連続公演「KEITH HARING DIARIES: A performance開催のお知らせ

わずか31年という短い生涯を送ったキース・ヘリングは、まるで生きた証を残すかのように綿密な日記も書き残していました。世界中を飛び回るキースの姿が浮かび上がってくると同時に、彼の葛藤や希望が赤裸々に語られた、大変貴重な資料と言えるでしょう。

そんな彼の日記を出発点に、連続公演「KEITH HARING DIARIES: A performance」を開催する運びとなりました。ダンサーの篠原藍さんを中心に、日記の抜粋をインスピレーション源にしたパフォーマンスを全4回繰り広げられます。第一回目は3月25日(日)に開催されます。毎回違う展示室で繰り広げられる刺激的なパフォーマンスに、ぜひ皆様ご期待下さい!

連続公演「KEITH HARING DIARIES: A performance」
PART 1『19860707』
日時:2012年3月25日(日)
   第1回:11:00/第2回:11:30/第3回:14:00/第4回:14:30  ※1日4回、15分程度
パフォーマー:篠原藍(しのはら・あい、ダンサー)、菅野浩(すがの・ひろし、サックス奏者)、田中洋平(たなか・ようへい、ウッドベースプレイヤー)
会場:中村キース・ヘリング美術館各展示室「闇へのスロープ」
日記抜粋箇所:人生は壊れやすい。それは生と死の間の細い線だ。
       僕はその細い線の上を歩いている。(中略)
       僕は毎日死と向き合っている。
定員:20名
参加費:無料(要美術館入館料)
ご予約/お問い合わせ:
 お電話 0551-36-8712
 メール:museum@keith.jp 
     ※メールでご予約の際はお名前・お電話番号・参加人数を明記下さい。

アーティスト・プロフィール
篠原さん②.jpg
篠原藍:2002年フランスに留学。その後コンテンポラリーダンスに転向。
2004年ダンスグループSHIN Eを結成。コンテンポラリー、ジャズ、フラメンコ、ヒップホップと全員が異なったジャンルのダンサーの集まりで『SPACダンス・フェスティバル』ファイナリスト。INSIDE OUTを発表。同作品で『横浜ダンスコレクションR』ファイナリストに選ばれる。2007年からイタリアのダンスカンパニー『Veronika riz dance company』にて、ダンサーとして活動。日本では定期的に『Dance café project』を展開。その他にもダンス公演の振付、自主公演を定期的に行う。http://ai-space.net

菅野浩:1973年生まれ。一時期Paul Desmond(as)に強く影響される。様々なミュージシャンと共演・セッションに参加。あらゆるジャンルにおいて、その独特の音色でのアプローチには評価が高い。2010年、自己のバンド「トーテムポール」で初リーダーアルバム「Emily」をリリース。NHK-FM「Session2011」出演。2011年 宮野裕司(as)との双頭バド'altalk'にて「Alto Talks」をCDとLPで同時リリース。NHK-FM「Session2012」出演。http://www.hiroshisugano.com

田中洋平:79年生まれ武蔵野美術大学の油絵科に入学とほぼ同時に同大学ジャズ研に入り、ジャズに魅了される。ギタリストとして活動していたものの、20才よりウッドベースを始め、在学中から都内のレストランやライブハウスでの演奏を始める。卒業を期にベーシストへ転向。様々なセッションを経て、現在はテリー水島(vo)植松孝夫(ts)大口純一(p)森澤郁夫(harm)大沼志朗(ds)等のセッションに参加しながら自身のバンドGravy Menでは独自の音楽の追求も行っている。


今後のパフォーマンス:
PART 2『19860707』
日時:2012年5月4日(金・祝)
   第1回:11:00/第2回:11:30/第3回:14:00/第4回:14:30
会場:「考える部屋」(闇の展示室)
日記抜粋箇所:子供達はシンプルで最高に幸福な形状でもって生を伝えている
       子供達は色を認識しない
       彼らがこれから人生においてゆっくりと蓄積されていく
       すべてのめんどうな問題 欲、憎悪にまだ染まっていないんだ
パフォーマー:篠原藍(ダンス)+ゲストアーティスト

PART 3『19880727』
日時:2012年7月22日(日)
   第1回:11:00/第2回:11:30/第3回:14:00/第4回:14:30
会場:「偶像の空間」(ジャイアントフレーム)
日記抜粋箇所:ヒロシマで起きたこと関する強烈な記録を展示した平和記念資料館を訪れる。
       この資料館を実際に訪れなければ原爆投下の威力を知る事は決してできない。
       写真家に付け回されてたから居心地悪かったけど、
       それにも関わらず僕が目の前にしているものに対するショックが和らぐことはなかった。
       子ども連れが多かった。
       勿論僕はヒロシマに関して読んだことはあったし、写真も目にしたことがあったけど、
       こんな風に感じことは初めてだった。
       これだけの破壊力をもった爆弾が1945年に作られたもので、
       その後いかに爆弾が進化し、また増加したことを考えると、
       信じられないほどだ。
       誰かにこんなことが再び起こる事を望むひとがいるだろうか。
       怖いのは、武力に対する議論がまるで玩具を扱っているかのように進められていることだ。
       どこかの安全なヨーロッパの国で机上の空論を繰り広げてないで、みんなここに来るべきだと思
       う。
パフォーマー:Ai Shinohara(ダンス)+ゲストアーティスト

PART 4『19840613』
日時:2012年9月22日(土・祝)
   第1回:11:00/第2回:11:30/第3回:14:00/第4回:14:30
会場:「希望の部屋」
日記抜粋箇所:マネーは魔法の逆 アートは魔法
       アートの世界はマネーと常に混ざっている
       この状態から生き残るには新しい方法のアートの魔法をかけなくてはならない
       魔法はいつだって絶対の勝利
パフォーマー:Ai Shinohara(ダンス)+ゲストアーティスト

by staff | 2017年5月16日  | 

"KEITH HARING DIARIES: A performance"

Keith Haring created not only countless works of art, but also left behind an elaborate description of his life through his diaries.

Dancer Ai Shinohara was inspired by these thoughts and confessions of Haring and created "KEITH HARING DIARIES: A performance". This is a series of performances which will be held at our museum 4 times, each performance based on a different diary excerpt and taking place at a different exhibition room.

The first performance will be held on March 25th. Don't miss it!

"Keith Haring Diaries: A performance"
PART 1『19860707』
To be held on: March 25th, 2012 from 11:00 am / 11:30 am / 2 pm / 2:30 pm (Total of 4 times)
Place: Nakamura Keith Haring Collection "Slope Towards Darkness"
Diary Excerpt: Life is so fragile. It is a very fine line between life and death.
I realize I am walking this line. Living in New York City
and also flying on airplanes so much, I face the possibility of death every day.
Performers: Ai Shinohara (Dancer), Guest Artist
Fee: Free with tickets to "Universal Prayer: Pop, Myth and a Wonderful World" exhibition
Reservations: Tel: 0551-36-8712
E-mail: museum@keith.jp

Artist Profile:
篠原さん②.jpg
Ai Shinohara: Studies in dance in France in 2002. Shifts to contemporary dance.
Organizes dance group SHIN E in 2004.
"SPAC Dance Festival" Finalist.
"Yokohama Dance Collection R" Finalist with dance piece "INSIDE OUT"
Dancer of "Veronika riz dance company" in Italy since 2007
http://ai-space.net (Japanese only)

by staff | 2017年5月16日  | 

Nakamura Keith Haring Collection celebrates its 5th Anniversary! Series:【Keith Haring and Japanese Culture -1- 】

Japanease・click here

On April 25th, 2012, the Nakamura Keith Haring Collection will celebrate its 5th anniversary. In commemoration, we bring to you "Keith Haring and Japanese Culture", a serial which will run in four parts. In this series, we seek a new interpretation of Keith Haring, discussing why the world's only Keith Haring museum was built, not in Tokyo, but on the soil of Kobuchizawa of Yamanashi Prefecture in Japan.

This series is taken from "Nakamura Keith Haring Collection: Approaching Primeval Energy" published in April 24th, 2012. This book describes in detail the philosophy of our museum.

【Keith Haring and Japanese Culture -1- 】

Round Table Discussion:Christina Laffin(Professor of the Department of Asian Studies, The University of British Columbia)×Kazuo Nakamura(Director of Nakamura Keith Haring Collection) [Moderator]Kaoru Yanase (Advisor of Nakamura Keith Haring Collection / Board Member of AICA) Held on Saturday, September 19th, 2009 at Nakamura Keith Haring Collection, Party Court.


N – It was around 1987 when I was on a business trip abroad that I first encountered Keith’s work. It was a painting called "People Ladder," depicting people sitting atop one another’s shoulders – for some reason I was very drawn to it. But I was shocked when I learned how much it cost. I wondered if it was right that it cost so much, but the gallery owner said I could pay in installments, so I ended up purchasing the painting. In my own way, I saw something really pleasant in it. It’s easy to understand. The most important thing is that in many of his paintings, people are in relation to each other. People cannot live alone – they have relationships with others. They involve others, and there’s a sort of movement in that. I must have been very interested in that kind of depiction.
And then from there, I was hooked. I kept collecting his works, struggling with the thought that I would go to ruins if I kept spending my money on Keith. At some point I decided that this shouldn’t just be for myself, and that I wanted to share it with others – but I think that I felt something in his paintings that others do not feel. That there was something behind them. That they weren’t simply cheerful images, but that he painted with such sensitivity, such psychology. Perhaps this is a characteristic of Japanese people – to look deeper into things.


editions85_p41.jpg"Untitled (People's Ladder)" 1985
Lithograph
101.5 x 81 cm
© Keith Haring Foundation
Nakamura Keith Haring Collection

L – When you first see Keith’s paintings, the simplicity is very attractive. And then the deeper messages behind the work come out gradually.
When I spoke about Keith to my mother back in Canada, it made her very happy. She’s a woman of the 60s. She knew that Keith Haring was a very influential artist, but my brother, who is ten years younger than me, had never even heard of him. He said he wasn’t interested, saying it was the kind of art a three-year-old could make. But as he looked at the pictures my mother showed him, he seems to have gradually come to see that it wasn’t so superficial.

N – When I was first setting out to build this museum here, there is something that the people from the [Keith Haring] Foundation in the US said. I was insulted – they doubted whether a Japanese person could truly understand his work. And they kept asking, why Kobuchizawa? We’ve never heard of Kobuchizawa; isn’t it out in the middle of nowhere, they said, claiming that it was impossible to understand [his work] outside of the urban environment. They said it would make more sense if it was in Tokyo, but they were very reluctant about building it here.

Y – Yes, because Keith was someone who stormed his way through New York in the 80s – when it was a chaotic place, and sex and drugs and violence were widespread – of course AIDS was part of that too – it was a time when pleasure and death were two sides of the same coin. You could say that those works of his came to be only because it was that kind of time and place.
But why should we be limited to perpetuating this legend from the 80s? Mr. Nakamura is very interested in exploring what happens when you use Keith’s paintings as a medium – thinking about how we interpret the messages that we draw from them, and how we transmit these messages to future generations.
It means that he chose to build here so that it wouldn’t just be confined to its historical place in the 80s, or for the purposes of art criticism.
Japan has always had a kind of two-dimensional aspect, in the work of Hokusai, for example. I’d like to ask Christina to talk about literature, as well as the fact that Keith had long been interested in manga culture. But what’s at work here is that even if you’re looking at these two-dimensional works of his, you seek out the elements that lie deeper within. What do you think?

L – When I first heard about the museum, I also thought that there was something suspect about his connection to Japan. I wondered why this was being built here.
There is a lot of evidence regarding how Japanese culture and literature had influenced Keith. When you read his diary you see that he was attracted to Japanese calligraphy. He also made his Tokyo Pop Shop in Japan, and it’s apparent that he had had quite a lot of interactions with Japan.
But what’s more important is the question of why there is a Keith Haring museum here, and whether it has meaning. That is to say, how will his message get transmitted. If you look back towards traditional Japanese culture and literature, first you might study waka – but if you read waka as a foreigner there’s something very unnatural about it. With haiku, too, what you evoke is very different from what Japanese people of the time were seeing. If you were an intellectual to some degree, you would know that waka is a medium for love, as it’s also a means of simply sending a message, as with a letter. It was also used to simply express feelings of sadness or regret, like you can see in the Izayo nikki. Waka was used as material for a variety of things. I think that this is the manner in which I would like to continue to study Keith’s works.


B006_KEYF_041A_221n_S_th.jpg Slope to Darkness
"Untitled (Haring Totem Pole)" 1989
Concrete
108.7 x 55× 5 cm
© Keith Haring Foundation
Nakamura Keith Haring Collection

N – What I’m always thinking is that elements like the title of a work can be rather secondary. What’s important is to simply look, and feel something.
Also, perhaps even more than the work itself, I want to understand the times that he lived in and stormed his way through in his youth – those times were filled with so much energy – I want to understand his worries and anxieties.
Right now, I think we feel a kind of listlessness. There’s no one around who’s fiery, no one who’s really kind of out there, madly futuristic. I want to be able to share the energy that I myself received from Keith Haring – the things he was trying to tell me – and connect it all with our hopes and dreams.
As we were talking about just before – why Kobuchizawa – there is a place here called Yatsugatake, where the Jomon culture once flourished. It’s a site of tremendous life force – if you go backwards in time, you could say that it’s reminiscent of the energy of the city where Keith once lived – you find here something fundamental – of nature, or even of the universe. So it’s not about Keith’s individual pieces, and about transmitting them from a city – Tokyo or New York – but my hope is to transmit from this land something simpler, like our hopes and dreams.

L – Keith wrote in his diary that in his current life he can be interpreted as a New Yorker, but in his past life he was a Japanese painter. He was quite aware of these things – that’s to say, if he was a Japanese painter in a past life, perhaps we can even place him in Kobuchizawa in his next life.

・・・To be continued in【Keith Haring and Japanese Culture -2- 】
Text:Emiri Sakurabayashi , Kana Shimohigashi


20864635.jpg【Nakamura Keith Haring Collection: Approaching Primeval Energy】
Chief Director:Kaoru Yanase
Translator:Sawako Nakayasu、Gergana Ivanova、Dan Weber
AD+D:Hinterland
Editing:Yutaka Mikami (Wako University)、Emiri Sakurabayashi (Nakamura Keith Haring Collection)
Printing/Binding:Cohber
Published date:April 24, 2010
Published by:Kazuo Nakamura
W 178× H 254× D 9
92 pages
Language:Japanese/English

by staff | 2017年5月16日  | 

中村キース・ヘリング美術館 開館5周年記念企画【連載 第1回:キース・ヘリングと日本文化 】 

English・click here

中村キース・ヘリング美術館は2012年4月25日、開館5周年を迎えます。記念企画として【 連載 全4回:キース・ヘリングと日本文化 】をお届けいたします。 世界で唯一のキース・ヘリングの美術館が、日本という国の山梨県は小淵沢という土地にできた意味と、そこから創造される新たなキース・ヘリング解釈を求めて....   

※ この連載は、2010年4月24日に出版された当館のフィロソフィーがつまった書籍「アプローチング プライミーバル エナジー(太古のエナジーに向かって)/ 杜のなかの美術館」からの再録となります。
■ ご興味のある方は左記URLよりご購入いただけます■ http://pop-shop.jp/?pid=20864635

【 連載 第1回:キース・ヘリングと日本文化 】 

座談会:クリスティーナ・ラフィン(ブリティッシュ・コロンビア大学アジア研究所教授)×中村和男(中村キース・ヘリング美術館 館長) [モデレーター]梁瀬薫 (中村キース・ヘリング美術館 顧問 / 国際美術評論家連盟会員) 2009年9月19日(土) 中村キース・ヘリング美術館 野外パーティーコート

中村 ー 1987年頃、私は海外出張をしているときに初めてキースの絵に出会うわけです。 ≪ピープルズラダー≫という肩車の絵なのですけれども、なぜかすごく惹かれるわけです。けれど値段を聞いて驚きました。こんな値段がついていいのかと思いましたが、その画廊主からローンでもいいからといわれて、私は1枚購入するわけなのです。僕なりに、絵を観たときに、そこに微笑ましい部分があった。目で見てわかりやすい。一番重要なのは、多くの彼の作品には人が絡んでいる。人は一人では生きていけない、人と絡んでいく。そこに動きをもって絡んでいく。その辺の描写に実は私は興味を抱いていたと思います。
 それから、はまり込むわけですね。そして何度も、キースにばかりお金なんか使っていたら、自分の身が破滅するのではないかと何年も、葛藤をしながら集めていったら、これはもう私だけではなくてみなさんにお見せしたいと思いがでてくるのですが、私はキースのあの絵に、誰かが感じないものを感じたんだと思います。あの絵の裏にあるなにかを。ただ単に明るいだけではなくて、なんて繊細なんだろうって、なんという心理で描くんだろうって。日本人の特性でしょうか。
もっと奥をみるようなところがある。

editions85_p41.jpg無題 (ピープルズラダー)
リトグラフ 1985年
101.5 x 81 cm
© Keith Haring Foundation
中村キース・ヘリング美術館 蔵

ラフィン ー 最初にキースの絵をみると、単純さにすごく惹かれますよね。その後にもっと大事なメッセージが裏にあるんだなというのが、段々とでてきますよね。
 カナダにいる母と連絡をしていたときに、キースの話しをしていたら、彼女はものすごく喜んでいました。母は60代の人です。母は、キース・ヘリングは多大な影響を及ぼした作家だとよく知っていたのですが、私の10歳下の弟は聞いたことがなかったんですね。3歳の子どもでも描けるような絵だから、興味はないとか言ってましたが、でも母にイメージを見せられて段々みている内にやっぱり、表面的ではないメッセージがあることに気づいたようです。

中村 ー ここにキースの美術館をつくるときに、小淵沢なんて知らない。田舎ではないか、キースは都会でしかわからない。わかるはずがない。東京ならわかるけれど、ここにつくることに結構みなさんから抵抗ありましたよね。

梁瀬 ー そうですね、キースは80年代NYを駆け抜けていった人なのですけれども、混沌としたところで、暴力とかセックスとかドラッグとかが蔓延していた、もちろんエイズもそうなのですけれども、快楽と死が背中あわせにあった時代の、そしてそういう都会だったからこそあの作品はできたということもあるかもしれません。
 しかし何故、いつまでも80年代のレジェンドだけを引き継いでいかなければいけないのか、。たとえばキースの絵を媒体の一つと捉えて、そこから出てくるメッセージを、どういうふうに私たちは解釈し、解釈したメッセージをどのように未来へ伝えていかなければいけないのかというところに、中村館長はすごく興味がある。
 その結果が80年代の歴史性、美術評論性とそういうことではなく、たぶん、ここに建てたという意味ですよね。
 日本には北斎にしても、フラットな文化があったんですね。文学のことはこれからクリスティーナさんに説明してもらおうと思うのですが、そして漫画文化にも古代から慣れていたということがあって、キースのような平坦な絵をみても、その奥にある要素を探ろうとすることが働いたかと思うのですが、どうでしょうか。

ラフィン ー 私も初めて美術館のことを聞いた時に、キースと日本との接点が一番疑わしいと思って、何故、ここにこういうのができるのかと思いました。
 キースがどのように日本文化や文学に影響を受けたのか、それはいろいろと証明されていて、日記をみると、日本のカリグラフィー、つまり書道とかに惹かれていますよね。また、日本にも、東京ポップショップを開いたり、実際に日本との交流が明らかにありました。
ただ、もっと大事なのは、何故、ここにキース・ヘリングの美術館があって、意味があるのかというところ。つまり、彼のメッセージをどう伝えていくのか。日本の伝統文化や文学のほうから振り返ってみると、最初に和歌とかから研究していくのですが、外国人として和歌を読むととても不自然な部分があり、当時の日本人とは連想していくものが全然違います、俳句にしても。ある程度の知識人であれば、和歌は恋愛の媒介でもあるし、手紙のように簡単にメッセージを伝えるものでもある。あと悲しい時とか、悔しいときとか、『十六夜日記』にも残っているように何か単純に感情をうったえたいときとかにも使われました。和歌はそういういろんな素材に使われています。そんなふうに、私は今後キースの作品をみて行きたいなと思います。

B006_KEYF_041A_221n_S_th.jpg 闇へのスロープ
無題(ヘリングトーテム・ポール)
コンクリート 1989年
108.7 x 55× 5 cm
© Keith Haring Foundation
中村キース・ヘリング美術館 蔵

中村 ー いつも考えているのは、たとえば作品の名前を知ろうとか、それは二の次だと思っています。とにかく見て感じて下さい、というのが大事なのですね。
 それから作品そのものよりも、むしろ彼が若くして駆け抜けていってしまった時代、相当なエネルギーをもっていますよね、そして彼が悩んだこと、そこを理解したい。
 今、僕らは閉塞感になっています。ギラギラしている奴もいなければ、もっとはめ外して滅茶苦茶な未来志向な奴もいない。私自身がキース・ヘリングからもらったエネルギー、訴えかけようとしたこと、それらを「夢とか希望」とかいうものにつなげていけたらなと思っています。
 先程から言われている、何故、小淵沢かというと、八ヶ岳という土地はここに縄文文化が栄えていました。非常に強い生命のエネルギーのある場所で、逆にいうと、キースが生きた都会のエネルギーをも彷彿とさせる、自然の根本的な、宇宙のような、何かそういうところをもっているんですよ。ですからキースの個々の作品だけではなくて、そのものを都会から、東京からあるいはニューヨークから発信するのではなくて、この地でもっと単純な、希望とか夢だとか、そういうものとしても発信できたらな、というのが私の希望なのです。

ラフィン ー キースは日記の中で、現世はニューヨーカーとして解釈すればいいのですけれど、前世では僕は日本の画家だったって書いてあるのです。彼としても割とその辺を意識していて、つまり、前世では日本の画家であったならば、来世で小淵沢で生かされていくのも、いいのではないかなという気もします。


・・・キース・ヘリングと日本文化 − 2 − に続く
Text:Emiri Sakurabayashi , Kana Shimohigashi


20864635.jpgのサムネール画像【アプローチング プライミーバル エナジー(太古のエナジーに向かって)/ 杜のなかの美術館】
総監修:梁瀬薫
翻訳:中保佐和子、ゲルガナ・イヴァノヴァ、ダン・ウェーヴァー
AD+D:Hinterland
編集:三上豊 (和光大学)、櫻林恵美理 (中村キース・ヘリング美術館)
印刷・製本:Cohber
発行日:2010年4月24日
発行者:中村和男
W 178× H 254× D 9
92ページ(図版多数)
言語:日本語/英語

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

NTTドコモのXperiaの新CM 『デュアルダンス』編に、キース・ヘリング登場!

NTTドコモのXperiaの新CM 『デュアルダンス』編にて、キース・ヘリングのパンツ(パトリシア・フィールド)履いたダンサーが登場します! 是非、ご覧下さい! Nakamura Keith Haring POPSHOPにてパトリシア・フィールドの商品を取り扱っています!

NTTドコモ Xperia 新CM 『デュアルダンス』編 http://youtu.be/wM4EaJXkyKg
Nakamura Keith Haring POPSHOP  http://pop-shop.jp/
パトリシア・フィールド http://pop-shop.jp/?pid=37161978

crack is wack tee_TN.jpg

by staff | 2017年5月16日  | プレス

2月16日はキース・ヘリングの命日

2月16日はキース・ヘリングの命日です。1990年2月16日、31歳という若さでこの世を去りました。
彼は亡くなる2週間前に世界の平和に想いを馳せ、遺作『オルターピース(祭壇飾)』を制作しました。エディション9点あり、AIDSメモリアル大聖堂として知られるサンフランシスコのグレース大聖堂をはじめ、ニューヨークの聖ヨハネ大聖堂、そして日本では1997年にオノ・ヨーコが寄贈した広島現代美術館に収蔵されています。

そして現在開催中の、中村キース・ヘリングコレクションを中心に構成された展覧会『 LOVE POP !キース・ヘリング展−アートはみんなのもの』@伊丹市立美術館 に、オルターピース(祭壇飾)が出品されています。展覧会の開催期間は、2012年2月26日(日)までとなっておりますので、この機会をお見逃しなく、是非、ご覧下さい。

1989年、ヘリングは初めてブロンズという素材を使用して制作を行いました。亡くなる数ヶ月前の出来事でした。テーブルやドア、暖炉の飾り、そして、遺作のオルターピース(祭壇飾)が制作されたのです。
彼が最後に行き着いたブロンズシリーズ作品集『 Bronzes Catalog / ブロンズ・カタログ』は、Nakamura Keith Haring POPSHOPで発売中です。 最期の力とともに作品に向き合うヘリングの貴重な制作風景写真も収録されています。

19575812.jpg
『 Bronzes Catalog / ブロンズ・カタログ 』
ご購入⇒http://pop-shop.jp/?pid=19575812
Brand:GALLERY 56
Specs & Size:(単位/mm)
W 240× H 350× D 3
20ページ
装丁:ソフトカバー
著者:Sam Havadtoy
言語:英語

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

『 バイブルの無い教会 2012-ポップ・神話・ワンダフルワールド』開催!会期:2012年3月17日〜2013年1月7日

2012年度ポスター最終.jpg

中村キース・ヘリング美術館 2012年度コレクション展
『 バイブルの無い教会 2012-ポップ・神話・ワンダフルワールド 』

会期:2012年3月17日〜2013年1月7日
開館日:会期中無休
開館時間:10時〜17時
入館料:一般 1,000円、小中高生 600円、大学・シニア 800円、障害者割引あり
協力:Keith Haring Foundation

日本がバブル経済で沸いていた80年代のニューヨークは、70年代に比べれば景気も回復しつつありましたが、依然として治安の悪さと生活水準は低迷しており、全体的には暗いイメージがありました。人種の摩擦やゲイ・レズビアンの性差別問題も浮上しており混沌とした空気が漂っていましたが、独特なニューヨーク・カルチャーが形成された時代です。街ではブレイク・ダンスやグラフィティーなどのストリート・アートが全盛で、ウォーホルやバスキア、マドンナが台頭していました。キース・へリングは78年に、アーティストを目指してニューヨークにやってきましたが、まだ20歳になったばかりの若者が、街の発するエネルギーに感化されたのは言うまでもありません。「ここではすべてが常に変化している。異なる感覚、感動、四方八方に伸びる力(=エネルギー)のベクトルが自分の周りで混合されては、解体され続けているのだ」-1978年10月14日。

 「バイブルの無い教会2012-ポップ・神話・ワンダフルワールド」ではキース・へリング芸術から、資本主義下における消費社会から生まれたポップカルチャー(芸術と商業主義)、偶像観(生と死)、個の解放と自由(未来への希望)に注目します。展示は、へリングの縄文文様を彷彿とさせるドローイングが天井まで一杯に再現された闇へのスロープから始まり、「サブウェイ・ドローイング」のある考える部屋、「イコン」と、貴重なアンディー・ウォーホルとのコラボ作品「アンディー・マウス」全4点が初めて揃って公開される偶像の空間、大型彫刻作品郡と「アポカリプス」、新収蔵作品「メデューサ」を展示した希望の部屋、そして当館学芸員により多角的な解釈でヘリングの作品をセレクトし、会期中シリーズで展示する、自由の回廊へと続きます。

 

by staff | 2017年5月16日  | プレス

Nakamura Keith Haring Collection Exhibition 2012 "Universal Prayer 2012 - Pop, Myth and a Wonderful World"

《無題(メデューサ)》.jpeg

The Nakamura Keith Haring Collection is getting ready to reopen its doors this March!

Nakamura Keith Haring Collection Exhibition 2012
Universal Prayer 2012 - Pop, Myth and a Wonderful World
March 17th, 2012 - January 7th, 2013
Open Daily, 10:00 am - 5:00 pm
Admission: General ¥1000, Children (6-18) ¥600, Student/Senior ¥800
Support: Keith Haring Foundation

In the 1980s, while Japan was booming with the bubble economy, New York City had a grim atmosphere. It’s economy was on the upswing compared to the 70s, but the quality of life was still below average and there was a problem with crime, as well as friction between races and discrimination towards the LGBT community. But this was also when a distinct new York City culture was formed. Street cultures were on the rise, with break dancing and graffiti giving birth to stars such as Warhol, Basquiat, and Madonna. Keith Haring arrived in New York in 1978, and it goes without saying that the cultural atmosphere of the city greatly influenced the 20 year-old aspiring artist. As Keith wrote in his diary on October 14th, 1978, “Everything is constantly changing. Every second from birth is spent experiencing; different sensations, different interjections, different directional vectors of force/energy constantly composing and recomposing themselves around you.”

“Universal Prayer 2012 - Pop, Myth and a Wonderful World” will focus on Keith’s artwork that dealt with pop culture as an effect of rapid consumerism under hyper-capitalism (art and commercialism), idolization (life and death), and emancipation and freedom of the self (hope towards the future). The exhibit will feature the “Slope towards Darkness,” an area which features drawings by Keith that evoke a Jomon design, the “Room for Thinking” which features subway drawings, the “Space of Idols” which features the “Icon” series and Keith’s collaboration with Andy Warhol , the “Andy Mouse” series (the first time all four have been collected together in Japan), the “Room of Hope” which features a new acquisition “Medusa” and the “Apocalypse” series as well as large scale sculptural pieces, and the “Gallery of Freedom” which features a rotation of artworks by the staff curators.

by staff | 2017年5月16日  |