menu

この夏は、キースの美術館であそぼう!

中村キース・ヘリング美術館では夏休みの期間【2014.7.20 〜 8.31】子ども対象のご招待券を発行しています。
幼少期から絵を描くことが大好きだったキースは、日本をはじめ世界中で子どもたちとのワークショップも開催していました。
この夏は、キースの美術館であそびましょう!

子どもご招待券_2014-1.jpg

上記ご招待券をプリントアウトしてご持参いただくと、0歳児から中学生のお子さまは無料でご入館いただけます。大自然美しい小淵沢に、是非、お越しください!

by staff | 2017年1月15日  | 

『 Takuya Yamashita〝museum〆an〟 』2014.7.21→2015.1.5 Nakamura Keith Haring Collection Curators’ Selection 009

YAMASHITAomote.jpg

Nakamura Keith Haring Collection Curators’ Selection 009
Takuya Yamashita〝museum〆an〟』
Monday, July 21st, 2014 ~ Monday, January 5th, 2015

The Nakamura Keith Haring Collection is proud to present Curators’Selection 009 “Takuya Yamashita museum〆an〟”.
Takuya Yamashita has used forgotten characters and mascots as motifs to challenge the question of autonomy in the traditional history of sculpture and to pursue his interest in the concept of revival (resurrection, rebirth, reconstruction), while also integrating into his work the functions of both time and space. In “Oil which disperses in rain feat. for YOKOHAMA”, an installation of woodblock prints whose printing block was carved right into the floor of the exhibition room, the artist uses a soccer team mascot that is no longer used as his motif. This work was created in 2013, and was presented at the Aichi Triennale held in the same year.

His new work created for this exhibition also uses an Olympic mascot, an existence that will be forgotten as soon as the Games are over, as its motif. Yamashita claims to revive the character as one would summon a spirit in a contemporary Japanese video game or a fantasy story. The materials for the work will be the black wooden outer walls of this museum, which will be taken down for the expansion construction of the gallery due next year. Yamashita’s artwork, which reaches five meters in height, transforms a part of Atsushi Kitagawara’s architecture and gives it new life.
This three dimensional work is titled “museum〆an”, and is read “museum shimen”, loosely meaning “museum superman”. “〆”, which is pronounced “shime”, means “to close” or “to finish” in Japanese. Created in the intertwining of space and time, Yamashita remixes and recreates the walls to “bring a close to the past museum and change it into something new”.

Watch as the young, emerging artist Takuya Yamashita summons “museum〆an”, and enjoy the pure existence of the sculpture that he launches into the mountains of Yatsugatake.

by staff | 2017年1月15日  | 

中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション009『 山下拓也/Takuya Yamashita〝museum〆an〟 』 開催 ! 2014.7.21 → 2015.1.5

For English version, see here→ http://118.82.80.197/news/2014/07/-takuya-yamashitamuseuman-2014.html

YAMASHITAomote.jpg

中村キース・ヘリング美術館 キュレーターズ・セレクション009
山下拓也/Takuya Yamashita〝museum〆an〟』展
会期:2014年7月21日(月)〜2015年1月5日(月)
会場:中村キース・ヘリング美術館 杜のアプローチ、館内小スペース(The Gallery)

中村キース・ヘリング美術館では、キュレーターズ・セレクション第9回目となる「山下拓也/Takuya Yamashita 〝museum 〆an〟」を開催いたします。
 山下拓也はこれまでに、忘れ去られたキャラクターや使用されなくなったマスコットなどをモチーフとして、伝統的な彫刻史の自立性への問いと、リバイバル(復活・再生・復興)への関心を、場所や空間が持つ機能を同時に取り入れ、作品を制作することで探求してきました。あいちトリエンナーレ2013では、なくなってしまったサッカーチームのキャラクターを基調とし、作品展示空間の床面に直接版を掘って刷り上げた木版画によるインスタレーション《雨に散る油 feat.横浜の》を発表しています。

 本展のために制作される新作もまた、開催終了後には直ちに世間からは消え去ってしまうオリンピックのキャラクターが根底とされています。山下は、現代日本ゲームやファンタジーの世界で魔物を呼び出すかのように、そのキャラクターを復活させるといいます。また、素材には当美術館が2015年に向けた展示会場の拡張工事時に解体される外壁を再利用することを着想。高さ約5メートルに及ぶ本作品は、北川原温設計の建築物がトランスフォームし、新たな生命を得たかのような物体として出現します。それは「過去のミュージアムを一度完結させ、新しいものに変わる」という意味を込め〝museum〆an〟《みゅーじあむ(し)めーん》と名付けられ、山下が編んでいく新たな時空と場の関係性のなかで創造されます。

 八ヶ岳の地にポップに召喚する〝museum〆an〟。新進気鋭の若手アーティスト山下拓也が放つ新たな立体物の存在感をお楽しみください。

by staff | 2017年1月15日  | プレス

display merchandise... by HIRAKU !

NewYorkパトリシア・フィールドの店長さんも勤められていた、HIRAKUさんにより、美術館のショップ・ディスプレイがリニューアルされました!ステキで楽しい空間に!是非、遊びにお越し下さい♬

shop_HIRAKU_1.JPGshop_HIRAKU_2.JPG

by staff | 2017年1月15日  | プレス