6月企画展「キース・ヘリングとエイズ・アクティビズム」開催

art-attack-on-aids.jpg

キース・ヘリング《アート・アタック・オン・エイズ》1988年 ポスター
©Keith Haring Foundation

1990年にキース・ヘリングがエイズでこの世を去って四半世紀が経ちました。ヘリングは生前から「セーフ・セックス」などのメッセージを発信し、アートを通してエイズ・アクティビズムを展開しました。活動の裏にあった個人的な葛藤や死への恐怖は計り知れませんでしたが、その活動は多くの人々を勇気づけ、今なお世界各国のエイズ予防啓発運動に影響を与えています。
中村キース・ヘリング美術館では毎年、HIV検査普及週間のある6月にイベントを開催し、ヘリングの生前の意志を普及する活動を行っています。本年はヘリングのエイズ・アクティビズムの軌跡を辿りながら、今日受け継がれるヘリングの遺志を紹介します。

キース・ヘリングとエイズ・アクティビズム
会期:2016年6月1日(水)〜 6月30日(木)
会場:中村キース・ヘリング美術館|最後の回廊
開館日時:会期中無休 9時〜17時
入場料:無料(入館料別途)

企画展関連プログラム
1) 特別館内ツアーと朗読会
キース・ヘリングのエイズに関する作品やアクティビズムを軸に、館内作品を鑑賞するツアーです。期間中は当時の心境を物語るヘリングの手記や、現代を生きるHIV陽性者の声を朗読しながら、参加者全員でHIV/AIDSについて考えます。
特別協力:特定非営利活動法人ぷれいす東京
日時:2016年6月5日(日)・19日(日)14:00〜15:00

2) 上映会『怒りを力に ACT UPの歴史』
キース・ヘリングも活動を共にしたエイズ患者の権利拡大を求めた団体・アクトアップの記録映像を上映いたします。 1980年代アメリカにおけるHIV/AIDS運動の歴史を辿る貴重なフィルムです。
日時:2016年6月12日(日)・26日(日)14:00〜15:33

*入場鑑賞料は無料です。
*映画上映中は展示室の暗転と一部作品の撤去がございます。

お問い合わせ:中村キース・ヘリング美術館
Tel: 0551-36-8712 Email: museum@keith.jp


by staff | 2017年5月16日  | お知らせ

台湾南部地震支援金の送金状況のご報告

この度は、台湾南部地震支援金に、多くの皆様から温かいお気持ちをお寄せいただき、誠に有難うございました。
4月末時点での支援金のご報告とお礼を申し上げます。

館内設置のボックスに募金されたお金と、当館入館料およびミュージアムショップの売上の一部を、台南の衛生福利本部へ寄付いたしました。

160,932円(平成28年4月30日時点)

温かいご協力を誠に有難うございました。
今もなお被災地で苦しんでいる方々にとって、少しでも力になることを願っております。
また一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

中村キース・ヘリング美術館

by staff | 2017年5月16日  | 日々の記録