU』@表参道ars gallery 開催!

ART & FASHION - FIFIBEAR PIC - FRONT.jpg

『Art and Fashion : Keith Haring×Patricia Field×HIRAKU』展
会期:2014年11月11日(火)〜11月23日(日)
会場:ars gallery 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-13-1 アルス表参道
回廊時間:11:00〜19:00 休廊:11月17日(月)
主催:中村キース・ヘリング美術館
総合プロデュース:Ayumi Okada ・HIRAKU
協力:fancyHIM・Ray&Co 
協賛:Uber Japan株式会社・BOMBAY SAPPHIRE・GAP JAPAN
特別協力:Keith Haring Foundation・TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

【同時開催】
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 2014年11月17日(月) 〜12月8日(月)
”Nakamura Keith Haring POPSHOP”のポップアップコーナーが出現!

1983年、ニューヨークの8th streetにあったパトリシア・フィールドのショップで、キース・ヘリングがペイントしたTシャツが初めて販売されました。キース・ヘリングは1986年、アートを共有するための新しいネットワーク空間《ポップショップ》で「着用できる美術作品」としてのTシャツ販売へと展開しましたが、その活動をする以前に、パトリシア・フィールドとの出逢いがあったのです。それから約30年の時を経た2010年、ヘリングの没後20周年を記念し”K.Haring BY HOUSE OF Field”が発表され、キースとパトリシアの新たなコラボレーションが、時空を超えて実現しました。

本展では、1980年代初頭のニューヨークで起きたキースとパトリシアの出逢いを、パトリシア・フィールドに才能を見出されHOUSE OF Fieldのトップスタイリスト、HIRAKUを迎えアートとファションを切り口にご紹介いたします。 K.Haring BY HOUSE OF Fieldよりアパレルを中心に、中村キース・ヘリング美術館の所蔵作品が展示されます。中村キース・ヘリング美術館 Art&FashionのディレクターでもあるHIRAKUスタイリングにより創出されるキースとパトリシアの世界観をお楽しみください。

★ 21日にはパトリシア・フィールドのドキュメンタリーフィルム上映とトークイベント予定。
"The Little House that Could"  (制作・監督Mars Roberge) and talk event by Patricia Field and Mars Roberge on November 21st .7pm

イベント参加者の方にはUber送迎付き(初回ご乗車4,000円まで無料となるコードをプレゼント!)
ボンベイサファイアのスペシャルカクテルもお楽しみいただけます!

★ 東京のアンダーグランド・ファッションシーンの発信の中心でもあるfancyHIMとのコラボレーションによるアフターパーティー《NEW YORK meets TOKYO》が11月21日夜9時より東京サロンにて開催されます。スペシャルゲストとしてパトリシア・フィールドも登場!

by staff | 2017年1月15日  | プレス

Nakamura Keith Haring Colleciton presents 『Art and Fashion : Keith Haring×Patricia Field×HIRAKU』

ART & FASHION - FIFIBEAR PIC - FRONT.jpg

Nakamura Keith Haring Colleciton presents
『Art and Fashion : Keith Haring×Patricia Field×HIRAKU』
Tuseday November 11th 〜 Sunday November 23rd
at ars gallery ars omotesando 5-13-1 jingumae shibuya-ku Tokyo 150-0001 JAPAN
Special cooperation: fancyHIM
Supported by:über

In 1983, the first t-shirt designed by Keith Haring was sold at the Patricia Field store on 8th Street in New York City. In 1986, Keith started “Pop Shop” as a networking space to share art and sell “art that could be worn” but even before that, he had already met Patricia Field. About 30 years later, in 2010, to commemorate 20 years since Keith’s passing, Patricia announced “K. Haring by House of Field”, making a collaboration that transcended both space and time come true.

For this exhibit, we will invite Hiraku, the top stylist at House of Field, and introduce the meeting of Keith and Patricia through art and fashion. We will primarily exhibit apparel from K. Haring by House of Field, along with art works in the collection of the Nakamura Keith Haring Collection. Please enjoy a world of Keith Haring and Patricia Field, styled by the Art&Fashion Director of the Nakamura Keith Haring Collection, Hiraku.

by staff | 2017年1月15日  | プレス

第6回中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール授賞式 開催!

「わたしの場所」をテーマに第6回目を迎えた中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール。
今年はタイ、ラトビア、インド、ケニアからもご応募があり、昨年にも増して国際色豊かな作品が集まっています。
子どもたちが自由なアイデアで想い想いに描いた「わたしの場所。」とは?
授賞式当日は、受賞作品の展示も行われます。是非ご覧ください。

【第6回中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール授賞式】
日時:2014年11月23日(日) 午前11時〜正午
場所:ヴィラ キーフォレスト(中村キース・ヘリング美術館より徒歩2分)

【賞】
− 山梨県知事賞
− キース・ヘリング財団ジュリア賞
− パトリシア・フィールド賞
− TOKYO FM賞
− グッド・エイジング・エールズ賞
− LOVE&PEACE賞
− アートクリティック賞
− 小淵沢アートヴィレッジ賞
− オーディエンス賞
− 甲府商工会議所 会頭賞

by staff | 2017年1月15日  | プレス

2014年11月7日(金) Spirit of GARAGE -Larry Levan's Memorial Bash!-

キース・ヘリングが生前毎週通っていたPARADISE GARAGEでRESIDENT DJだったLARRY LEVANの追悼パーティーが、甲府jujuで11月7日(金)に開催されます。開催日の夜、明けて11月8日は奇しくもLarry Levanの命日です。1983年に日本人DJとしては初めて"Paradise Garage"に足を踏み入れて以降、3年のあいだGarageに通い続け、Larry Levanのプレイをリアルに体感したと共に、生前のLarryとも親交があったDJ Tok.M氏(from 札幌"THE HAKATA")がスペシャルゲストDJとして迎えられます!

juju_LarryLevan.jpg

juju http://www.juju1208.com

by staff | 2017年1月15日  | プレス

9月上旬まで延長!!中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション008『 Keith Haring Muralism:Dancing at the Wall vol.1 KAMI 』展

For English version, see here → http://goo.gl/qa0AuE

khm_kami.jpg

中村キース・ヘリング美術館 curators selection 008
Keith Haring Muralism : Dancing at the Wall vol.1
KAMI
会期:第1期 2014年4月28日(月)〜9月上旬
会場:中村キース・ヘリング美術館 屋外
特別協力:Keith Haring Foundation

「生きている環境や現実をいかに使って遊べるか。そこにストリートカルチャーの本質があると思う。全力で遊びきったキース・ヘリングの魅力あるアートフォームは、彼の生きた時代を体現していると感じるし、そのスタイルは確固たるインパクトとして現在も記憶の中に残っている。」— KAMI 2014年

キース・ヘリングは1982年からニューヨークのダウンタウンの壁画をはじめ、ベルリン、メルボルン、ピサなど世界中で壁画(mural)を制作し続けました。「Crack is Wack」のような社会的なメッセージを込めたものから、同時代のグラフィティアーティストや子どもたちとのコラボレーションなど、キースにとって壁画制作は公共との接点であり、サブウェイドローイング同様、最高のコミュニケーションのミディアムだったのです。

本展は、キース・ヘリングの壁画のイズム(muralism)を継承する日本人アーティストによる、長さ約100メートルの壁画が工事現場用仮囲いに展開されます。2期にわたって開催される本展の第1期は、日本のストリート・アートシーンの開拓者であり世界的に活躍するKAMIの壁画が当館野外の八ヶ岳の大地に出現いたします。

2000年よりニューヨークを拠点として活動するアーティスト集団「BARNSTORMERS」にオリジナルメンバーとして参加、"HITOTZUKI" としても壁画制作を中心として活動を続けてきたKAMI。スケートボードに乗っている瞬間の躍動感と、壁画を描いているときに湧き出る満悦は同じような活力をもたらすことができるというKAMIのフィジカルなムーヴが壁画に現れます。街中の日常から生まれたKAMIのウェイヴが八ヶ岳の大自然に介入する時、創出される新たな波動をお楽しみ下さい。

また、本展はゲストキュレーターに、原宿にあるGallery COMMONをはじめストリートのシーンで様々なプロジェクトを手がけている集団en one tokyoを迎え、当館との共同企画により開催されます。

-----

KAMI (プロフィール)
フィジカルな感覚とアナログ的手法を用い、フリーハンドで描かれるKAMIのラインは、壁と向き合った経験と共に進化を遂げてきた。一貫したスタイルを持ちながら技術や精度を着実に向上させ世界観を今なお広げ続けている。
生まれ育った京都の情緒溢れる風景とスケートボードを軸にした、ストリートカルチャーからの根強い影響とが混ざり合い、ブラシやローラーで描かれる独特な間を持った極上のラインは、彼自身の日常を体現するように、時間を超えなめらかに流れるような深く力強い作風を生み出している。
また、 "HITOTZUKI" としてもパートナーであるSASUと共に国内外様々な場所での壁画制作を精力的に展開。公共壁面からプライベート壁面、そして Hermes, MINI, Agnes B, Panasonic 等多岐に渡るブランドや企業とのコラボレーションプロジェクトなどにも参加し、外壁を使い日常生活に彩りを添える活動を展開している。

by staff | 2017年1月15日  | プレス

中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション009『 山下拓也/Takuya Yamashita〝museum〆an〟 』 開催 ! 2014.7.21 → 2015.1.5

For English version, see here→ http://118.82.80.197/news/2014/07/-takuya-yamashitamuseuman-2014.html

YAMASHITAomote.jpg

中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション009
山下拓也/Takuya Yamashita〝museum〆an〟』展
会期:2014年7月21日(月)〜2015年1月5日(月)
会場:中村キース・ヘリング美術館 杜のアプローチ、館内小スペース(The Gallery)

中村キース・ヘリング美術館では、キュレーターズ・セレクション第9回目となる「山下拓也/Takuya Yamashita 〝museum 〆an〟」を開催いたします。
 山下拓也はこれまでに、忘れ去られたキャラクターや使用されなくなったマスコットなどをモチーフとして、伝統的な彫刻史の自立性への問いと、リバイバル(復活・再生・復興)への関心を、場所や空間が持つ機能を同時に取り入れ、作品を制作することで探求してきました。あいちトリエンナーレ2013では、なくなってしまったサッカーチームのキャラクターを基調とし、作品展示空間の床面に直接版を掘って刷り上げた木版画によるインスタレーション《雨に散る油 feat.横浜の》を発表しています。

 本展のために制作される新作もまた、開催終了後には直ちに世間からは消え去ってしまうオリンピックのキャラクターが根底とされています。山下は、現代日本ゲームやファンタジーの世界で魔物を呼び出すかのように、そのキャラクターを復活させるといいます。また、素材には当美術館が2015年に向けた展示会場の拡張工事時に解体される外壁を再利用することを着想。高さ約5メートルに及ぶ本作品は、北川原温設計の建築物がトランスフォームし、新たな生命を得たかのような物体として出現します。それは「過去のミュージアムを一度完結させ、新しいものに変わる」という意味を込め〝museum〆an〟《みゅーじあむ(し)めーん》と名付けられ、山下が編んでいく新たな時空と場の関係性のなかで創造されます。

 八ヶ岳の地にポップに召喚する〝museum〆an〟。新進気鋭の若手アーティスト山下拓也が放つ新たな立体物の存在感をお楽しみください。

by staff | 2017年1月15日  | プレス