デザインで数々の賞を受賞した、小淵沢アートヴィレジのパンフレットをご紹介!

米国を代表する2011年 Print's Regional Desing Annual と、2011年 Logology 2 にてデザインの賞をいただいた、小淵沢アートヴィレジのパンフレットをご紹介いたします。小淵沢周辺の歴史、文化、観光スポットのガイドマップ付きです!。現在、中村キース・ヘリング美術館をはじめ、小淵沢アートヴィレッジ内で配布中です!デザインを手がけたのは、ニューヨークHinterlandのScott Buschkuhlさんです。
【お問い合わせ】Tel:0551-35-8712 E-mail:museum@keith.jp

hinterland_kobuchizawa01.jpghinterland_kobuchizawa04.jpghinterland_kobuchizawa02.jpghinterland_kobuchizawa03.jpg

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

「KEITH HARING DIARIES: A performance PART1」が開催されました

連続公演「KEITH HARING DIARIES: A performance PART1」が3月25日に4回、当館「闇へのスロープ」にて開催されました。ダンサーの篠原藍さん、サックス奏者の菅野浩さん、ウッドベースプレイヤーの田中洋平さんによる幻想的な公演となりました。

RIMG2456.JPGRIMG2458.JPG
「闇へのスロープ」の奥の方から演奏が聴こえ、パフォーマンスが始まります。

RIMG2468.JPGRIMG2464.JPG
演奏者もダンサーも「闇のスロープ」から徐々に前へ前へと出てきます。音楽の調子も変わり、ダンスも激しくなります。

RIMG2488.JPGRIMG2495.JPG
「スロープ」の両側から鑑賞が可能な作品。奥から見ると、パフォーマーのシルエットが浮かび上がり、非日常的な情景に魅了されます。

今回のテーマとなった日記抜粋箇所はヘリングが1986年7月7日に書き残したもの。「人生は壊れやすい。それは生と死の間の細い線だ。僕はその細い線の上を歩いている。(中略)僕は毎日死と向き合っている。」まさしくテーマに相応しい、緊張感と切迫感のある公演となりました。

PART1の映像を以下のURLでご覧頂けます。
http://www.youtube.com/watch?v=NMeyBEU9BBE

次回は5月4日(金・祝)、ヘリングの誕生日に「考える部屋」にて開催致します!

by staff | 2017年5月16日  | 

中村キース・ヘリング美術館の舞台裏:大空間『 希望の展示室 』照明の秘密。

 当館は、キース・ヘリング作品を単に展示するのではなく、彼の想いを受け継ぎ、未来へと続く希望と夢のメッセージを込め、闇から序所に希望の光へと導かれる空間を創出しています。 そして、空間の要となる照明の調整が、実はとても大変な作業なのです。

 光の調整はとても感覚的なものなので、 中村和男館長とスタッフ間で、何度もディスカッションを重ねながら、なんとか理想の光を求めて、照明の調節が進められて行きます。特に見所のうちのひとつといえる『希望の展示室』は、夜の闇をぬけた日の出の光と同じ照度に設定されています!( 大成建設株式会社により2007年2月17日6時31分、山梨県甲府で測定された、日の出時刻とほぼ同じ頃の照度500Lx )

『 希望の展示室 』に足を踏み入れたとき、あなたはどのような光を感じとることができるのでしょうか.... 是非ご体感ください!

RIMG2377.jpgP1040166.JPG

P1040161.JPGP1040163.JPG

明るさの時刻変化測定.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

キュレーターズ・セレクション001「Keith Haring: Descriptions of Movementー動きの描写ー」

FINALmouvement表チラシ3.jpg
《無題(ピープルズ・ラダー》1985 年
©Keith Haring Foundation

English below↓

中村キース・ヘリング美術館は 2012 年、開館5周年を迎えます。記念企画として、当館キュレーターが 多角的な解釈で作品を選び、シリーズで展示をする「キュレーターズ・セレクション」を開催いたします。

第1回目は「Keith Haring: Descriptions of Movementー動きの描写ー」です。

ニューヨーク地下鉄の使用されていない広告版 に白いチョークで絵を描く、サヴェイドローイ ングで一躍有名になったキース・ヘリング。 警察に捕まらないようにするためには急いで絵 を描かなければならず、そこで磨かれたドロー イングにおけるスピード感は、ヘリング作品に 一貫した躍動する線を生みました。同時に、その 躍動する線はヘリング特有の動きの描写を創造 しています。頭部が合体しアーチをつくる 2 人、 軟体動物のようにブリッヂする人、貫通し合う 人の身体..... 現実世界では不可能な人の動きが、 ヘリング作品の世界観では活き活きと観る者を 魅了します。本展では全 8 作品より、この動き の描写に着目し、新たなキース・ヘリングの 魅力をお届けします。

キュレーターズ・セレクション001
「Keith Haring: Descriptions of Movementー動きの描写ー」
会期:2012 年 3 月 17 日(土)~ 5 月 16 日(水) 10:00〜17:00
会場:中村キース・ヘリング美術館「自由の回廊」
入場無料 (要入場券「バイブルの無い教会ーポップ・神話・ワンダフルワールド」展)

【出品作品リスト】
1. 《 無題(ピープルズラダー)》1985年 マーカー/紙 73×58.5cm
2. 《 無題 》1982年 インク/紙 102×76cm
3. 《 無題 (ラッキーストライク)》 1987年 シルクスクリーン/紙 29×21cm
4. 《 無題 》1983年 シルクスクリーン/紙 106×127cm
5. 《 無題 》1987年 リトグラフ/紙 28×37cm
6. 《 ポップショップ Ⅱ 》1988年 シルクスクリーン/紙 30.5×38cm
7. 《 ポップショップ Ⅱ 》1988年 シルクスクリーン/紙 30.5×38cm
7. 《 ポップショップ クアド Ⅵ 》1988年 シルクスクリーン/紙 56×76cm

The Nakamura Keith Haring Collection celebrates its fifth anniversary this year. In commemoration, the curator team has selected several works from the collection, aiming for a diverse interpretation of Haring. This “Curators’ Selection” will be held four times a year. “Keith Haring: Descriptions of Movement” is the first exhibition.

Keith Haring became famous with his Subway Drawings, a series of work drawn with chalk on abandoned billboards of the New York City subway platforms. To escape from the police, Haring needed to draw very quickly, giving birth to speed in his drawings. Lines full of vibrant energy can be seen in his work, a characteristic trait only Haring could realize. In Haring’s work, heads seal together in the form of an arch, figures bend over like mollusks, and bodies pierce into one another, fa- scinating viewers with movement impossible in real life. In this exhibit, 8 works have been selected focusing on Haring’s description of movement. We hope this will bring to light a new side of Haring’s spirited oeuvre.

Curator's Selection 001
"Keith Haring: Descriptions of Movement"
Saturday, March 17th, 2012 - Wednesday, May 16th
Free admission with tickets to "Universal Prayer: Pop, Myth and a Wonderful World"


1. Untitled 1985 marker on paper 73×58.5cm
2. Untitled 1982 ink on paper 102×76cm
3. Untitled (Lucky Strike) 1987 Silkscreen 29×21cm
4. Untitled 1983 Silkscreen 106×127cm
5. Untitled 1987 Lithograph 28×37cm
6. POPSHOP Ⅱ 1988 Silkscreen 30.5×38cm
7. POPSHOP Ⅱ 1988 Silkscreen 30.5×38cm
8. POPSHOP Quad Ⅱ 1988 Silkscreen 56×76cm

by staff | 2017年5月16日  | プレス

NICHOLAS KIRKWOOD × KEITH HARING !! ロンドンより到着!

NICOLAS KIRKWOOD × KEITH HARING の靴がロンドンより到着しました。スワロフスキーでキースの絵があしらわれたブーツなど、まるで彫刻作品のような品々で素敵です!当館では全12種類のうち、貴重な7点は展示室で公開、他4点は店頭で発売開始となります。ぜひ、この機会をお見逃しなく!
【お問合せ】中村キース・ヘリング美術館 Tel: 0551-36-8712 / museum@keith.jp

nicholas kirkwood.jpg

by staff | 2017年5月16日  | プレス

Series:【Keith Haring and Japanese Culture -2- 】Nakamura Keith Haring Collection celebrates its 5th Anniversary!

Japanease・click here

On April 25th, 2012, the Nakamura Keith Haring Collection will celebrate its 5th anniversary. In commemoration, we bring to you "Keith Haring and Japanese Culture", a serial which will run in four parts. In this series, we seek a new interpretation of Keith Haring, discussing why the world's only Keith Haring museum was built, not in Tokyo, but on the soil of Kobuchizawa of Yamanashi Prefecture in Japan.

This series is taken from "Nakamura Keith Haring Collection: Approaching Primeval Energy" published in April 24th, 2012. This book describes in detail the philosophy of our museum.

Keith Haring and Japanese Culture -1-

-----------------------------------------------------------
【Keith Haring and Japanese Culture -2- 】
-----------------------------------------------------------

Y – Christina, you said you were quite moved when you visited the Idojiri ruins nearby.

L – In Vancouver there is a famous anthropology museum, and the Haida tribe aboriginal crafts there were quite similar to the Jomon period frogs and aboriginal totem poles that I saw at the ruins here – it made quite an impression on me. What surprised me even more is that when you enter this museum the first thing that you see is the totem pole – that was very surprising.
The other thing that surprised me is the hot spring spa that is connected to the garden of the museum.

N – To me the hot spring is the energy of the magma itself, and is also a symbol of life.

D030_KEYF_312_503p_S_th.jpgKOBUCHIZAWA ART VILLAGE
Relaxation Spa KUROTEL

Y – The spa was designed by Atsushi Kitagawara, as was the museum.
The totem pole that Keith made is similar to the objects that aboriginal people use in their ceremonies. How do you feel that it relates to the Jomon period, Mr. Nakamura?

N – Yes, from a scientific and genetic viewpoint, it is thought that the first persons to set foot in Japan as man dispersed from Africa about 10,000 years before what we now call the Jomon period were in fact the Jomon people, and again this is from a genetic standpoint. As is well-established now, the next to arrive came from the continent. More specifically they came from Korea, and to put it extremely, genetically the Jomon people parted ways – towards Hokkaido in the north and Kyushu in the south, and that is in the roots of Japanese people today. The Jomon people had thick eyebrows and hair and bushy beards. After that, the people who came into Japan had thin and flat eyebrows, and that is where our roots are.
Most likely because of those shared origins, the culture of the Jomon period greatly resembles African art. There are very unexpected artifacts that come out of the Jomon ruins, that resemble African art – isn’t this African art? How do these things that are so different from my sensibilities come from here?
Also, they find things that show how the people of the Jomon period were very aware of the universe and the four seasons and such. Keith also seems to have been influenced by African art and was quite aware of the pyramids and spaceships and such. Here you can feel a similar kind of power, and vitality.

NO2_1.JPG"Untitled" 1983
Silkscreen/Paper
106 x 127 cm
© Keith Haring Foundation
Nakamura Keith Haring Collection

N – As a result, although the question of where Japanese people came from is an archeological question and a difficult one, if you only look at it scientifically there is no doubt that the Jomon people are descended from Africa and brought that culture with them. As you keep going back in history, there are definitely things that resemble African art, and there is also a similarity to Keith’s works. And it’s a fact that the Jomon people were in Kobuchizawa.
But the work of scientifically tracing our roots one step further has yet to be done.

L – Yes, aboriginal art as icon is, very simply, incorporated into many things.

・・・To be continued in【Keith Haring and Japanese Culture -3- 】
Text:Emiri Sakurabayashi , Kana Shimohigashi

20864635.jpg【Nakamura Keith Haring Collection: Approaching Primeval Energy】
Chief Director:Kaoru Yanase
Translator:Sawako Nakayasu、Gergana Ivanova、Dan Weber
AD+D:Hinterland
Editing:Yutaka Mikami (Wako University)、Emiri Sakurabayashi (Nakamura Keith Haring Collection)
Printing/Binding:Cohber
Published date:April 24, 2010
Published by:Kazuo Nakamura
W 178× H 254× D 9
92 pages
Language:Japanese/English

by staff | 2017年5月16日  | プレス

【連載 第2回:キース・ヘリングと日本文化】中村キース・ヘリング美術館 開館5周年記念企画

English・click here

中村キース・ヘリング美術館は2012年4月25日、開館5周年を迎えます。記念企画として【 連載 全4回:キース・ヘリングと日本文化 】をお届けいたします。 世界で唯一のキース・ヘリングの美術館が、日本という国の山梨県は小淵沢という土地にできた意味と、そこから創造される新たなキース・ヘリング解釈を求めて.... 本日は連載第2回になります!

※ この連載は、2010年4月24日に出版された当館のフィロソフィーがつまった書籍「アプローチング プライミーバル エナジー(太古のエナジーに向かって)/ 杜のなかの美術館」からの再録となります。
■ ご興味のある方は左記URLよりご購入いただけます■ http://pop-shop.jp/?pid=20864635

連載 第1回:キース・ヘリングと日本文化

---------------------------------------------------------------
【 連載 第2回:キース・ヘリングと日本文化 】 
---------------------------------------------------------------

梁瀬 -クリスティーナさんは、近くの井戸尻遺跡に行って感動されてましたよね。

ラフィン —バンクーバーの有名な原住民の博物館にあるハイダ族という原住民のクラフトのものと、遺跡で見た縄文時代のカエルや原住民のトーテムポールがかなり似ている部分があって、感動しました。さらに驚いたのは、この美術館に入ってすぐに見るのがトーテムポールだったので、とてもビックリしました。
もう一つ驚いたのが、美術館の庭につづいてあるスパの温泉です。

中村-僕にとって温泉は、マグマのエネルギーそのもので、生命の象徴でもあります。

D030_KEYF_312_503p_S_th.jpg小淵沢アートヴィレッジ
リラクゼーションスパ・クローテル

梁瀬 - スパの設計も、美術館の設計と同じく、北川原温氏によるものです。
キースがつくったトーテムポールは、まさに原住民が儀式に使うにたいますが、オブジェに
生命へのクラフトに似ているということですが、縄文時代に関しては、館長いかがでしょうか。

中村 - そうですね、縄文時代は、サイエンスの面からも遺伝子の面からも、今いわれている縄文時代の1万年くらい前に、アフリカのほうから世界に散らばり日本に最初に入ってきたといわれているのが、縄文人なのではないかと、遺伝子の面からも言われています。その後に入ってくるのがご承知のとおり、大陸ですね。とくに韓国から入ってきまして、極端に言うと、遺伝子の面からは、縄文人が北海道と九州、北と南に別れて、そのなかに今の日本人のルーツが入っているわけですね。縄文人は、眉や髪が濃く、ひげもしゃで。その後に、日本にはいってきたのが眉がうすくひらべったいという私どものルーツ、といえるわけですけれども。
 そういう経緯があるせいか、縄文時代の文化って非常にアフリカンアートに似ているんですね。アフリカンアートに似て、縄文遺跡からとんでもないものがでてくるんですよ。これアフリカンアートじゃないの。何で僕の感性とこんなに違うものがでてくるんだろうなと。  
 もう一つ、縄文のころは、四季とかものすごく宇宙を意識しているものがでてくるじゃないですか。キースもアフリカンアートに影響されたようですが、結構ピラミッドや宇宙船だのすごく意識していますよね。ここに同じような力強さというか、生命力を感じています。

NO2_1.JPG無題
シルクスクリーン/紙 1983年
106 x 127 cm
© Keith Haring Foundation
中村キース・ヘリング美術館 蔵

中村 - ですから、日本人はどこからきたのとかいろんな問題があって、考古学のことなので難しい問題があるのですけれども、ただサイエンスの面からみると、縄文というのは間違いなくアフリカからでてきて派生した人々、文化をもってきた人々、どんどん歴史をさかのぼっていますけれども、そこにアフリカンアート的なものがあって、キースのものとの類似性がある。そして縄文人が小淵沢に居たんだというのは事実なんですね。
 ただ、なかなかサインエンスとしてはきちっと、もう一歩 ルーツを追いかける作業が、実際にはまだ行われていないのですが。


ラフィン - そうですね。原住民のアートはアイコンとして、ものすごくシンプルに、いろいろなものに取り入れられています。

・・・キース・ヘリングと日本文化 − 3 − に続く
Text:Emiri Sakurabayashi , Kana Shimohigashi

20864635.jpgのサムネール画像【アプローチング プライミーバル エナジー(太古のエナジーに向かって)/ 杜のなかの美術館】
総監修:梁瀬薫
翻訳:中保佐和子、ゲルガナ・イヴァノヴァ、ダン・ウェーヴァー

by staff | 2017年5月16日  | プレス

中村キース・ヘリング美術館 【受賞歴】  

2012年、中村キース・ヘリング美術館は開館5周年を迎えます。本日は、これまでの各種【受賞歴】を下記の通りご紹介いたします。

=建築=
2007年 山梨県建築文化賞 (日本)
2008年 村野藤吾賞 (日本)
2008年 アメリカ建築家協会 JAPANデザイン賞 (日本)
2009年 JIA 日本建築大賞 (日本)
2010年 日本芸術院賞 (日本)

=地域貢献=
2009年 山梨県北杜市善行表彰 (日本)

=デザイン・CD(近藤等則:Going Places for...Keith)
2009年 Print's Regional Design Annual (米国)

PRINT_Awards_Hinterland.jpgのサムネール画像hinterland_haring01.jpghinterland_haring02.jpg

=デザイン・パンフレット(小淵沢アートヴィレッジ)
2011年 Print's Regional Desing Annual (米国)
2011年 Logology 2 (米国)

Print Annual.jpeghinterland_kobuchizawa01.jpgのサムネール画像のサムネール画像hinterland_kobuchizawa04.jpg
Unknown.jpeg

by staff | 2017年5月16日  | プレス