menu

特別公開スケジュール《デイグロー・ペインティング》5月・6月・7月

4月24日(日)より2016年度展覧会「キース・ヘリング:グローイング−進化するフォルム−」展が始まりました。
展覧会の関連企画として、美術館スタッフが展示室で見どころや作品解説を行うツアーを、毎月第1・3日曜に開催いたします。
特別公開となる《デイグロー・ペインティング》は、このギャラリーツアーに合わせ、毎月第1・3日曜の14:00〜17:00までブラックライトのもとで展示いたします。
キースとニューヨークのグラフィティ・ライター、LA IIによって描かれた蛍光色の線が、時空を超えて、ブラックライトのもと浮かび上がります!是非お楽しみください!

KeithLA2.jpg
*ギャルリー・ワタリ「キース・ヘリング展」のため、作品制作をするキース・ヘリングとLA II(東京、1983年)

2016年5月・6月・7月特別公開スケジュール

5月1日(日)、15日(日)14時〜17時
6月5日(日)、19日(日)〃
7月3日(日)、17日(日)〃

*ギャラリーツアーはいずれも14時から開始し、所要時間30分〜1時間を予定しております。

お問い合わせ:0551-36-8712(中村キース・ヘリング美術館)

キース・ヘリング:グローイングー進化するフォルムー
会期|2016年4月24日(日)-2017年1月31日(火)
会場|中村キース・ヘリング美術館
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7
開館時間|午前9時~午後5時
休館|会期中無休 入場料|一般1,000円、大学生・シニア800円、小中高生600円 団体割引・障害者割引あり

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ

4月24日(日)2016年度展覧会【オープニング企画】スペシャルギャラリーツアー開催!

明日より開催となる2016年度展覧会「キース・ヘリング:グローイングー進化するフォルムー」のオープニング企画として、スペシャルギャラリーツアーを行います!

IMG_1855.jpg

【オープニング特別企画】
美術館顧問・梁瀬薫によるギャラリーツアー 2016年4月24日(日)14:00〜

1_yanase_1.jpg梁瀬薫
アート・プロデューサー&ジャーナリスト。1986年MOMAの仕事でNYへ渡る。以来、AICA(国際美術評論家連盟米国支部)評議員、美術ジャーナリスト、アートコンサルタント、展覧会プロデュースなど、コンテンポラリーアートを軸に活動している。

*ツアー中にグラフィティ・ライター LA II 共作したデイグロー・ペインティングをブラックライトのもと 特別公開いたします!

A1-thumb-500x354-thumb-500x354.jpg

【展覧会概要】
ニューヨークに拠点を移したキース・ヘリングは、1980年に地下鉄構内の広告板にチョークで描く《サブウェイ・ドローイング》を開始しました。
シンプルなライン、繰り返し描かれるモチーフ、 簡易化されたフィギュアはヘリングのトレードマークとなりました。
世界中で今もなお愛されるヘリング芸術はこの時期に開花します。
1980年代後半になると、ドイツの遊園地のプロジェクト《ルナルナ》に始まり、ヘリング芸術が 進化していくことがわかります。
特にエイズと診断された1988年は、ヘリングにとって最大の転機となりました。
版画作品の老舗画廊マーティン・ローレンスから出版された《グローイング》シリー ズや、詩人ウィリアム・S・バロウズとの共作《アポカリプス》など、様々な意欲作を発表。
生前のト ニー・シャフラジ画廊での最後の個展では、大作《無題ト( ライアングル)1988年8月15日》を制作し、計算し尽くされた色彩の対比、構図、空間を幾何学のフォルムの中で完結させ、新境地 を開拓しました。
本展覧会では、ヘリングの作品に描かれたフォルムの変容を追いながら、最期まで拡張と進 化を続けたヘリング芸術の細部を探っていきます。

キース・ヘリング:グローイングー進化するフォルムー
会期|2016年4月24日(日)-2017年1月31日(火)
会場|中村キース・ヘリング美術館
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7
開館時間|午前9時~午後5時
休館|会期中無休 入場料|一般1,000円、大学生・シニア800円、小中高生600円 団体割引・障害者割引あり

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ

柿澤勇人と学ぶ『ラディアント・ベイビー』とキース・ヘリングの生涯

講師名
俳優 柿澤 勇人
中村キース・ヘリング美術館アート&ファッションディレクター Hiraku

講座内容

柿澤勇人さん
★お申し込みはWEB:4/12(火)12:00、窓口:4/14(木)9:30、電話:4/14(木)11:00より承ります。

今も愛され続けるストリートアートの先駆者キース・ヘリング。その魂を燃やし尽くした31年の生涯をロック&ポップミュージックで綴るミュージカル『ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~』が、2016年6月、日本で初上演されます。
この講座では主演の柿澤勇人さんが、中村キース・ヘリング美術館アート&ファッションディレクターHirakuさんと、キースの人生や彼の作品の魅力を語ると共に、ミュージカルの見どころにも迫ります。『ラディアント・ベイビー』を楽しむための情報満載です。

=公演情報=
ミュージカル『ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~』
<あらすじ>
キース(柿澤勇人)は、自分の居場所を求めて故郷のペンシルベニアからNYに出てくるも、初めての都会での生活に翻弄される。
友人のツェン・クワン・チー(平間壮一)、アシスタントのアマンダ(知念里奈)、恋人のカルロス(松下洸平)、そして自身が美術を教える3人の子供たちに囲まれてアートに没頭する彼は、名声を得てもなお自分が信じる世界を探求し苦悩の日々を送る。
病に冒され、31歳の若さでこの世を去ったキースが、全速力で駆け回り、追い求め続けたものとはー。

■公演日程 2016年6月6日(月)~6月22日(水)
■会場 シアタークリエ
■演出 岸谷五朗
■出演 柿澤勇人 平間壮一 知念里奈 松下洸平ほか
■チケット情報  S席10,800円、A席8,800円(全席指定・税込)
■申込み 東宝テレザーブ 03-3201-7777(営業時間 午前9:30~午後5:30)


★★お得なS席公演チケット付き受講券もございます★★
特別価格:会員11,900円、一般12,550円
【6/8(水)18:30】→https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/2727733f-4505-c28e-d866-570398ce10c7
【6/9(木)18:30】→https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/16a497a8-3b68-e02d-551f-57039ae6bed2
【6/14(火)13:30】→https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/ee6a2008-2e9a-ecde-f376-57039e184180
【6/18(土)12:30】→https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/18a274aa-cc5c-8a6d-f4ed-57039fe207b3

日時・期間
月曜 19:00-20:30 5/9 1回

日程
5/9

受講料(税込み)
5月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円

注意事項
<受講生からの質問募集中!>
締め切りは4月28日必着。お名前・ご連絡先を明記の上、お送りください。
※時間の都合上すべてのご質問にはお答えできません。予めご了承ください。
【宛先】・メール sakuhin4floor[あっとまーく]asahiculture.com
件名を「0509ラディアント」として、[あっとまーく]は@に置き換えて送信してください。
・ハガキ 〒163-0204 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル4階 
朝日カルチャーセンター「ラディアント・ベイビー」係
★お申し込みはWEB:4/12(火)12:00、窓口:4/14(木)9:30、電話:4/14(木)11:00より承ります。
お申込みの前に ・WEB受付はご本人のみ、お一人様1枚となりますのでご注意ください。窓口・電話でのお申込みはお一人様2枚まで(ご予約の際、お連れ様のお名前・電話番号・ご住所が必要です)。
・お申込み前に登録・ログインしていただきますことをお勧めいたします。
・モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)をご利用の場合、当社からのメール『@asahiculture.com』を受信できるようドメイン設定をお願い致します。
・当社からID,パスワード確認メールが届かない場合はこちらをご覧ください。⇒ https://www.asahiculture.jp/mailerror
受付一時中止
ご案内 ※講座は全席自由です。受講生の皆様への入場整理券(お一人様1枚)は、講座当日14時から新宿住友ビル7階カウンターで配布いたします。開場は18時30分を予定しております。

講師紹介
柿澤 勇人 (カキザワ ハヤト)
1987年10月12日生まれ。2007年劇団四季に入団後、同年『ジーザス・クライスト・スーパースター』でデビュー。その後、同劇団公演の『人間になりたかった猫』『ライオンキング』『春のめざめ』で立て続けに主演を務め、09年末に同劇団を退団。その後、舞台『スリル・ミー』『海辺のカフカ』『ロミオ&ジュリエット』『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『タイトル・オブ・ショウ』『デスノートThe Musical』『サンセット大通り』などに出演。舞台のみならず大河ドラマ「軍師官兵衛」ドラマ「デザイナーベイビー」映画「クローズEXPLODE」「明烏」など活躍の場を広げている。

Hiraku (ヒラク)
米テレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』や映画『プラダを着た悪魔』のコスチュームデザイナー、パトリシア・フィールドのブランド、House of Fieldでクリエイティヴ・ディレクターを務め、数々のヒット商品やファッションショーなどのスタイリングを手がけた。2014年より中村キース・ヘリング美術館でアート&ファッションディレクターに就任し、パトリシア・フィールドとキース・ヘリングの合同イベントを手掛けるなどファッションとアートの融合 、LGBTの可視化を目的としたプロジェクト『OUT IN JAPAN』に写真家レスリー・キーの被写体として参加するなどと日本での活動を広げている。

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ

休館日のお知らせ|2016年4月19日(火)〜4月23日(土)

中村キース・ヘリング美術館では、展示替えに伴い、下記の日程を休館とさせていただきます。

2016年4月19日(火)~4月23日(土)

予めご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

休館後、4月24日(日)より「キース・ヘリング:グローイング 進化するフォルム」展が開催されます。
英語版の詳細は☞こちらよりご覧いただけます。

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ