Nakamura Keith Haring Collection Exhibition 2013 "Keith Haring and the Pop World: Retrospect"

日本語版はこちら

retrospect.jpgのサムネール画像

Keith Haring "Retrospect" 1989
©Keith Haring Foundation

Nakamura Keith Haring Collection Exhibition 2013
"Keith Haring and the Pop World: Retrospect"
Sat. March 16th, 2013〜Mon. January 6th, 2014
Open Everyday


In this year’s exhibit “Keith Haring and the Pop World: Retrospect,” we will be reexamining the 80s Pop World that Keith created in NYC and launched globally.

In this exhibit, we will be showing Keith’s “Painted Tarpaulin (from Kochi Prefecture Museum), which he exhibited during his first solo exhibit at the Tony Shafrazi Gallery in 1982. Tarpaulin is a sheet that is used to protect cargo from rain on the back of a truck, and Keith used it often as his canvas. Keith wasn’t concerned with the concept of a “canvas” and used anything around him that he found useful. When this was shown in NYC, Keith was already well known for his “subway drawings” that permeated it’s subway system. His “subway drawings” were different from the bombastic graffiti tagging style that was the main stream in the street art world. In a sense it was political art for the masses. In the Shafrazi exhibit, Keith not only exhibited drawings, sculptures and paintings, but also drew all over the walls, creating a club-like atmosphere within the gallery. In a way, he redefined the concept of a “gallery” and the gallery experience.

Also, this year we will be showing one of Keith’s masterpieces “Retrospect” for the first time from our collection. Produced in 1989, the same year Japan started a new era by the crowning of the Heisei Emperor, the Berlin Wall collapsed, and the Tiananmen Square Protests broke out. In America the Cold War was at an end and the presidency shifted from Reagan to George H. W. Bush. Unlike the debt ridden America, Japan was experiencing a great economic growth. The quality of its products were surpassing that of America’s, thanks to its superior technology. 1989 was also the end of the tumultuous 80s, the end of Keith’s creative career. This particular piece is a retrospect of Keith’s career, a uniquely pop reaffirmation of his belief. His art that he spent years depicting over and over are all infused in one masterpiece. It was a challenge for Keith to keep pushing his boundaries and try to grow as much as possible out of his box while he had time left to live. Every cell in the piece is a depiction of Keith’s life, a life of movement.

by staff | 2017年5月16日  | 

中村キース・ヘリング美術館2013年度コレクション展 「キース・ヘリングとポップワールド:レトロスペクト」

For English, see here

retrospect.jpgのサムネール画像

キース・ヘリング《レトロスペクト》1989年
©Keith Haring Foundation

中村キース・ヘリング美術館2013年度コレクション展
「キース・ヘリングとポップワールド:レトロスペクト」
会期:2013年3月16日(土)〜2014年1月6日(月)
会期中無休

本年度の展覧会「キース・へリングとポップワールド:レトロスペクト」では 80年代のニューヨークから世界へ羽ばたいたへリングが築きあげたポップ・ワールドを再考します。

今展では1982年にトニー・シャフラジ画廊で初の個展に出品した防水布に描いた貴重な絵画作品(高知県立美術館収蔵)を披露いたします。防水布はトラックなどの荷台に使用されるシートで、へリングはこの素材をよく用いました。伝統的なカンヴァスに拘らず、彼は身近にあるあらゆる素材をあえてカンヴァスにしたのです。ニューヨークで個展が開催された当時、彼は地下鉄の黒紙が貼られた広告版にチョークで描いていく「サブウェイ・ドローイング」ですでにニューヨークのアート界に名が浸透していました。広告版への落書きは端的なメッセージで、当時のストリートアートの主流だったタグの要素の強い、グラフィティとは一線を引いていました。サブウェイ・ドローイングは大衆へむけた一種のポリティカル・アートだったといえましょう。シャフラジ画廊の個展ではドローイング、彫刻、絵画作品を単に展示するだけでなく、画廊中の壁に描写し、まるでクラブのような空間を作り、大きな話題を呼びました。これまでの絵画・彫刻の概念や、グラフィティの定義などにとらわれず、新しいスタイルの画廊展を提示したのです。

また今年はキース・へリングの版画作品中で大作の一つである「レトロスペクト(回顧)」もコレクションから初公開します。この作品が制作されたのは1989年。日本は平成となり、ベルリンの壁が崩壊し、四六天安門事件が起きた年です。アメリカでは冷戦が終結し、8年間に及んだレーガン政権が終わり、ジョージ・H・W・ブッシュが大統領に就任。巨額な赤字を抱えるアメリカとは裏腹に、日本のメーカーはその洗練された品質と技術でアメリカ製品を凌ぐようになっており、好景気が続いていました。そして89年という年は激動の80年代を生きたキース・へリングの芸術活動の終焉ともなりました。「レトロスペクト」はそれまでへリングが繰り返し描いてきた人間と動物を独自のポップなイメージとして簡潔に再現していますが、作品の中の一コマ一コマのどれもが動きのある生きた描写です。

by staff | 2017年5月16日  |