menu
ニュース・ブログ
バックナンバー

RSSAtom

開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism」開催!

For English version see here ☞ http://bit.ly/2jKMvSW

flyer-omote.jpg

協賛:シミックホールディングス株式会社
後援:アメリカ合衆国大使館、山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会
協力:キース・ヘリング財団、公益財団法人多摩市文化振興財団、ぴあ株式会社、川島義都、CHINO、GENXY

80年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する世界で唯一の美術館として出発した当館は、2017年に開館10周年を迎えます。本年、作家の日本での活動にフォーカスした記念展を開催いたします。
1983年初来日したキース・ヘリングは、屏風や掛け軸など、日本特有の家具や道具に墨を用いたドローイングを制作します。禅を通して触れた東洋思想や文化、そして書は、以前より作家に影響を与えていたといいます。また来日当時の、好景気に沸いていたエネルギッシュな東京という都市は、ヘリングにとってエキゾチックで、大きな刺激を与えたに違いありません。
ヘリングを一躍有名にした地下鉄の落書き《サブウェイ・ドローイング》、そのコンセプトを継承した革新的なアートプロジェクト〈ポップショップ〉での成功後、1988年には青山に〈ポップショップ・トーキョー〉をオープンさせます。連日長蛇の列をつくり、一大センセーションとなった店では、自身のスタイルと日本文化を融合させたユニークなアイテムが多数生まれました。本展では、器や扇子など代表的な作品を紹介し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を提示いたします。1988年に東京で制作された「招き猫」は世界で初公開となる大変貴重な作品です。
また1987年東京多摩市のパルテノン多摩で制作された壁画を期間限定で特別展示いたします。約500人の子どもたちと共同制作された作品からは、言語を超えアートでの交流を試みた作家の活動の軌跡を追うことができます。
「僕のプロデュースするものは”ポップ”ということをコンセプトにしているから東京でもNYでも同じものが受け入れられるはずなんだ。今の日本人って西洋の方ばかり向きすぎていると思う。アメリカっぽくなりたい、西洋っぽくなりたいってね。でも日本の伝統文化をポップに表現すれば、それはアメリカ的なコピーをしたものより、素晴らしいものになると思う。」—1988年 キース・ヘリング

中村キース・ヘリング美術館 
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7 
TEL: 0551-36-8712 FAX: 0551-36-8713
Web: www.nakamura-haring.com
Facebook: Nakamura Keith Haring Collection
Twitter: nakamura_haring
Instagram: nakamurakeithharingpopshop

開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:2017年6月26日(月)~6月30日(金)、2017年10月16日(月)~10月20日(金)
入場料:一般1000円、シニア900円、学生700円、13歳〜18歳500円、団体割引・障害者割引あり
交通:JR小淵沢駅下車、駅から車で8分  JR新宿駅より中央線特急で約2時間
   JR名古屋駅より中央線特急で約3時間(塩尻乗換) 中央高速道路、小淵沢I.Cより6分

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

10th Anniversary Exhibition Keith Haring and Japan: Pop to Neo-Japonism

For Japanese version, see here ☞ http://bit.ly/2jRMpgD

flyer-omote.jpg

Sponsorship: CMIC HOLDINGS Co., Ltd.
Supported by U.S. Embassy, Tokyo, Yamanashi Prefecture, Yamanashi Board of Education, Hokuto City, Hokuto City Board of Education
Special Thanks: The Keith Haring Foundation, Tama City Cultural Foundation, PIA Corporation, Yoshikuni Kawashima, CHINO, GENXY

Nakamura Keith Haring Collection—is the only museum in the world dedicated to the collection of Keith Haring’s artworks. The museum celebrates its 10th anniversary in 2017. The exhibition focuses on the footprints Haring left in Japan.
In his first visit to Japan, Haring makes drawings on mediums that are unique to Japan such as folding screens, scrolls, kites and fans with Sumi ink. He had not only been influenced by his early introduction to Zen but he had also been inspired by Eastern philosophy; this includes both cultural and literary elements.
He was experiencing the height of Tokyo’s economic boom of the 80’s. A dichotomy of ultra modern and the traditional were both a source of fascination and inspiration for him.
After the success of his revolutionary art project: Pop Shop which inherited the concept of his break out graffiti project, Subway Drawings, in 1988, Haring opens Pop Shop Tokyo in Aoyama, Tokyo. The shop was a sensation and many people waited in line just to get a glimpse of Haring’s Pop-style. In this exhibition, we explore his liberating and diverse point of view by showing works expressing Japanese aesthetics.
The exhibition also includes the important mural made with 500 children in 1987 at Parthenon Tama, Tokyo. This work is the culmination of an art that communicates beyond language.
The concept of what I produce is based on “Pop” so I think it can be received in the same way in both Tokyo and New York. I think the Japanese are looking to the Western World a bit much right now—the desire to be more American or to be more Western. I believe that if you turn the traditional Japanese culture into Pop, something amazing can be born, rather than copying American things.
-Keith Haring 1988

Nakamura Keith Haring Collection
10249-7 Kobuchisawa-Cho, Hokuto-Shi, Yamanashi 408-0044, JAPAN 
TEL: 0551-36-8712 FAX: 0551-36-8713
Web: www.nakamura-haring.com
Facebook: Nakamura Keith Haring Collection
Twitter: nakamura_haring
Instagram: nakamurakeithharingpopshop

Hours:9:00a.m. - 5:00p.m.
Closed:2017.6.26 Mon - 6.30 Fri, 2017.10.16 - 10.20 Fri
Admission:Adults ¥1,000, Seniors ¥900, Students ¥700, Age 13 to 18 ¥500
*Special discount available for people with disabilities
Access :by train: 2 Hours from JR Shinjuku Sta. by Chuo Main Line Express, 8 min by taxi or courtesy car from JR Kobuchisawa Sta.
by car: about 6 min from Kobuchisawa I.C exit of Chuo Freeway.

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

2016年度展覧会「キース・ヘリング:グローイング 進化するフォルム」

For English version, see here☞http://bit.ly/1UwlB0X

16ExFl表S.jpg

2016年度展覧会「キース・ヘリング:グローイングー進化するフォルムー」

会期:2016年4月24日(日) → 2017年1月31日(火)

「私の絵は個々が喚起するフォルムとシェイプの本質を引き出す」—キース・ヘリング

 本展覧会はキース・ヘリングの活動の軌跡を辿りながら、最期まで拡張と進化を続けたヘリング芸術に焦点を当て、細部を探っていきます。
 1978年にペンシルヴァニアからニューヨークに移り、名門美術学校スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツに奨学生として入学。人種と文化の坩堝の大都市で、ヘリングは自身のアイデンティティーとアートを探求していくことになりました。デュビュッフェ、ピエール・アレシンスキー、クリストなどから影響を受け、ドローイングからストリート(パブリック)にもその活動は広がりました。80年にはヘリングを一躍有名にした、地下鉄構内の広告板にチョークで描く《サブウェイ・ドローイング》をはじめ、グラフィティアートが集結したタイムズ・スクエア・ショー、クラブ57など画廊以外のスペースでも展覧会を企画。のちにヘリングのイコンとなった《ラディアント・ベイビー》はここで誕生しています。その後、国際展にも次々に出展し瞬く間に評価を得て、83年には初来日し日本にも大旋風を巻き起こしました。
 1986年以降、ヘリングの作品を特徴づける黒の太いライン、繰り返し描かれるパターンや簡易化されたフイギュアが変容を遂げていきます。87年ドイツの遊園地のプロジェクト《ルナルナ》はアートを超えたフォルムの拡張となりました。さらにエイズと診断された1988年は、ヘリングにとって最大の転機となった年です。膨大な量の作品が制作されたましたが、版画作品の老舗画廊マーティン・ローレンスから《グローイング》シリーズが出版されました。同年の宗教への懐疑、生命のカオスを表現した詩人ウィリアム・S・バロウズとの共作《アポカリプス》とは根本的に異なり、優雅な絵画のスタイルが完成しています。左右に分裂するシンメトリーな人物、繊細な輪郭。そして画面全体は民族(トライバル)言語のようなグリフ(字体)が形作られています。これらはコンクリートの彫刻作品《トーテム》(1989年)にも継承され、5回目となるトニー・シャフラジ画廊での個展のために制作された、三角形のキャンバス作品《無題(トライアングル)1988年8月15日》に結実したといえましょう。色彩の対比、構図、空間が計算されたように描かれ、それまでのヘリング芸術を代表するオールオーヴァーな作品とは異なり、画面は幾何学のフォルムの中で完結しています。そして、異なるフォルムが独立したものとして描写された本作の内に秘められたストーリーは、時空を超えて拡張し続けています。

【特別展示】
1983年にニューヨークのグラフィティ・ライターのLA IIと共作したデイグロー・ペインティングを、期間限定でブラックライトのもとで特別展示します!

中村キース・ヘリング美術館 
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7 
TEL:0551-36-8712 FAX:0551-36-8713
www.nakamura-haring.com

開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:会期中無休
入場料:一般1000円、大学生・シニア800円、小中高生600円、団体割引・障害者割引あり
交通:
JR小淵沢駅下車、駅から車で8分
JR新宿駅より中央線特急で約2時間
JR名古屋駅より中央線特急で約3時間(塩尻乗換) 中央高速道路、小淵沢I.Cより6分

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

EXHIBITION 2016:《Keith Haring : Growing -Evolving Forms-》

For Japanese version, see here☞http://bit.ly/1pE6HZZ

16ExFl表S.jpg

Nakamura Keith Haring Collection Exhibition 2016
《Keith Haring : Growing -Evolving Forms-》

Sun., April 24th, 2016 → Tue., January 31th, 2017

My paintings to derive essential forms and shapes that are interesting individually-Keith Haring

In this exhibition, we explore Keith Haring’s evolving art and the propagation of his messages following the path of his career.
In 1978, Haring moved to New York from Pennsylvania to attend the School of Visual Arts as a scholarship student. In the center of this cultural melting pot, he was ready to absorb the energy of the city and explored his own identity as well as his art. Influenced by various artists including Jean Dubuffet, Pierre Alechinsky and Christo, he extended his work from drawing to the streets. In the 1980’s, he started the Subway Drawings, which became widely known; he used white chalk to draw on unused advertisement boards of New York City’s subway stations. He began to organize exhibitions and performances at Club 57—the iconic Radiant Baby was born here—and other alternative venues such as Times Square Show. Through his participation in international shows, his success rapidly grew on an international scale, and in 1983 his first visit to Japan ignited a sensation all over the country.
After 1986, Haring was ever eager to further develop forms of his art. His signature-like bold lines, repeated patterns and simplified figures kept reinventing the forms. In 1987, he made a carousel filled with his icons and symbols for a project called Luna Luna where several artists teamed up in Hamburg, Germany. This work testifies the growth of his forms. 1988, the year he was diagnosed with AIDS, was the turning point of his life. Growing is a series of five works published in 1988 by the well-established gallery, the Martin Lawrence Limited Editions. In the same year, Haring collaborated with a poet William S. Burroughs for a series called Apocalypse: a portrayal of agnosticism and chaos in life. In contrast to this powerful collaboration, Growing became an elegant oeuvre with its symmetrical figures, intricate shapes and tribal glyph-like patterns. Haring carried on this theme in Totem (1989), a concrete sculpture. Untitled (Triangle), 1988 is a triangular shaped canvas painting made for his 5th and last show at Tony Shafrazi Gallery. The work was painted with techniques that he had developed, which consists contrasts of colors and a balance of space unlike his other all over paintings. He accomplished this well-calculated work using geometric shapes. The Triangle, a masterpiece saturated with individual forms, transcends the time and continues to expand the meaning of Keith Haring’s message.

【Exhibition Highlight】
In this exhibition, we are showing, for a limited time only, the Day Glow Painting, a collaboration work with a graffiti artist, LA II, under the black light.

Nakamura Keith Haring Collection
10249-7 Kobuchizawa-Machi, Hokuto-Shi,Yamanashi 408-0044, JAPAN
TEL: +81-(0)551-36-8712 FAX: +81-(0)551-36-8713
www.nakamura-haring.com

Hours:9:00a.m.−5:00p.m.
Open 7 days a week
Admission:General ¥1000 Child (6-18) ¥600 Student/Senior ¥800 *Special discount available for people with disabilityes
Access by train:2 Hours from JR Shinjuku Sta. by Chuo Main Line Express, 8 min by taxi or courtesy car from JR Kobuchizawa Sta.
by car:about 6 min from Kobuchizawa I.C exit of chuo Freeway.

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

Ongoing! Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection in Taipei!

For Japanese version, click here → http://bit.ly/1PN749S

For the first time, Nakamura Keith Haring Collection is showing our collection outside of Japan at the National Museum of History in Taiwan.
The exhibition consists of 133 works from our collection such as drawing, lithography, sculpture, photography and more.

The 1980’s short-lived artist, Keith Haring, through his decade-short yet immense collection of artwork, shows us hope and even almost-mad eagerness to live.

This time, we want to show you the multiple paths of his career as an exhibition titled Multiplexism.
At the exhibition, you will see the work which put him on the map of the early 80’s pop art scene, Subway Drawing, the series of 17 works, Blueprint Drawings—which Haring himself called his time capsule—his biggest lithographical work, Retrospect, a series of 20 works, the Story of Red and Blue, the work dedicated to children, and many more, all of which a highly selective choice from our collection.

251.jpg252.jpg
253.jpg254.jpg
255.jpg256.jpg
ex1.jpg257.jpg
P1010995.jpgP1010996.jpg

The National Museum of History opened in 1955 as an important center of Taiwan’s culture and art. Please enjoy the world of Keith Haring in the grand and monumental gallery space.

IMG_4301.jpg

《Information》
Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection
Wednesday January 20th 2016 – Sunday April 10th 2016
Open: Tuesday – Sunday 10:00am – 6:00pm
Closed: Monday
Admission: General 30NTD Others 15NTD
Location: National Museum of History
49 Nan Hai Road, Taipei City 100, Taiwan, 2361-0270
Tel: 02-6630-8288
Website: http://www.nmh.gov.tw/en/index.htm

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

開催中!海外巡回展「Keith Haring Multiplexism」 in 国立歴史博物館(台北)

For English version, click here → http://bit.ly/1S5fLmw

2016年1月20日(水)から4月10日(日)まで、台北の国立歴史博物館で当館初の海外巡回展となる展覧会 『Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection』が開催されています。

1980年代を疾走したアーティスト、キース・ヘリング。31歳でこの世を去るまでにヘリングが残した膨大な作品群は、今でも私たちに夢と未来、そして狂気さえも感じさせるような、生命の強さを与えてくれます。

本展では、キース・へリング多様な活動に軌跡を、多重性「Multiplexism」を切り口にご紹介致します。 会場ではヘリングの名を一躍有名にした、80年代初頭の「サブウェイ・ドローイング」から、へリング自身がタイム カプセルと称した「ブループリント・ドローイング」全17点に始まり、最大級の版画作品「レトロスペクト(回顧)」、 こども達のために制作した20作品にも及ぶ連作「赤+青のストーリー」など、当館至極のコレクションを一堂に公開。

251.jpg252.jpg
253.jpg254.jpg
255.jpg256.jpg
ex1.jpg257.jpg
P1010995.jpgP1010996.jpg


1955年に創設され、台湾の文化芸術活動の重要な拠点となってきた国立歴史博物館。広大な特別企画展示室でこそ味わうことができる、キース・ヘリングの世界観を是非お楽しみください。

IMG_4301.jpg

《基本情報》
Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection
会期|2016年1月20日(水)〜 4月10日(日)
開館|毎週火曜〜日曜 10:00〜18:00
休館|毎週月曜日
料金|一般30NT$、学生など15 NT$
会場|国立歴史博物館
49 Nan Hai Road, Taipei City 100, Taiwan, 2361-0270
電話|02-6630-8288
公式HP| http://www.nmh.gov.tw/jp/index.htm

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

新展示スタートしました!

PosterExFlyer.jpg


2016年1月10日より、いよいよ新展示「キース・ヘリングのショートメッセージ」が始まりました。生前にはポスター作りを積極的にしていたキース。生前没後のポスターを集め、キースの思いが込もった展示になったと思います。今年は展示替えのため三日間の休館をさせていただき、冬季も開館しております!冬の小淵沢へもぜひ遊びに来てみて下さい。

東京方面からお越しの方

一番お得な方法は、JR新宿駅西口から中央道小淵沢まで高速バス往復割引で片道¥2,300です。

電車ではJR新宿駅からあずさ号に乗り、小淵沢駅まで2時間弱で到着。片道¥5,180ですが、3名様以上でお越しの方々には回数券がオススメです。回数券をご購入いただくと片道¥3,960でご利用いただけます。

スタッフ一同、ご来館お待ちしております!

by staff | 2017年2月 8日  | お知らせエキシビジョンスタッフ日誌

関連企画「キース・ヘリングのショートメッセージ」みんなに伝えるポスター・アート

キース・ヘリングは1 9 8 2 年、ニューヨークのセントラルパークで開催された反核集会のために、初めてのポスター《アンチ・ニュークリア・ラリー》を制作し、2万枚を配布しました。
以後、1 9 9 0 年に3 1 歳でこの世を去るまで、生涯で8 0 点以上のポスターを制作しました。「いつの時代もアーティストは社会の代弁者である」と語っていたように、南アフリカのアパルトヘイト撤廃、黒人解放を訴えた《フリー・サウスアフリカ》(1985年)などのポスターからは、ヘリングの活動家としての側面を知ることができます。
また同時に、展覧会ポスターをはじめ、シアター、音楽祭、子どもたちの教育プログラムなど、多種多様な目的のポスターを制作しました。ヘリングにとってポスターは最も端的に、そしてできる限り多くの大衆にメッセージを伝達できる視覚メディアだったのです。
「人々とアートとのバリアを打ち砕いたのは、広告業界であり、広告そのものであり、テレビであり、アンディ・ウォーホルであった」。
ヘリングはポップアートの第一人者であるウォーホルに師事し、戦略的にポスターを芸術として確立したのです。
本展覧会ではヘリングが制作したポスター作品の数々から、彼が発信し続けたメッセージを探ります。

KEITH HARING MULTIPLEXISM
#KeithHaringNow 多重化するキース・ヘリング像
会期:2016 年1 月10 日( 日)〜4 月18 日(月)
開館日: 会期中無休
開館時間: 9 時~17 時
入館料: 一般1,000 円、小中高生600 円、
大学生・シニア800 円、団体割引(20 名様以上)
www.nakamura-haring.com
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7
TEL: 0551-36-8712 / FAX: 0551-36-8713
交通|JR小淵沢駅下車、駅から車で8分/JR新宿駅より中央線特急で約2時間
JR名古屋駅より中央線特急で約3時間(塩尻乗換)/中央高速道路、小淵沢I.Cより6分

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection in Taipei!

KH_5984_1-01.jpg

KEITH HARING MULTIPLEXISM will be held at the National Museum of History Taipei as one of our traveling exhibitions. It is our first time to introduce approximately 130 works of our collection including drawings, lithographs, sculptures, posters and more to the world outside Japan.
We would love for you to go see our collection at the National Museum of History Taipei.

Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection
Wednesday January 20th 2016 – Sunday April 10th 2016
Open: Tuesday – Sunday 10:00am – 6:00pm
Closed: Monday
Admission: General 30NTD Others 15NTD
Location: National Museum of History
49 Nan Hai Road, Taipei City 100, Taiwan, 2361-0270
02-6630-8288
Website http://www.nmh.gov.tw/en/index.htm

by staff | 2017年2月 8日  | お知らせエキシビジョン

海外巡回展「Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection」開催!

KH_5984_1-01.jpg

この度 台湾の国立歴史博物館にて「KEITH HARING MULTIPLEXISM」の巡回展が開催されます。当館所蔵のドローイング、版画、立体作品、ポスターなど約130点のコレクションが、海外で紹介される初めての機会となります。
皆様、是非足をお運びください。

Keith Haring Multiplexism from Nakamura Keith Haring Collection
会期|2016年1月20日(水)〜 4月10日(日)
開館|毎週火曜〜日曜 10:00〜18:00
休館|毎週月曜日
料金|一般30NT$、学生など15 NT$
会場|国立歴史博物館
49 Nan Hai Road, Taipei City 100, Taiwan, 2361-0270
02-6630-8288
公式HP| http://www.nmh.gov.tw/jp/index.htm

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

佐川美術館「キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection」開催

2015年7月18日(土)から9月23日(水・祝)まで、滋賀県の佐川美術館で当館の収蔵作品を公開する展覧会 『キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection』が開催されています。

IMG_0815.JPG

1989年に制作された、キース・へリングの版画作品中で大作の一つである「レトロスペクト(回顧)」をハイライトに、版画、ドローイング、彫刻そして写真など多様な作品がご覧いただけます。

sculpture.JPGpopshop.JPG

本展のためにつくられた空間で、当館所蔵作品がまた違う視点でお楽しみいただけることでしょう。
関西方面へお越しの方は、是非足を運んでみてください。

leaflet_0225.jpg

『キース・ヘリング展 Keith Haring; Prints and other works From Nakamura Keith Haring Collection』
会期|2015年7月18日(土)〜 9月23日(水・祝)
会場|佐川美術館
〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
主催|公益財団法人佐川美術館
特別協力|Keith Haring Foundation、中村キース・ヘリング美術館
後援|滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会、FM OSAKA、BBCびわ湖放送
協力|SGホールディングス、佐川急便、佐川印刷
公式HP|http://bit.ly/1KPydKO

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

第6回国際絵画コンクール授賞作品

For English, click here.

11月23日(日) 第6回中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール授賞式が開催されました。
今回は「わたしの場所 」をテーマとし、国内、米国、中国、タイ、ラトビア、インド、から総計544作品の応募があり、国際色豊かな絵画コンクールとなりました。

個性豊かな受賞作品をご紹介をご紹介させていただきます。

【山梨県知事賞】

P001.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】吉田 瑛璃紗
【受賞作品】ゆめのせかい
【審査員コメント】
淡い色づかいが繊細な印象を与えます。少ないモチーフを上手に配置した構成力が光ります。


A020.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】大瀧 なな
【受賞作品】私の場所
【審査員コメント】
色とりどりに描かれた夢の世界はとても楽しそう。大好きな動物たちと歌を歌いながら空を飛んでいるのでしょうか。わくわくする作品です。


T001.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】中澤 優希
【受賞作品】オレの城
【審査員コメント】
黄色いラインが鮮やかで印象的です。UFO・人物・お城・宇宙人…の図像だけなく言葉も組み合わせることで、独自な絵画空間と世界観を創出しています。

【ジュリア賞】

P156.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】VINCI CHAN WING CHI
【受賞作品】BLESSING MY HOMELAND
【審査員コメント】
色遣い、動き、そして内容を作り上げる判断が素晴らしい。


A138.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】EVELINA ABOLTINA
【受賞作品】MY BEAUTIFUL SUMMER HOUSE
【審査員コメント】
色遣い、動き、そして内容を作り上げる判断が素晴らしい。


T191.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】RENEE CHAN
【受賞作品】When Imagination Meets Reality
【審査員コメント】
色遣い、動き、そして内容を作り上げる判断が素晴らしい。


【パトリシア・フィールド賞】

P143.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】LAU KIN GI
【受賞作品】We all live under Peace
【審査員コメント】
驚くほどの工芸的な手の器用さで、知的なメッセージが描写されている。この年齢で、これほど高い質の作品を作成できるということと、その想像力にびっくりしました。


A091.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】YIP TSZ YIN
【受賞作品】Playing
【審査員コメント】
作品の色の選択がお見事。正確に選ばれた人物は、現代の世界と文化の時代精神を理解させるために描かれいる。アーティストとしてのテクニックも素晴らしく、成功している。


T133.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】LEAH PUTNAM
【受賞作品】IN THE PULSE OF SEA LIFE
【審査員コメント】
アーティストとしての能力に感動する。創造性に充ちた、海底世界にはうっとりさせられる。この造形と色遣いは格別。


【LOVE & PEACE賞】

P119.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】渡邊 旺麒
【受賞作品】After the rain
【審査員コメント】
これも6才の子供が描いたとは信じられない素晴らしい抽象画です。色の複雑さ、奥行きの深さ、デリケートな細部、線のリズム感!!感動しました。

A051.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】内藤 成俊
【受賞作品】専用グラウンド
【審査員コメント】
グランドを真上から見たような視点がおもしろいです。ざっくりとした形と色にセンスの良さを感じます。なかなかこうはできないものです。思い切りの良い線に見えて、なかなか繊細なものを感じます。素晴らしい!!


T082.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】望月 健生
【受賞作品】自分の住み家
【審査員コメント】
マチスみたい!! なんて上手いんだろう!! 少ない線でそして、少ない色ですごく適格に表していてすごいです。くつろいでいるのがよく描けています。細部の描写が本当に上手い。構図のとり方も本当に上手い。


【TOKYO FM賞】

P032.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】藤戸 創真
【受賞作品】どこかはしらない、きもちいいばしょ
【審査員コメント】
観る者を挑発する作品。真紅の玉が強い、無垢な生命力を感じさせる。

A093.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】JASMINE SHEK PUI YU
【受賞作品】From the East
【審査員コメント】
限りない自我の拡大を感じさせる深遠かつ繊細な心を投影している。色使いは品があり哲学的にさえ感じる。


T082.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】望月 健生
【受賞作品】自分の住み家
【審査員コメント】
自分の場所=孤独である。思春期特有の寂しさと、それでいて純粋さ、自由度が味わえる。表情にも思索がある。すごいです。


【good aging yells.賞】

P033.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】藤戸 創真
【受賞作品】ひかりかがやくステージ
【審査員コメント】
ライトを浴びながらダンスをしたり歌ったりたくさんの人を楽しませる場所。


A063.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】清水 莉奈
【受賞作品】ベットの上の自分
【審査員コメント】
自分だけの世界に飛び込むことのできる読書を,いちばん心地よい時間に、いちばん心地よい場所と姿勢で、楽しんでいる様子を垣間みました。

T057.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】向山 拓杜
【受賞作品】自分のふとん
【審査員コメント】
苦しいことや悲しいことも忘れることのできる広大な草原と空と、そこに自由に浮かぶ雲のような同時にベッドと布団と枕のような、そんな不思議な世界を感じました。


【甲府商工会議所 会頭賞】

P015.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】森 羽衣子
【受賞作品】ままのわきのしたのにおい
【審査員コメント】
これも6才の子供が描いたとは信じられない素晴らしい抽象画です。色の複雑さ、奥行きの深さ、デリケートな細部、線のリズム感!!感動しました。


A071.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】佐々木 佑季
【受賞作品】GLOBE
【審査員コメント】
壮大なテーマでありながら、筆づかいが緩やかで美しい。太陽、地平線、地球の大地…と自然の関係性を描いているところも注目です。

よこ T104.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】横森 郁也
【受賞作品】ぼくの好きな場所
【審査員コメント】
様々な色彩を使った背景からは動きを感じ、そこに現れるサッカーボールは力強く描かれています。大好きなスポーツをしている時の、気持ち良い瞬間が伝わってくるようです。


【小淵沢アートヴィレッジ賞】

P147.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】KO LOK YI
【受賞作品】無題
【審査員コメント】
迷いのない線が魅力的です。構図の面白さと色づかいも素敵です。

A107.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】ERIC LAU YUK LUN
【受賞作品】Construction
【審査員コメント】
働く場所が子ども目線で楽しく描かれています。


T179.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】WENDY WAN HO WAN
【受賞作品】A LOOK OF MY PLACE
【審査員コメント】
視点がユニーク。空間的な描写と、家具の配置にまで気を配った繊細さがあります。生活にリンクした「わたしの場所」が描かれているもの良いと思いました。


【アートクリティック賞】

P029.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】渡辺 りき
【受賞作品】へんなゆめ
【審査員コメント】
キースへリングのブループリント・ドローイングスを思わせるストーリーに溢れた画面に驚きました。白と黒の線で緻密に日常が現されています。


A094.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】WONG CHUNG KI
【受賞作品】無題
【審査員コメント】
ファンタジー溢れる世界が大変良く表現されています。中央の目が自分の世界を見つめているようです。

T047.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】松土 沙紀
【受賞作品】心
【審査員コメント】
淡い水彩画のなかで繊細な心情がよく表現されています。後ろ姿の座った生徒、傘に隠れている顔、心臓のようなピンクの有機体。とても勇気ある表現です。


【オーディエンス賞】

P033.gif4歳〜8歳 部門

【受賞者】藤戸 創真
【受賞作品】ひかりかがやくステージ
【審査員コメント】
ステージが鮮やかに輝いている様子とお客さんが嬉しそうに楽しんでいる様子がまっすぐ伝わってきました。お客さん一人一人の表情が違うところもgood!


A085.gif9歳〜12歳 部門

【受賞者】AMANDA AVETISJANA
【受賞作品】MY SWEET HOME
【審査員コメント】
まるでバスキアを思わせる絵画。下地に塗った色がとてもきれい!全体の構成も整っていて、見ていてほっとする!

T172.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】YUEN KA PUI
【受賞作品】MARKET
【審査員コメント】
市場の混沌とした活気が伝わってきます。画面の端に構成された人物の描写は、まるでスナップ写真のような不思議なリアリティがあります。

【特別賞】
T169.gif13歳〜17歳 部門

【受賞者】MA ON KI
【受賞作品】THE PLACE OF MINE
【審査員コメント】
強いメッセージのある絵。まるで近年の文化が抱える対立的な概念への対抗を完結されたアートの形で表現している。


※ 受賞作品は、2014年11月30日まで中村キース・ヘリング美術館にて展示しています。


by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

The 6th Nakamura Keith Haring Collection International Children’s Drawing Contest :Prize winning works

The 6th Nakamura Keith Haring Collection International Children’s Drawing Contest
Award Ceremony was held in November 23rd, 2014.

The brilliant prize winning works are as follows:


【Governor of Yamanashi Prefecture Award】

P001.gifDivision of 4 to 8
【Winner】Erisa Yoshida
【Title】Dream World
【Judge comments】
Pastel colors giving a soft impression. The brilliant composition by using limited motifs.

A020.gifDivision of 9 to 12
【Winner】Nana Otaki
【Title】My Place
【Judge comments】
The colorfully expressed dream world looks fun. Are you flying with your favorite animals?

T001.gifDivision of 13 to 17
【Winner】Yuki Nakazawa
【Title】My Castle
【Judge comments】
The yellow lines are very brilliant and impressive. Create original painting using UFO, figures, castles and aliens mixed with the language.

【Julia Award】

P156.gifDivision of 4 to 8
【Winner】VINCI CHAN WING CHI
【Title】BLESSING MY HOMELAND
【Judge comments】
Great use of color, movement and decisions they made on content.

A138.gifDivision of 9 to 12
【Winner】EVELINA ABOLTINA
【Title】MY BEAUTIFUL SUMMER HOUSE
【Judge comments】
Great use of color, movement and decisions they made on content.

T191.gifDivision of 13 to 17
【Winner】RENEE CHAN
【Title】When Imagination Meets Reality【Judge comments】
Great use of color, movement and decisions they made on content.

【Patricia Field Award】

P143.gifDivision of 4 to 8
【Winner】LAU KIN GI
【Title】We all live under Peace
【Judge comments】
The Artist displays an amazing dexterity of craft, equaled by the intellectual observation of message. I found it surprising that a person of such a young age could achieve that level of accomplishment and imagination such as his piece entails..

A091.gifDivision of 9 to 12
【Winner】YIP TSZ YIN
【Title】Playing
【Judge comments】
The choice of color in this painting is very strong. The preciseness and choice of the figures represented show a position and understanding of the zeitgeist of today's world & culture. Artistic technique is also very well achieved

T133.gifDivision of 13 to 17
【Winner】LEAH PUTNAM
【Title】IN THE PULSE OF SEA LIFE
【Judge comments】
I am impressed with the artistic capability and find the imaginative underwater world quite fascinating. Particularly, in both the figurative and color representations.

【LOVE & PEACE Award】

P119.gifDivision of 4 to 8
【Winner】Ohki Watanabe
【Title】After the rain
【Judge comments】
I can’t believe that this wonderful abstract painting is made by 6 year old. Complicated colors, depth, delicate details, and rhythmical lines…! Impressive.

A051.gifDivision of 9 to 12
【Winner】Shigetoshi Naito
【Title】My Private Ground
【Judge comments】
Interesting vision of the ground from the top. Roughly shape and colors show your aesthetical sense. I cannot readily do it in this way. The lines looks dynamic at a glance but there is some sensibility. Splendid!

T082.gifDivision of 13 to 17
【Winner】Takeru Mochizuki
【Title】My Dwelling
【Judge comments】
Looks like Matisse!! How good you are! Using minimum lines and colors but depict images very clearly. Draw the relaxing scene very well. Very good composition. Amazing..

【TOKYO FM Award】

P032.gifDivision of 4 to 8
【Winner】Soma Fujito
【Title】Unknown, comfortable place【Judge comments】
Provocative work. The very red ball brings very strong and pure vitality.

A093.gifDivision of 9 to 12
【Winner】JASMINE SHEK PUI YU
【Title】From the East
【Judge comments】
This work projects infinity expansion of self and yet profound contents and subtle mind. The colors are even refined and philosophic.

T082.gifDivision of 13 to 17
【Winner】Takeru Mochizuki
【Title】My Dwelling
【Judge comments】
My place=loneliness. There is a typical adolescence loneliness, innocence and flexibility. Thoughtful expression is also well drew.

【good aging yells.賞】

P033.gifDivision of 4 to 8
【Winner】Soma Fujito
【Title】The Shining Stage
【Judge comments】
I could easily imagine from this painting that many different unique people are creating the place where allows you to shine together.


A063.gifDivision of 9 to 12
【Winner】Mana Shimizu
【Title】I am on the bed
【Judge comments】
Glimpsed its joy of reading that could jump into own world at the most comfortable time , place and position.

T057.gifDivision of 13 to 17
【Winner】Takuto Mukoyama
【Title】My bed mats
【Judge comments】
As if, vast prairie and sky could take away the sad thing and the painful thing. There is a strange world; pillows or bed or blanket like clouds are floating freely.

【The Kofu Chamber of Commerce & Industry Award】

P015.gifDivision of 4 to 8
【Winner】Uiko Mori
【Title】Smell of mother’s underarm.
【Judge comments】
The dynamic composition with the arm surrounding the work and yourself in the middle. Holding by the big-hearted mother’s arm feels so comfortable. Mom’s underarm smell is the unique view point.

A071.gifDivision of 9 to 12
【Winner】Yuki Sasaki
【Title】GLOVE
【Judge comments】
Although the theme is spectacular, the blush strokes are calm and beautiful. The sun, the horizon and mother earth drawing the relationship with the nature is remarkable.

よこ T104.gifDivision of 13 to 17
【Winner】Fumiya Yokomori
【Title】My favorite place
【Judge comments】
Colorful background creates movement. The succor ball is depicted vigorously. Expressing the moment of good feeling of playing favorite sports.

【Kobuchizawa Art Village Award】

P147.gifDivision of 4 to 8
【Winner】KO LOK YI
【Title】Untitled
【Judge comments】
The lines without hesitation are very attractive. The composition and colors are charming, too.

A107.gifDivision of 9 to 12
【Winner】ERIC LAU YUK LUN
【Title】Construction
【Judge comments】
The working place drew happily by child’s glance.

T179.gifDivision of 13 to 17
【Winner】WENDY WAN HO WAN
【Title】A LOOK OF MY PLACE
【Judge comments】
The unique vision of "My Place"show's a spactially descriptive layout of furniture linking the set up of daily life.

【Art Critic Award】

P029.gifDivision of 4 to 8
【Winner】Riki Watanabe
【Title】Strange Dream
【Judge comments】
Full of stories from daily life in black and white like “Blue Print Drawings “ by Keith Haring is also remarkable!

A094.gifDivision of 9 to 12
【Winner】WONG CHUNG KI
【Title】Untitled
【Judge comments】
Wonderful representation of your fantasy world. The eye in the center is watching the inner world. Beautiful.

T047.gifDivision of 13 to 17
【Winner】Saki Matsudo
【Title】Heart
【Judge comments】
This work by soft watercolor is showing delicate feelings very well. Showing back of the female student, the face behind the umbrella and the pink heart like organic thing in the middle…very challenging representation.

【Audience Award】
P033.gifDivision of 4 to 8
【Winner】Soma Fujito
【Title】The Shining Stage
【Judge comments】
The happiness of the shining stage and the audiences come straightforward to me. It is good that the audiences have different expressions.


A085.gifDivision of 9 to 12
【Winner】AMANDA AVETISJANA
【Title】MY SWEET HOME
【Judge comments】
This work seems as if Basquiat’s .The base color is very beautiful!
All of the preparation is in order. Relaxing!

T172.gifDivision of 13 to 17
【Winner】YUEN KA PUI
【Title】MARKET
【Judge comments】
Conveying the chaotic and livery market atmosphere. The people at the corner are marvelous and realistic as snap shots.

【Special Award】
T169.gifDivision of 13 to 17
【Winner】MA ON KI
【Title】THE PLACE OF MINE
【Judge comments】
The message of this piece is very strong, as it shows the opposing dichotomy of the current cultural experience in a well achieved art form. It strongly and artistically achieves a clear point of view.


※ You can see those works at Nakamura Keith Haring Collection from November 22nd to 30th.

Sponsor: HOLBEIN WORKS,Ltd.
Special Thanks to Keith Haring Foundation
Support from Yamanashi Prefecture, Yamanashi Prefecture Board of Education, Hokuto City, Hokuto City Board of Education, The Kofu Chamber of Commerce & Industry, The Yamanashi NICHINICHI SHIMBUN, Yamanashi Broadcasting System Inc., FM FUJI, YATSUGATAKE journal, FM YATSUGATAKE

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

4月5日−7日 Reebok CLASSIC presents KEITH HARING EXHIBITION 開催!

2013年4月5日〜7日まで表参道にあるBA-TSU ART GALLERYにて、" Reebok CLASSIC×Keith Haring "のコラボレーションスニーカーのリリースを記念し《Reebok CLASSIC presents KEITH HARING EXHIBITION 》が開催されました。当館収蔵作品も18点が展示されました。 詳細は下記をご覧下さい。
【RED one PRESS】NEWS. " Keith Haring Exhibition " Photo Report

P1050853.JPGP1050832.JPG

P1050839.JPGP1050840.JPG

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン

中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション005『キース・ヘリングの記号性 Picking up the Pieces:Keith Haring's Signs in Objects』展 開催!

Signs_Flyer.jpg『 抽象画を描くわけにはいかない。それでは外側の世界と意思の疎通ができない。なによりも、ぼくは外の世界に伝えたいことがあったんだ 』 キース・ヘリング 

中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション005
『 キース・ヘリングの記号性 Picking up the Pieces:Keith Haring's Signs in Objects 』
会期:2013年3月16日(土)〜7月19日(金)
会場:中村キース・ヘリング美術館 自由の回廊

中村キース・ヘリング美術館は、当館学芸員により多角的な解釈でキース・ヘリングを再考、作品をセレクトし、シリーズで企画する ”キュレーターズ・セレクション ”を開催いたします。第5 回目となるのが、本展「キース・ヘリングの記号性 Picking up the Pieces : Keith Haring’ s Signs in Objects 」です。

光る赤ん坊、吠える犬、空飛ぶ円盤、ピラミッド、躍動する人… . . キース・ヘリングの作品には繰り返し同じシンボルが登場します。 鑑賞者はヘリングが描き出す異なった記号を組み合わせることで、さまざまな関係性と文脈が生まれます。記号論を学んだ経験があるヘリングは、より明確なメッセージを、より多くの人々にアートを通して伝えるために、自らのドローイングの記号化を意識的に行いました。

本展では、その記号をモノに置き換えてみることで、記号の組み合わせにより構成された作品を一度分解し、ヘリング作品の新たな解釈を探るための実験的な試みを行います。

The Nakamura Keith Haring Collection curator team has selected several works from the collection,aiming for a diverse interpretation of Keith Haring. This “Curators’ Selection” was started last year, and willbe held four times a year. “Picking up the Pieces: Keith Haring’ s Signs in Objects ” is the fifth exhibition.

Radiant babies, barking dogs, flying saucers, pyramids, dancing people… The same signs appearrepeatedly in Keith Haring works. The viewer assembles together the signs drawn by Haring in his or her mind, and creates various relationships and contexts between them. Haring, who has studied semiotics, consciously used the effect of signs in order to make art accessible to more people.

In this exhibition, the collection of signs in Haring’ s work have been disassembled and replaced withactual objects for a new and experimental interpretation of Keith Haring.

by staff | 2017年2月 8日  | エキシビジョン