【中村館長もバックアップ!】MARIKOによる真骨頂のラブバラード

清水家プロジェクトの代表を務める”MARIKO”こと清水まりこによる、
真骨頂のラブバラードが美術館のオンラインショップにて先行予約販売開始!
(2017/2/14発売)

当ショップにて先行予約していただきますと、
特典として中村キース・ヘリング美術館の招待券を1組2名様分(2,000円相当)にプレゼント!
また、発売日当日に届くように、発送いたします!

ご購入はこちらから☞ http://ur2.link/B0mR

清水家プロジェクトとは・・・?
2016年に始動した山梨は小淵沢を拠点とした、アーティスト発掘・育成を目的としたプロジェクト。
詳細はこちらから☞ http://mariko-shimizuya.com


愛する人 / 母子手帳  from Nakamura Keith Haring Collection on Vimeo.

by staff | 2017年5月16日  | お知らせ

開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism」開催!

For English version see here ☞ http://bit.ly/2jKMvSW

flyer-omote.jpg

協賛:シミックホールディングス株式会社
後援:アメリカ合衆国大使館、山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会
協力:キース・ヘリング財団、公益財団法人多摩市文化振興財団、ぴあ株式会社、川島義都、CHINO、GENXY

80年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する世界で唯一の美術館として出発した当館は、2017年に開館10周年を迎えます。本年、作家の日本での活動にフォーカスした記念展を開催いたします。
1983年初来日したキース・ヘリングは、屏風や掛け軸など、日本特有の家具や道具に墨を用いたドローイングを制作します。禅を通して触れた東洋思想や文化、そして書は、以前より作家に影響を与えていたといいます。また来日当時の、好景気に沸いていたエネルギッシュな東京という都市は、ヘリングにとってエキゾチックで、大きな刺激を与えたに違いありません。
ヘリングを一躍有名にした地下鉄の落書き《サブウェイ・ドローイング》、そのコンセプトを継承した革新的なアートプロジェクト〈ポップショップ〉での成功後、1988年には青山に〈ポップショップ・トーキョー〉をオープンさせます。連日長蛇の列をつくり、一大センセーションとなった店では、自身のスタイルと日本文化を融合させたユニークなアイテムが多数生まれました。本展では、器や扇子など代表的な作品を紹介し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を提示いたします。1988年に東京で制作された「招き猫」は世界で初公開となる大変貴重な作品です。
また1987年東京多摩市のパルテノン多摩で制作された壁画を期間限定で特別展示いたします。約500人の子どもたちと共同制作された作品からは、言語を超えアートでの交流を試みた作家の活動の軌跡を追うことができます。
「僕のプロデュースするものは”ポップ”ということをコンセプトにしているから東京でもNYでも同じものが受け入れられるはずなんだ。今の日本人って西洋の方ばかり向きすぎていると思う。アメリカっぽくなりたい、西洋っぽくなりたいってね。でも日本の伝統文化をポップに表現すれば、それはアメリカ的なコピーをしたものより、素晴らしいものになると思う。」—1988年 キース・ヘリング

中村キース・ヘリング美術館 
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7 
TEL: 0551-36-8712 FAX: 0551-36-8713
Web: www.nakamura-haring.com
Facebook: Nakamura Keith Haring Collection
Twitter: nakamura_haring
Instagram: nakamurakeithharingpopshop

開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:2017年6月26日(月)~6月30日(金)
入場料:一般1000円、シニア900円、学生700円、13歳〜18歳500円、団体割引・障害者割引あり
交通:JR小淵沢駅下車、駅から車で8分  JR新宿駅より中央線特急で約2時間
   JR名古屋駅より中央線特急で約3時間(塩尻乗換) 中央高速道路、小淵沢I.Cより6分

by staff | 2017年5月16日  | エキシビジョン

【休館日のお知らせ】

SMNM-thumb-450x299.jpg

中村キース・ヘリング美術館では、展示替えに伴い、下記の日程を休館とさせていただきます。

2017年2月1日(水)~2月4日(土)

予めご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

2017年2月5日(日)より開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本:Pop to Neo Japonism」が開催されます。
英語版の詳細は☞こちらです。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

by staff | 2017年5月16日  | お知らせ

10th Anniversary Exhibition Keith Haring and Japan: Pop to Neo-Japonism

For Japanese version, see here ☞ http://bit.ly/2jRMpgD

flyer-omote.jpg

Sponsorship: CMIC HOLDINGS Co., Ltd.
Supported by U.S. Embassy, Tokyo, Yamanashi Prefecture, Yamanashi Board of Education, Hokuto City, Hokuto City Board of Education
Special Thanks: The Keith Haring Foundation, Tama City Cultural Foundation, PIA Corporation, Yoshikuni Kawashima, CHINO, GENXY

Nakamura Keith Haring Collection—is the only museum in the world dedicated to the collection of Keith Haring’s artworks. The museum celebrates its 10th anniversary in 2017. The exhibition focuses on the footprints Haring left in Japan.
In his first visit to Japan, Haring makes drawings on mediums that are unique to Japan such as folding screens, scrolls, kites and fans with Sumi ink. He had not only been influenced by his early introduction to Zen but he had also been inspired by Eastern philosophy; this includes both cultural and literary elements.
He was experiencing the height of Tokyo’s economic boom of the 80’s. A dichotomy of ultra modern and the traditional were both a source of fascination and inspiration for him.
After the success of his revolutionary art project: Pop Shop which inherited the concept of his break out graffiti project, Subway Drawings, in 1988, Haring opens Pop Shop Tokyo in Aoyama, Tokyo. The shop was a sensation and many people waited in line just to get a glimpse of Haring’s Pop-style. In this exhibition, we explore his liberating and diverse point of view by showing works expressing Japanese aesthetics.
The exhibition also includes the important mural made with 500 children in 1987 at Parthenon Tama, Tokyo. This work is the culmination of an art that communicates beyond language.
The concept of what I produce is based on “Pop” so I think it can be received in the same way in both Tokyo and New York. I think the Japanese are looking to the Western World a bit much right now—the desire to be more American or to be more Western. I believe that if you turn the traditional Japanese culture into Pop, something amazing can be born, rather than copying American things.
-Keith Haring 1988

Nakamura Keith Haring Collection
10249-7 Kobuchisawa-Cho, Hokuto-Shi, Yamanashi 408-0044, JAPAN 
TEL: 0551-36-8712 FAX: 0551-36-8713
Web: www.nakamura-haring.com
Facebook: Nakamura Keith Haring Collection
Twitter: nakamura_haring
Instagram: nakamurakeithharingpopshop

Hours:9:00a.m. - 5:00p.m.
Closed:2017.6.26 Mon - 6.30 Fri
Admission:Adults ¥1,000, Seniors ¥900, Students ¥700, Age 13 to 18 ¥500
*Special discount available for people with disabilities
Access :by train: 2 Hours from JR Shinjuku Sta. by Chuo Main Line Express, 8 min by taxi or courtesy car from JR Kobuchisawa Sta.
by car: about 6 min from Kobuchisawa I.C exit of Chuo Freeway.

by staff | 2017年5月16日  | エキシビジョン