『 Keith Haring Muralism: Dancing at the Wall vol.2 SASU 〜Chance occurrence: toward HITOTZUKI〜 』2014.9.1〜 Nakamura Keith Haring Collection Curators' Selection 008

photo by VALEM
sasu-ok.jpg

Nakamura Keith Haring Collection Curators' Selection 008
Keith Haring Muralism: Dancing at the Wall vol.2 SASU
〜Chance occurrence: toward HITOTZUKI
2nd Stage Monday, September 1st, 2014 - Monday, January 5th, 2015
Nakamura Keith Haring Collection open air
Special cooperation: Keith Haring Foundation

1st Stage Monday, April 28th〜 in early September
Keith Haring Muralism : Dancing at the Wall vol.1 KAMI
for more information ☞ here

From the walls of downtown New York to Berlin, Melbourne and Pisa, Keith Haring had created murals since 1982. While the "Crack is Wack" mural in New York sends out a powerful social message, Keith has also created murals with contemporary graffiti artists and children. Much like his Subway Drawings, the mural was a connection with the public as well as an extraordinary means of communication. In this exhibition, two Japanese artists who keep Keith's muralism alive, will create one mural at a time. Their medium is the temporary enclosures used for the museum's construction, expanding 100 meters in length.

KAMI, a pioneer of the Japanese street art scene and who makes work worldwide, created a splash in the first stage of the exhibition. His city-born waves merged with the rich nature of Yatsugatake, while also riding with the unique form of the museum architecture and the lively lines of Keith Haring's drawings. The mural evoked works by the Barnstormers, who create murals on sheds of tobacco farms. The exhibition term of KAMI's mural was extended due to popularity, and will now be joined by SASU, KAMI's artistic partner and the other member of "HITOTZUKI".

In this second stage, SASU, a rare female figure in the Japanese street art scene, will give new life to the mural. According to SASU, "Painting, to the current me, may be about expressing the sensitive thinker in me who is raising two children, or the longing for something simple and peaceful in our hectic contemporary lifestyle." That peacefulness will emerge as a symmetrical symbol, merging with KAMI's wave and the seasons of Yatsugatake.

"HITOTZUKI is like a family name… There's a house, and in it exist the individuals KAMI and SASU." HITOTZUKI have always drawn simultaneously. However, for this exhibition, SASU will draw on an already finished mural by KAMI, a rare collaborating method for the two. Through this mural, HITOTZUKI continues to grow as a couple and as a family, while honoring each other's individuality.

This exhibition is a joint project by the Nakamura Keith Haring Collection and en one tokyo. en one tokyo works on many street culture associated projects, such as at Gallery COMMON in Harajuku.


---

SASU
Born in Tokyo, SASU uses rich colors and has an elegantly balanced style through which her ever evolving spirit is expressed. Symmetrical and drawn by free hand, SASU's creation process reflects both her strength and weakness, her sensitivity and boldness, creating a balance between the conflicting but co-existing nature of the artist. In recent years, SASU has worked with partner KAMI as "HITOTZUKI", creating public and private murals in Japan and abroad. The two have collaborated with various brands and companies such as NIKE, Hermes, Agnes B and Panasonic, adding color to daily life through the creation of murals.

Barnstormers
Formed in 1999 by David Ellis, The Barnstormers started by painting murals in the sheds of tobacco farms of North Carolina, where Ellis is from. Most of the members were artists working in New York, and the group based itself in Williamsburg, Brooklyn. KAMI was an original member, while SASU joined in 2000. The Barnstormers painted together almost like a band would play music, making a big impact on the street art scene. The group also used the time lapse method, a method rare at that time, to record itself on many motion painting videos, such as "Watching Paint Dry".

HITOTZUKI
The collaboration work of KAMI and SASU from 1999,
aimed at expanding the stage for creativity rooted in the dimension of street culture.
Their distinctive worldview stems from the fluid interaction between the dynamically flowing curves fashioned by KAMI, and the strong and flamboyant symmetric motifs engineered by SASU.
This vision breaths new life into the sense of beauty derived from the street, and has succeeded in invigorating the era with a steady stream of vivid new landscapes. The pair views art as lying in the domains of their everyday lives, and while based in Tokyo, continues to lead a lifestyle interspersed with creative journeys around Japan and to overseas.
"HITOTZUKI", stands for the sun and the moon, being contrary to one another,
they differ yet fuse together. Through their ideology, depicting scenery from their lifestyle and feelings.


by staff | 2017年3月23日  | 

KAMI's Motions from 中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション008『 Keith Haring Muralism:Dancing at the Wall vol.1 KAMI 』

KAMI gif700.gif
KAMI gif3-2.gif
KAMI gif2.gif
第1期 2014年4月28日(月)〜9月上旬
Keith Haring Muralism : Dancing at the Wall vol.1
KAMI展 ☞ 詳細はこちら
GIF animation by Ikumo Motosugi

by staff | 2017年3月23日  | スタッフ日誌

中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション008『 Keith Haring Muralism:Dancing at the Wall vol.2 SASU —Chance occurrence : toward HITOTZUKI— 』展

For English version, see here → http://goo.gl/Tg6deP

photo by VALEM
sasu-ok.jpgのサムネール画像

中村キース・ヘリング美術館 curators selection 008
Keith Haring Muralism : Dancing at the Wall vol.2
SASU 展 —Chance occurrence : toward HITOTZUKI—
会期:第2期 2014年9月1日(月)〜2015年1月5日(月)
会場:中村キース・ヘリング美術館 屋外
特別協力:Keith Haring Foundation

*第1期 2014年4月28日(月)〜9月上旬
Keith Haring Muralism : Dancing at the Wall vol.1
KAMI展 ☞ 詳細はこちら

キース・ヘリングは1982年からニューヨークのダウンタウンの壁画をはじめ、ベルリン、メルボルン、ピサなど世界中で壁画(mural)を制作し続けました。「Crack is Wack」(ニューヨーク)のような社会的なメッセージを込めたものから、同時代のグラフィティアーティストや子どもたちとのコラボレーションなど、キースにとって壁画制作は公共との接点であり、サブウェイドローイング同様、最高のコミュニケーションのミディアムだったのです。本展は2期にわたり、キース・ヘリングの壁画のイズム(muralism)を継承する日本人アーティストによる、長さ約100メートルの壁画が工事現場用仮囲いに展開されます。

第1期では、日本のストリート・アートシーンの開拓者であり世界的に活躍するKAMIの街中の日常から生まれたウェイヴが八ヶ岳の大自然に介入し、美術館の建築、キース・ヘリングのドーローイングのラインとも対話し、新たな波動が出現しました。それはオーガニックな時の流れの中でタバコ農園の納屋に壁画を描くBarnstormers * の活動をも彷彿とさせるものでした。日々様々な表情を魅せるKAMIの壁画は、好評につき会期延長が決まり、"HITOTZUKI" * としても欠かすことのできないパートナーであるSASUが加わることになりました。

第2期となる本展では、日本のストリート・アートシーンでは紅一点、その土壌を築き上げてきたSASUの息吹が壁画に彩られます。「今描くことは、二児の子育てをはじめ、日頃から多くの事を考える多感な自分、そして現代の生活の喧噪のどこかにシンプルで単純明快な憩いを求めて表現していく行為なのかもしれない」とSASUはいいます。その憩いは、ここ八ヶ岳の大自然の春夏秋冬を感受しながら、KAMIのウェイヴと重なり合い、シンメトリーなシンボルとして現れます。

「HITOTZUKIはファミリーネームのような感覚がある…。ひとつの家があって、そのなかにKAMI&SASUという個々のアイデンティティも確立されている」これまでHITOTZUKIとしての制作は二人同時に描いてきましたが、既に完成されたKAMIの壁画にSASUがエッセンスを加え、個々のアイデンティティを尊重しながら制作するという異例のスタイルは、今回が新たな試みとなります。二人が夫婦として、また家族として共に歩む人生とともに、互いの個性を改めて確かめ合うかのように、着実に進化し続ける、HITOTZUKIの世界観をお楽しみください。

本展は、原宿にあるGallery COMMONをはじめストリートのシーンで様々なプロジェクトを手がけるen one tokyoの協力のもと、当館との共同企画により開催されます。

-----

SASU (プロフィール)
東京都出身。豊かな色彩と優美なバランス、移り変わる心の景色を直感的に色と形で表現し、独自の手法でシンメトリーに描き出す。強さと優しさ、繊細さと大胆さ、彼女の中にある様々な両極の存在や矛盾を単純化させ、シンプルでバランスのとれた一つの形に表現することは彼女自身の生き方のテーマであり、その願いが純粋な結晶となり作品として表現されている。また、"HITOTZUKI"としてもパートナーであるKAMIと共に国内外様々な場所での壁画制作を精力的に展開。公共壁面からプライベート壁面、そしてNIKE, Hermes, Agnes B, Panasonic 等多岐に渡るブランドや企業とのコラボレーションプロジェクトなどにも参加し、外壁を使い日常生活に彩りを添える活動を展開している。

*Barnstormers (バーンストーマーズ)
デイヴィッド・エリスによって1999年に結成。彼の故郷でもある米国ノースカロライナ州のタバコ農園の納屋に壁画を描く活動で始まったBarnstormersは、主にニューヨーク在住の個々に活躍するアーティスト達が中心に集まり、ブルックリンのウィリアムズバーグを拠点に活動を展開。KAMIはオリジナルメンバーの一員であり、SASUも翌年2000年より参加。まるでバンドのように集団でペインティングを描いていく画期的なスタイルはストリートアートのシーンにも大きな影響を与え、当時ペインティング作品の記録映像としては非常に稀なタイムラプス手法を使ったモーションペインティングの映像作品を数々と残し、代表的作品“Watching Paint Dry”は伝説となった。

*HITOTZUKI (ヒトツキ)
アーティストKAMIとSASUによるHITOTZUKI。 壁画制作を中心に活動する二人は1999年に共同制作を開始。
KAMIのダイナミックに流れる曲線と、SASUの強く華やかなシンメトリーのモチーフが交差して描かれる独特な世界観は、ストリートカルチャーから派生した美の意識に新たな風を吹き込み、時代に新しい風景を残してきた。太陽と月を意味するHITOTZUKI(日と月)には、男と女、+と−、陰陽など相反する二つが調和し新たな世界を創るという制作の意が込められている。

by staff | 2017年3月23日  |