menu

フォトレポート|10月31日(土)ハロウィンクラフト by Toshiaki Tashiro

晴天で無風…まさに屋外のワークショップには最適の日!
ハロウィンの本日は参加の皆さまで個性溢れるコスチュームをつくりました⭐︎

10311.jpg

青・黄色・桃色に黒いマーカーという限られた画材で、無限のイメージを描きます。
アーティスト・田代敏朗さんご指導のもと、皆さま白い布に想い想いのデザインを展開していきます。

10312.jpg10314.jpg
10317.jpg10313.jpg

制作したコスチュームを纏って撮影した写真も要チェック⭐︎

103110.jpg10319.jpg
10316.jpg10318.jpg

田代さん、ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。
コスチュームとともに素敵なハロウィンをお過ごしください!

by staff | 2017年1月15日  | 日々の記録

11月22日(日)「みんなで描こう!チョークでマンダラ」開催!

中村キース・ヘリング美術館では、第7回 中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクールの授賞式に伴い、子どもから大人までお楽しみいただけるワークショップを開催いたします。

キース・ヘリングの代表作のひとつ《サブウェイ・ドローイング》はニューヨークの地下鉄の駅構内に白いチョークで描かれました。
キースが好んで使ったチョークで、みんなのアートを描いてみませんか?
テーマは「マンダラ」。
大きな円のなかにあなたやお友だちの顔を描いてみたら、どんな模様ができるかな?

講師には山梨県を拠点によりみちアートおえかき教室paletteを主催、デザインコンペや絵画コンクールでの受賞歴も多数ある羽中田桂子さんを迎えます。

chalk1122.jpg

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

みんなで描こう!チョークでマンダラ
日 時:2015年11月22日(日)14:00〜15:00
会 場:中村キース・ヘリング美術館 屋上スカイコート
参加費:無料
申 込:中村キース・ヘリング美術館 
    TEL: 0551-36-8712 MAIL: museum@keith.jp
※雨天時は別プログラムをご用意しております。

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ

対談 久能祐子 x 中村和男「ベンチャー創生の夢」C−PRESS 2015 Vol.4掲載

シミックホールディングス株式会社発行のシミックグループPR誌「C-PRESS」最新号では、世界最大のビジネス誌フォーブスにて「アメリカで成功を収めた女性50名」に日本人で唯一選出された久能祐子氏と当館館長・中村和男の対談がご覧いただけます。

layout.jpg

医薬品の研究開発、製造、販売を行う株式会社アールテック・ウエノの創業者であり、理事長兼CEOを務められるS&R財団では芸術・科学・社会企業の分野の若い才能の支援など、様々な社会貢献活動もされている久能さん。

久能さんのこれまでの歩みを振り返りながら、両者の活動が交差するキーワード「アート、サイエンス、エンタープライズ」の話に花が咲きます。
「クリエイティビティこそが人間が人間たる所以」と語る久能さん。
文化複合施設・小淵沢アートヴィレッジリゾートアンドスパを所有する中村館長とともに、クリエイティブな次世代の人材サポートなど展望も語られています。

「C-PRESS」ご希望の方には郵送も承っています。
詳しくはこちらでご覧ください。

by staff | 2017年1月15日  | 日々の記録

10月31日(土)ハロウィンクラフト by Toshiaki Tashiro 開催

中村キース・ヘリング美術館ではハロウィン特別企画として、「ハロウィンクラフト by Toshiaki Tashiro」を開催いたします。

1017tashiroC.jpg

皆様のご参加をお待ちしております!

お申し込み:中村キース・ヘリング美術館
Tel: 0551-36-8712 Mail: museum@keith.jp

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ

大人のアート&デザインの学校 CORNER「キース・ヘリング入門」1・2時間目終了!

【初回終了!「キース・ヘリング入門」 講座】

クリエイティブなアイディアを探す、おとなのアート&デザインの学校、CORNER (コーナー)主催のもと開催されている「キース・へリング入門」講座。10/17(土) 『キース・ヘリング入門』 1時間目・2時間目が終了いたしました。
当館元主任学芸員、櫻林先生によりおこなわれた第1回目の授業は、「キースの絵に隠されたメッセージを読み解いてみよう!」ということで、
ピックアップされたへリングの作品を、描かれた当時の時代背景をもとに、皆で意見を交わすディスカッションをまじえながらじっくりと読み解いていきました。

CORNER2.JPG

2時間目のテーマは「キース・へリングの色々な作品や活動・その意味を知ろう!」
櫻林先生のお話は、当時の社会でのHIV/AIDS、人種、性差別の問題から、Fashion、Dance、音楽といった他分野に及びます。
動画も交えながらのお話に、みなさん興味津々。
「アーティスト」とひとくくりにはできない、キース・ヘリングの多角的な活動を知ってから作品を見ると、また違った想いで作品と向き合えることでしょう。

CORNER1.JPG

次回の3時間目・4時間目は11月8日(日)の開催。彼の残した日記を手がかりに、当時の苦悩や喜び、人々との出逢いを通して、キース・へリングの人生を追う貴重な授業。
最終回の5時間目、11月21日には中村キース・へリング美術館へみんなででかけるプログラムです☆

ご興味のある方は是非「おとなのアート&デザインの学校CORNER (コーナー)」(CORNER Facebook)より詳細をご覧ください。

unnamed.png

日 程:
3時間目 11/08(日)14:00-15:30
4時間目 11/08(日)15:45-17:15
5時間目 11/21(土)13:30-15:00

講 師:櫻林 恵美理

場 所:
Impact Hub Tokyo
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階
       Impact Hub Tokyo イベントスペース
5時間目(遠足)のみ中村キース・ヘリング美術館

======================================
お問合せ先:
中村キース・ヘリング美術館 山梨県北杜市小淵沢町10249-7 Tel: 0551-36-8712

by staff | 2017年1月15日  | スタッフ日誌

10月11日(日)「ホップ・ステップ・アライ! in 小淵沢 〜みんなで話そう、考えよう、LGBTについて〜」開催!

本日、カミングアウト・デー特別企画として、第7回小淵沢アートヴィレッジ祭 presents「ホップ・ステップ・アライ! in 小淵沢 ~みんなで話そう、考えよう、LGBTについて~」が開催されました。

「ホップ・ステップ・アライ!」は、ALLY(支援、味方)を語源とするLGBTフレンドリーなストレート(異性愛者)を指す「アライ」を対象に、LGBTについて学ぶ場として、認定NPO法人グッド・エイジング・エールズが開催している企画です。この度、「カラフルランAIDS WALK Kobuchizawa」に続いて当館との新たなコラボレーションが実現しました。

第1部の、認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表、松中権さんによるLGBT入門講座では、女優・相武紗季さんがご参加くださいました。
松中さんは「LGBTってどんな意味?」「どんな人たちのことを指すの?」といったLGBTに耳馴染みのない方にも分かりやすい解説を導入に、世界的に広がるカミングアウトや一方で起こる反発にも時事にも話が及びます。

DSC01092.JPG

松中さんの話に真摯に耳を傾け、当事者(LGBT)と非当事者がどのように関わることができるか、等身大の質問を投げかけてゆく相武さん。
講座の最後にはLGBTアライとして、LGBTの支援を宣言。会場からは自然とあたたかい握手がおこります。

第2部のLGBTと企業の取り組みでは、来年6月にキース・ヘリングの伝記的ミュージカル「ラディアント・ベイビー」が上演予定の東宝株式会社の小嶋麻倫子氏にお話を伺いました。米国でのスタッフとして本作に関わられた小嶋さんは10年がかりで日本公演を実現。作品にかける想いや、東宝株式会社が実践しているLGBTについての社員研修などの取り組みを、現場の実感あるお言葉も交えながらお話してくださいました。 

続いて話題は、認定NPO法人グッド・エイジング・エールズのカミングアウト・フォト・プロジェクト「OUT IN JAPAN」へ。
LGBTが多く出演する伝説的ミュージカル「RENT」の東宝公演とのコラボレーションのきっかけや、先日まで開催されていたシアター・クリエでの写真展のお話を伺いました。

DSC01100.JPG

「OUT IN JAPAN」のプロジェクトを通して得た、鑑賞者からの心温まる感動的なレスポンスは、「OUT IN JAPAN」の活動が未来へ繋がるポジティブなアクティビズムとして浸透していることを証明していました。

DSC01101.JPG

第3部は出演者やLGBTと実際にお話する交流タイム。認定グッド・エイジング・エールズからLGBTのメンバーも参加し、ざっくばらんなトークが展開されるリラックスタイムとなりました。皆さん終始笑顔でランチタイムを楽しんでいたご様子でした。当事者(LGBT)、非当事者がどのように関わることができるのか、実践の場となったことを願います。

DSC01112.JPG

キース・ヘリングはエイズでこの世を去る1990年まで、アートを通した様々なアクティビズムを行いました。
自身もゲイだったキースが描いた、カラフルな部屋に一歩足を踏み出しているポジティブなメッセージ溢れた《ナショナル・カミングアウト・デー》のポスターのように、笑顔溢れる明るい雰囲気のもと、会は終了いたしました。

なお、中村キース・ヘリング美術館の新展示室では、2015年11月8日(日)まで「OUT IN JAPAN」よりフォトグラファー、レスリー・キー氏撮影による#001と#002を特別展示しております。
身近な存在としてのセクシュアル・マイノリティを可視化させ、正しい知識や理解を広げるきっかけとなることを目的としている本プロジェクト。
是非ご覧くださいませ!

2.jpg

by staff | 2017年1月15日  | 日々の記録

10月11日(日)「ホップ・ステップ・アライ! in 小淵沢 〜みんなで話そう、考えよう、LGBTについて〜」開催!

毎年10月11日に世界中で祝われるカミングアウト・デー。
キース・ヘリングは1988年に制定されたこの日のためにポスターを描きました。
人物がカラフルな部屋に一歩踏み出す、ポジティブなメッセージに溢れた絵は、今も私たちを勇気づけてくれます。

中村キース・ヘリング美術館では、このカミングアウト・デーにご参加の皆様とLGBTについて話して、考える、対話型の特別企画を開催いたします。
「カラフルラン AIDS WALK Kobuchizawa」を共同開催した「LGBTと、いろんな人と、いっしょに」を合言葉に活動を続ける認定NPO法人グッド・エイジング・エールズとのコラボレーションが再び実現いたします。

また、日本のLGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティにスポットライトを当て、様々なフォトグラファーがポートレートを撮影するプロジェクト・OUT IN JAPANよりフォトグラファー、レスリー・キー氏撮影による#001、#002の展示も同時開催いたします。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

151011HSAK.jpg

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ

2016年1月1日(金)~5日(火) 北杜市民特別ご招待のお知らせ

本年度も、2016年1月1日(金)から1月5日(火)まで北杜市民無料開放日を開催いたします。
例年ご家族で、ご夫婦で、ご友人同士で、お一人様で、北杜市内から多くのお客様にご来館頂いております。

2016_北杜市民特別ご招待のお知らせ.jpg

※ 期間中も日曜日14時からは、学芸員によるギャラリーツアーを開催しています。

北杜市にご在住の方はこの機会に是非、当館にお越しください。

by staff | 2017年1月15日  | お知らせ

北里大学特別栄誉教授大村智先生、ノーベル医学・生理学賞のご受章おめでとうござます。

女子美術大学の名誉教授でもあり、山梨県韮崎市には彼のコレクションを収蔵した韮崎大村美術館もあります。ヒーリングアートの実践の先駆けとして、日本で初めて、建築の段階から美術館のように絵画を展示できる病院もつくられた大村先生(北里大学メディカルセンター)。

当館の中村館長も同じ山梨県の出身であり、新薬の開発で世に貢献をしてきました。
サイエンスとアートは意外と近いところにある、と語る中村館長。サイエンティストとしても、アートについてもこだわりをもった共通点も多いお二は、今年の春に対談をおこなっています。 
※ シミックホールディングス株式会社 社内報掲載(2015年春)

大村智先生.jpg

大村先生.jpg

by staff | 2017年1月15日  | スタッフ日誌