ニュース・ブログ
バックナンバー

RSSAtom

パルテノン多摩で製作された壁画

現在開催中の開館10周年記念展『キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism』では、
キース・ヘリングと約500名の子どもたちによって描かれた壁画を展示しております。
DSC02781.JPG

この作品は、1987年、多摩市の複合文化施設「パルテノン多摩」の開館記念にヘリングが来館し、
その際に行われたワークショップで多摩市の子どもたちとともに制作されました。
ヘリングの描いた線画の余白が子どもたちによって自由に埋め尽くされています。

幅720cmにも及ぶ大型作品には「マイ・タウン」、
4点で構成される正方形の連作には「平和」のタイトルが付けられています。


DSC02786.JPG


DSC02784.JPG

じっくり見てみるとヘリングと子どもたちからの様々なメッセージが。
のびのびとした筆使いからは、制作から30年を迎える今でもその楽しげな様子が思い浮かびます。
是非じっくりとご覧になってみてください。


DSC02788.JPG


パルテノン多摩で製作された壁画は、2017年6月25日までの期間限定展示となっております。

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

Art Basel Miami Beach

Upon my arrival to sunny, warm, and humid Miami Beach, Florida from the cold and brewing winter that was about to befall New York City, I had prepared an enjoyable and busy week-long itinerary that was to be filled with the world’s leading modern and contemporary artworks in mind. That is, right after American Thanksgiving, Miami Beach hosts its annual Art Basel, a week long art fair that draws in more than 70,000 visitors and attendees from all around the world. The hopes of great sales and exposure, shedding light on renowned, up-and-coming, and undiscovered artists and their works from across the globe, are kept in mind with gallerists as they participate.

image1.jpeg

Art Basel Miami Beach has expanded since its initial and humble beginnings in 2002. It has become a larger than life center for dozens of satellite fairs, Art Basel aside, networking opportunities, and, well, parties.

image2.jpeg

Between the stuffiness and overcrowding of the Art Basel fair, itself, in the city’s convention center, many smaller galleries make sure to kept their distance, exhibiting works in alternate locations and spaces. These are the galleries and fairs that seem to peak interest every year. Generally speaking, Miami Art Basel proper tends to include galleries whom have on their roster Blue Chip Artists, well recognized and established figures in the art market, and names you would instantly recognize. These smaller satellite fairs and galleries that put together exhibitions for Miami’s Art Week, tend to be favorable and much more preferred.

Since I am a graduate student, and I was traveling with my classmates, the itinerary I held was expansive and academic. However, I made sure to keep in mind the approaching opening of Patricia Field’s ART/FASHION exhibition in the Wynwood neighborhood of Miami, Florida.

Award-Winning Costumer Patricia Field, who’s name many directly associate with the hit show Sex and the City and movie The Devil Wears Prada, had organized and curated an exhibition of unique and exciting clothing and accessories designed with a variety of different artists. Interested in revitalizing fashion from the mundane and fast-paced mass production where it seems to stand today, Pat collaborated with artists on one-of-a-kind pieces designed by names such as Scooter LaForge, Suzan Pit, and Kyle Brincefield.

image3-2.jpg

These works remind us of the collaborations Patricia Field had worked on with Keith Haring years ago, selling painted t-shirts in her famous 8th Street shop. Pat, who was friends with Keith, and also a collector of Haring works, will be exhibiting her collection of artworks in the coming months at the Nakamura Keith Haring Collection.

Aside from Pat’s love to redefine and reinvigorate fashion, her love for art, which go hand in hand, was to be displayed as well. Artworks by artists, including, Tom Knight (aka Tom Fashions), Richard Alvarez, Tina Paul, Scooter Laforge, Edward Mapplethorpe, Ben Cooperwheat, Iris Bonner, Jody Morlock, and Kevin Mchugh, were to be included in the ART/FASHION show.

After a long day being shuttled left and right with my classmates, from one art fair to another, oversaturated with artworks upon artworks, I was ready for vibrancy, excitement, and fun. Eventually, I found myself in the elevator going up to the Penthouse at the Ten Museum Park building near Biscayne Blvd to attend the cocktail party and exciting launch of Pat’s show that was to open the following day!

image4.jpg

image5.jpg

image6.jpg

image7.jpg

Hosted by Vasek & Filip, and musical performances by musicians Alek Sandar and Coby Koehl, I was excited to see what was in store for us all the following day.

Tired from the night before, I pushed on through yet another series of art fairs with my classmates with the excitement of a child on Christmas morning for the launch of ART/FASHION later that evening.

Upon my arrival to White Dot Gallery in Wynwood, I was surrounded by many New Yorkers of whom I recognized, as well as many other beautiful and eccentric individuals with a love and flare for art and fashion.

image8.jpg

Walking through the gallery, the narrative both Patricia Field and the curating team put together reflected both the materials used in the garments with artworks that best represented that respective artist. Scooter’s painted garments were hung across from his paintings on canvas, and floating overhead were vibrant and mosaic-like sculptural works by Kevin Mchugh.

image9.jpg

image10.jpg

image11.jpg

After a few moments of mingling, and a DJ set by Lady Bunny, the runway show commenced!

image12.jpg

image13-2.jpg

image14.jpg

image15.jpg

image16.jpg

image17.jpg

image13.jpg

Patricia’s ART/FASHION exhibition was a successful blending of ideas, histories, and places. The feel of New York City’s eccentric lifestyle within the context of Miami’s now growing art culture worked seamlessly to portray a unity between creativity, style, and yes, art.

John Zinonos
New York City
12.2016

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

ミュージック・ハングアウト開催!|2016年7月23日(土)、8月13日(土)、8月27日(土)

2016年7月23日(土)、8月13日(土)、8月27日(土)ミュージック・ハングアウトが開催されました。開館時間を延長し、音楽とナイトミュージアムを楽しむイベントに各地からDJが集結。個性豊かなラインナップはNOBUTA MAGIC, PHARAO, OHACO, DJ NAKAMATAとなり、子どもから大人まで幅広く楽しめる選曲は来館者を楽しませていました。館内には音楽が鳴り響き、ときに音楽からインスピレーションを受けて制作を行った、ヘリングの作品世界に呼応するかのようでした。
都内や各地フェスティバルを中心に出店しているレモネード屋さん・ハワイアンネードも駆けつけ、涼を求めるお客様に喜んでいただけました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

Pha1.jpgNobu2.jpg
Pha2.jpg

Nobu3.jpgNobu4.jpg
Ohaco1.jpgnaka2.jpg

lemo1.jpgnakamata1.jpg

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

花まる学習会

中村キース・ヘリング美術館に花まる学習会の児童のみなさんが体験学習にやってきました。児童のみなさんは裏庭でのピクニックのあとに美術館見学をし、展示室では一生懸命にキース・ヘリングの作品スケッチ。また、屋外ミュージアム・シアターでは全員でお披露目会を行ってくれました。みなさん本当にスケッチがお上手で、改めて子どもの観察力と想像力に圧倒されました。

Kids from Hanamaru Gakushukai dropped by at Nakamura Keith Haring Collection. After enjoying a picnic in the museum court, the kids came inside to sketch the works of Keith Haring. In the museum theater outside, the kids showed their sketches and discussed about them with their teachers. We were once again surprised and inspired by their observations and imaginations. Thanks kids!

花まる学習会.jpg

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

2月16日はキース・ヘリングの命日|The Anniversary of Keith Haring’s Death

Baby300x250.jpg

《イコン#1(ラディアントベイビー)》1990年 シルクスクリーン 53.34 x 63.5cm
©Keith Haring Foundation 中村キース・ヘリング美術館蔵

1990年2月16日 キース・ヘリングは、エイズによって31歳の若さでこの世を去りました。
病床に伏しながらも絵を描きつづけたキースが、最期に描いたのは彼のトレード・マーク
でもあった「ラディアント・ベイビー」でした。
死後26年を経た現在も、キースとそのアートは世界中で愛されつづけています。

中村キース・ヘリング美術館では現在「キース・ヘリングのショートメッセージ」
みんなに伝えるポスター・アート展を開催しています。
キースが生涯で制作した80点以上の中から、厳選されたポスター群を展示。
ポスターを通して、キースの多岐にわたる活動の軌跡を辿りながら、
彼が発信し続けたメッセージを探ります。
展覧会の詳細は☞http://bit.ly/1SttkMs

Keith Haring died at the age of the 31 on Feburaly.16th, 1990 by AIDS-related
complications.
Even though he was sick, he continued to make his art. And the last image
he drew is most famous symbol: the Radiant Baby.
He and his art have been loved continuously all over the world ever since.

Until he died, he created over 80 posters. We are now showing the well-selected
posters as the exhibition: Keith Haring’s Message Through Poster Art.
Through the poster art, we once again follow his thoughts and examine his message.
For more detail☞http://bit.ly/1QhO9Ku

PosterExFlyer2.jpg

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

2016年1月26日(火)静岡文化芸術大学での講義

2016年1月26日(火)静岡文化芸術大学にて、当館学芸員が学芸員養成課程の学生に向けた授業「博物館資料論」の講義を行いました。

将来の就職先として博物館や美術館を考えている学生さんもいらっしゃり関心も高く、講義内容に興味を持って耳を傾けてくださいました。 

講演.gif

少人数ならではの、対話型の授業となりました。

中村キース・ヘリング美術館、中村館長、そしてキース・ヘリングについての話を導入に、当館における作品の管理・保管・記録についてを、映像資料を交えながらご紹介。

キース・ヘリングを知らない学生も多いなか、キース・ヘリング自身と時代背景をお話しすると大変熱心に質問を投げかけてくださった姿が印象的でした。


Text by Tomo Okimura

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

オープニングセレモニー開催!「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」展

2016年1月19日(火)、当館初となる海外巡回展「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」のオープニングセレモニーが開催されました!

IMG_4394.JPG

開式後、台北の国立歴史博物館の副館長である高玉珍氏が、台湾初の大規模なキース・へリング展となる本展の見所をお話ししてくださいました。

IMG_4375.JPG

その後、当館の中村和男館長が登壇。
へリング作品のポップでユニバーサルな魅力と、戦争や暴力に対する批判、エイズの問題等、当時の社会の闇をも反映し、表現したヘリング独自の世界観に言及します。

スクリーンショット(2016-01-20 2.31.31).png

最後に、当館顧問の梁瀬薫は展覧会のコンセプトである「多重性(Multiplexism)」について解説しました。
インターネット以前の表現者でありながら、現在のネットワーク社会を予見したかのようなヘリングの先見的で多様な表現方法や、死後25年を経た今も尚、現代性を持ち続けるヘリングの作品世界について語りました。

IMG_4383.JPG

セレモニーの後には、梁瀬による一夜限りのギャラリーツアーも実施。
館内はたくさんのご来場者で賑わい、皆様、熱心に耳を傾けてくださいました。

IMG_4404.JPG
IMG_4413.JPG
P1010875.JPG

「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」はいよいよ明日より台北の国立歴史博物館で開催となります。
詳細はこちらよりご覧ください!

〈基本情報〉
Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection
会期|2016年1月20日(水)〜 4月10日(日)
開館|毎週火曜〜日曜 10:00〜18:00
休館|毎週月曜日
料金|一般30NT$、学生など15 NT$
会場|国立歴史博物館
49 Nan Hai Road, Taipei City 100, Taiwan, 2361-0270
02-6630-8288
公式HP| http://www.nmh.gov.tw/jp/index.htm

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

設営2日目!|「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」展

設営2日目の本日は、大型作品《Untitled(Self Portrait)》や版画のPOPSHOPシリーズ、ポスター等、多数の作品の展示が進められ、展覧会準備も中盤に差し掛かりました。
当館初の海外巡回展「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」は2016年1月20日(水)より開催されます。
詳しくは☞台北の国立歴史博物館のHPからもご覧いただけます!

1_8.jpg2_8.jpg
3_8.jpg4_8.jpg
5_8.jpg6_8.jpg

Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection
会期|2016年1月20日(水)〜 4月10日(日)
開館|毎週火曜〜日曜 10:00〜18:00
休館|毎週月曜日
料金|一般30NT$、学生など15 NT$
会場|国立歴史博物館
49 Nan Hai Road, Taipei City 100, Taiwan, 2361-0270
02-6630-8288
公式HP| http://www.nmh.gov.tw/jp/index.htm


by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

設営開始!「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」展

2016年1月20日(水)より台北の国立歴史博物館にて開催される「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」展の設営が開始されました!
現場では台日合同スタッフによって着々と準備が進められています。
刻々と変化する展示室の熱気を伝えるべく、フォトレポートをお送りいたします!

1_7.jpg2_7.jpg
3_7.jpg4_7.jpg
5_7.jpg6_7.jpg

Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection
会期|2016年1月20日(水)〜 4月10日(日)
開館|毎週火曜〜日曜 10:00〜18:00
休館|毎週月曜日
料金|一般30NT$、学生など15 NT$
会場|国立歴史博物館
49 Nan Hai Road, Taipei City 100, Taiwan, 2361-0270
02-6630-8288
公式HP| http://www.nmh.gov.tw/jp/index.htm

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

新展示スタートしました!

PosterExFlyer.jpg


2016年1月10日より、いよいよ新展示「キース・ヘリングのショートメッセージ」が始まりました。生前にはポスター作りを積極的にしていたキース。生前没後のポスターを集め、キースの思いが込もった展示になったと思います。今年は展示替えのため三日間の休館をさせていただき、冬季も開館しております!冬の小淵沢へもぜひ遊びに来てみて下さい。

東京方面からお越しの方

一番お得な方法は、JR新宿駅西口から中央道小淵沢まで高速バス往復割引で片道¥2,300です。

電車ではJR新宿駅からあずさ号に乗り、小淵沢駅まで2時間弱で到着。片道¥5,180ですが、3名様以上でお越しの方々には回数券がオススメです。回数券をご購入いただくと片道¥3,960でご利用いただけます。

スタッフ一同、ご来館お待ちしております!

by staff | 2017年5月16日  | お知らせエキシビジョンスタッフ日誌

レポート「キース・ヘリング入門」3時間目・4時間目

おとなのアート&デザインの学校CORNER「キース・ヘリング入門」の3時間目・4時間目をレポートいたします!

1_2.jpg

3時間目のテーマは「キースの生涯にふれる」
わずか31歳でこの世を去ったキースはどのような人生を送ったのでしょうか。
キースが残した日記を手がかりに、作品にも見られる純粋な人となりや、当時の苦悩、葛藤などを知ります。
晩年の異色作「フラワーズ」を鑑賞した後のグループディスカッションでは、キースが晩年どのような想いをこの作品に託したのか… メンバーからは自由な発想でユニークな意見が飛び交いました。

1_3.jpg

4時間目のテーマは「キースはどんな社会の中で作品をつくったの?」
キースの生きた1980年代の社会を知るため、当時の社会情勢やキースの作品にも影響を与えたポップカルチャーについて映像資料をもとに再考しました。
アクティビストとしてのキースや音楽やファッションとのコラボレーションなど、その作家活動がより一層多角的に見えてきます。
時代の息吹を感じながら、熱心に鑑賞するメンバーたち。

最後は2010年代の社会を生きる私たちと、キースが生きた社会の接点を探るグループディスカッションで締めくくられました!

次回5時間目はいよいよ「中村キース・ヘリング美術館へ出かけよう!」です!

ご興味のある方はぜひ「おとなのアート&デザインの学校CORNER 」より詳細をご覧ください。

unnamed.png

日 程:11/21(土)13:30-15:00(5時間目)

講 師:櫻林 恵美理

場 所:中村キース・ヘリング美術館

======================================
お問合せ先:
中村キース・ヘリング美術館 山梨県北杜市小淵沢町10249-7 Tel: 0551-36-8712

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

大人のアート&デザインの学校 CORNER「キース・ヘリング入門」1・2時間目終了!

【初回終了!「キース・ヘリング入門」 講座】

クリエイティブなアイディアを探す、おとなのアート&デザインの学校、CORNER (コーナー)主催のもと開催されている「キース・へリング入門」講座。10/17(土) 『キース・ヘリング入門』 1時間目・2時間目が終了いたしました。
当館元主任学芸員、櫻林先生によりおこなわれた第1回目の授業は、「キースの絵に隠されたメッセージを読み解いてみよう!」ということで、
ピックアップされたへリングの作品を、描かれた当時の時代背景をもとに、皆で意見を交わすディスカッションをまじえながらじっくりと読み解いていきました。

CORNER2.JPG

2時間目のテーマは「キース・へリングの色々な作品や活動・その意味を知ろう!」
櫻林先生のお話は、当時の社会でのHIV/AIDS、人種、性差別の問題から、Fashion、Dance、音楽といった他分野に及びます。
動画も交えながらのお話に、みなさん興味津々。
「アーティスト」とひとくくりにはできない、キース・ヘリングの多角的な活動を知ってから作品を見ると、また違った想いで作品と向き合えることでしょう。

CORNER1.JPG

次回の3時間目・4時間目は11月8日(日)の開催。彼の残した日記を手がかりに、当時の苦悩や喜び、人々との出逢いを通して、キース・へリングの人生を追う貴重な授業。
最終回の5時間目、11月21日には中村キース・へリング美術館へみんなででかけるプログラムです☆

ご興味のある方は是非「おとなのアート&デザインの学校CORNER (コーナー)」(CORNER Facebook)より詳細をご覧ください。

unnamed.png

日 程:
3時間目 11/08(日)14:00-15:30
4時間目 11/08(日)15:45-17:15
5時間目 11/21(土)13:30-15:00

講 師:櫻林 恵美理

場 所:
Impact Hub Tokyo
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階
       Impact Hub Tokyo イベントスペース
5時間目(遠足)のみ中村キース・ヘリング美術館

======================================
お問合せ先:
中村キース・ヘリング美術館 山梨県北杜市小淵沢町10249-7 Tel: 0551-36-8712

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

北里大学特別栄誉教授大村智先生、ノーベル医学・生理学賞のご受章おめでとうござます。

女子美術大学の名誉教授でもあり、山梨県韮崎市には彼のコレクションを収蔵した韮崎大村美術館もあります。ヒーリングアートの実践の先駆けとして、日本で初めて、建築の段階から美術館のように絵画を展示できる病院もつくられた大村先生(北里大学メディカルセンター)。

当館の中村館長も同じ山梨県の出身であり、新薬の開発で世に貢献をしてきました。
サイエンスとアートは意外と近いところにある、と語る中村館長。サイエンティストとしても、アートについてもこだわりをもった共通点も多いお二は、今年の春に対談をおこなっています。 
※ シミックホールディングス株式会社 社内報掲載(2015年春)

大村智先生.jpg

大村先生.jpg

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

佐川美術館「さがわきっずみゅーじあむワークショップDay」第2弾 フォトレポート


現在『キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection』が開催されている佐川美術館での「さがわきっずみゅーじあむワークショップDay」第2弾。

今回は、当館で今年の1月5日迄開催されていた キュレーターズ・セレクション009『 山下拓也/Takuya Yamashita〝museum〆an〟』展のアーティスト、山下拓也さんによる、お面彫刻作りのワークショップ『Hollywood Africa Japanese Maskを作ろう!』が行われました。

キース・へリングの作品の中には、アフリカの部族の美術からの影響がみられるものも多く、彼は《Hollywood African Mask》(1987年制作 彫刻101.6×83.6×27.9cm)や《Burning Skull》(1987年制作 彫刻 117.6×78.74×22.86cm)のような大型のマスクも制作しています。
ワークショップに参加したこどもたちは、アーティスト山下拓也さんとともに、キース・ヘリングの作品を模した、個性の光るお面彫刻をつくりました。

山下さんWS Ⅱ.jpg

山下さんWS.jpgのサムネール画像

最後は展示会場の前で記念撮影です。
みんな、自分がどれか、わかるかな?

『キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection』は9月23日(水)まで開催されています。是非この機会に足を運んでみてください。

leaflet_0225.jpg

『キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection』
会期|2015年7月18日(土)〜 9月23日(水・祝)
会場|佐川美術館
〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
主催|公益財団法人佐川美術館
特別協力|Keith Haring Foundation、中村キース・ヘリング美術館
後援|滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会、FM OSAKA、BBCびわ湖放送
協力|SGホールディングス、佐川急便、佐川印刷
公式HP|http://bit.ly/1KPydKO

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

平和がいいに決まってる!!ヘリングが想いを込めたポスター展示

IMG_3188.JPGIMG_3187.JPG
70年前の今日、1945年8月6日、広島県広島市にアメリカ軍によって原爆が投下されました。
およそ14万の人々が被曝し、その年のうちに多くの尊い命が失われました。
これは戦争で使われた世界最初の核兵器となりました。

1988年の夏、キース・ヘリングは広島平和記念資料館を訪れました。
当時の日記には、ヒロシマの悲劇に心を痛めたヘリングの心境が綴られています。
同時にヘリングは軍拡競争についても言及し、すべての人々がこの記念館を訪れるべきとも記しています。

同年広島でコンサート「平和がいいに決まってる!!」が開催され、ヘリングは平和の象徴である鳩をポスターに描きました。
ヘリングの世界平和への想いは、亡くなる2週間前に完成した遺作『オルターピース(祭壇飾)』に集結されます。

中村キース・ヘリング美術館では、キースの平和に対する願いが込められたこのポスターを、8月6日(木)から終戦記念日の8月15日(土)まで、エントランスに展示しています。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!
====================================
中村キース・ヘリング美術館
休館日:会期中無休
開館時間:9:00〜17:00
(7月・8月は金土祝日19時まで!)
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7
TEL: 0551-36-8712 EMAIL: museum@keith.jp
www.nakamrua-haring.com
====================================

ポスターに使用された絵はポストカードにもなっています。
中村キース・ヘリングPOPSHOPよりご購入いただけます!
88' (メタリック)162円(税込) http://pop-shop.jp/?pid=14765506
88' (白)162円(税込)http://pop-shop.jp/?pid=14765503

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌