2011.11.26 MAYA MAXXライブペインティングが開催されました!

2011年11月26日、MAYA MAXXライブペインティングが開催されました!テーマは、第3回中村キース・ヘリング美術館国際絵画コンクールと同様『復興 (希望)』です。会場にいるお子様も急遽参加してのライブペインティング!心あたたまり、勇気ももらえる、素敵な絵に仕上がりました。ライブペインティング終了後、銀色で描かれた《 Our World Our Life 》が、夕陽に美しく照らされていました。

CIMG0618.JPGCIMG0617.JPG

RIMG1716.JPG

RIMG1734.JPGRIMG1810.JPG

CIMG0621.JPG

CIMG0636.JPG

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

第3回 中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール受賞作品発表

11月27日(日) 第3回中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール授賞式が開催されました。
第三回目は「復興ー希望ー」をテーマとし、国内、米国、香港から総計476作品の応募がありました。第二回目より応募作品は約160作品増え、子どもたちの率直な想いとエネルギーが満ち溢れた絵画コンクールとなりました。
授賞式では、西本淑子さんの司会進行にて、小宮山英人(北杜市教育委員会教育長) 、審査員 MAYA MAXX ( アーティスト )、中村和男( 中村キース・ヘリング美術館館長 )、梁瀬薫 (中村キース・ヘリング美術館顧問/国際美術批評家連盟 )により賞状の授与が行われました。
※ 受賞作品は、2012年1月9日まで中村キース・ヘリング美術館にて展示。

CIMG0693.JPGCIMG0640.JPG

CIMG0654.JPGCIMG0670.JPG

《 山梨県知事賞 》
smallK0004.jpg幼児部門
【受賞者】深津一真 (愛知県名古屋市)
【受賞作品】笑顔で前へすすめ
【審査員コメント】元気いっぱいな作品。淡い色彩と鮮やかな色彩両方が使われているところも印象的です。

smallE0238.jpg小学 1・2・3年生部門
【受賞者】松ヶ崎香蓮 (青森県八戸市)
【受賞作品】わたしは、父、母、弟、友だち、先生たちとかみんなと手をつないで 「ファイト!!」といいて元気をだしていくことが「きぼう」になると
思います。そしたら大きな大きな力がでます。えがおになります。わたしも 大きな声をだしてわらいたいです。
【審査員コメント】思わずこちらも笑顔になってしまうような作品。 背景の向日葵や子どもの笑顔が明るくて、楽しい。

smallF0051.jpg
小学4・5・6年生部門
【受賞者】谷川友菜 (山梨県甲府市)
【受賞作品】森も応援、がんばれ日本
【審査員コメント】段ボールという素材を活かしているとともに、梟の羽の表現が豊か。 元気になります。

smallJ0075.jpg
中学生部門
【受賞者】田上真弥 (東京都荒川区)
【受賞作品】真っ直ぐでは無い木
【審査員コメント】樹木を下から表すことで生まれる上昇感は 今回のテーマにぴったりです。

《ジュリア 賞》
smallK0080.jpg
幼児部門
【受賞者】河西果凛(山梨県甲府市)
【受賞作品】私と弟
【審査員コメント】 心の動きが、一歩前へ進む喜びに溢れている。 Tシャツの蝶の表情もいい。

smallE0154.jpg小学 1・2・3 年生部門
【受賞者】不明 (ニューヨーク)
【受賞作品】不明
【審査員コメント】散らばった小さなモチーフと、色彩のない鉛筆のみの 珍しい手法はとても印象的。

smallF0070.jpg小学4・5・6年生部門
【受賞者】Sophie De Melo(ニューヨーク)
【受賞作品】Japan, in my heart
【審査員コメント】 新聞、木炭、日本の旗を組み合わせたとてもクリエイティブな作品。

smallJ0064.jpg中学生部門
【受賞者】丸畑日向 (埼玉県所沢市)
【受賞作品】いやな思い
【審査員コメント】衝撃的なほど異質で、黒と白によって感情を掻き立てる。 とてもパワフルな作品。

《LOVE & PEACE賞】
smallK0078.jpg
幼児部門
【受賞者】望月結衣 (山梨県韮崎市)
【受賞作品】カラフルな家
【審査員コメント】どれもすばらしいのですが、これが一番好きです。

smallE0062.jpg小学 1・2・3年生部門
【受賞者】金山武央 (山梨県韮崎市 )
【受賞作品】パンダ
【審査員コメント】 私もパンダがすきだからですかねー とにかくなんかこの絵が好きですね。 なんか見ているだけでにやにやしてしまう。 不思議な絵です。

smallF0044.jpg小学4・5・6年生部門
【受賞者】網倉真由 (山梨県韮崎市 )
【受賞作品】大きなリンゴを食べるイモムシ
【審査員コメント】
表の紙をはがすのむつかしかったですね。でも、きれいに はがれていないボソボソした感じがあたたかくていいですね。 りんごの色は赤一色しかないもんね、いろいろな色だね。 虫もかわいい。

smallJ0071.jpg中学生部門
【受賞者】関勇作 (長野県松本市)
【受賞作品】遠い復興
【審査員コメント】 この細かさが本当にすばらしい。自分の中にある世界は 何一つ欠けてもダメなんですよね。

《小淵沢アートヴィレッジ賞》
smallK0058.jpg
幼児部門
【受賞者】Tam Ho Chak(香港)
【受賞作品】Victory! Japan!
【審査員コメント】サッカーが大好きということで、FIFAワールドカップで 優勝した「などしこジャパン」が復興の象徴として描かれ ているところがユニーク。クレヨンの質感がとても元気!

smallE0006.jpg小学 1・2・3年生部門
【受賞者】ZHOU AO REN (香港)
【受賞作品】Knowledges enriches our Life
【審査員コメント】様々な人種の人が地球という一つの花瓶の中で咲いてい るコンセプトが独創的。余白の使い方も巧みで、繊細 かつダイナミックな作品となっています。

smallF0005.jpg小学4・5・6年生部門
【受賞者】川﨑りな (青森県八戸市)
【受賞作品】命
【審査員コメント】「復興―希望―」のテーマの解釈が、太陽、赤ちゃん、 母胎といった様々な要素が含まれ、重層的で素晴らしい。 描写も精密に描かれているので、見応えがあります。

smallJ0070.jpg中学生部門
【受賞者】上野未由有 (長野県松本市)
【受賞作品】皆で描く希望の木
【審査員コメント】「希望の木」という比喩を据え、描き上げた素晴らしい作品。 縦長構図内でモチーフは勢いよく中心に収斂され、色彩 の豊かさと相まって、大胆で印象的な作品。

《TOKYO FM賞》
smallK0019.jpg
幼児部門
【受賞者】LAU KIN GI(香港)
【受賞作品】metamorphosis of Life
【審査員コメント】心の動きが、一歩前へ進む喜びに溢れている。 Tシャツの蝶の表情もいい。

smallE0045.jpg小学 1・2・3年生部門
【受賞者】堀内快 ( 山梨県甲府市 )
【受賞作品】幸福の鳥
【審査員コメント】
澄んだ心。彩りの心。そしてまっすぐな視線が印象的。 いつまでも心に残る作品。

smallF0070.jpg小学4・5・6年生部門
【受賞者】Sophie De Melo(ニューヨーク)
【受賞作品】Japan, in my heart
【審査員コメント】 東日本大震災を世界の心が救っている。それを自覚 しているかのようなグローバルな作品になっている。

smallJ0070.jpg中学生部門 【受賞者】上野未由有(長野県松本市)
【受賞作品】皆で描く希望の木
【審査員コメント】 手作りで日本を再生する。そんな意志が感じられる。

《アートクリティック賞》
smallK0010.jpg幼児部門
【受賞者】西論弥 (東京都中央区)
【受賞作品】ぼくがうえたいねのえ
【審査員コメント】しゃがんで苗を植えている様子が画面一杯に描かれていて、 元気が出ます。苗がどんどん育って、大きな木になりそうです。

smallE0027.jpg小学 1・2・3年生部門
【受賞者】伊藤颯馬 (山梨県甲府市)
【受賞作品】未来の町
【審査員コメント】建物がたくさんあれば、人も集まる。街の活気を象徴しています。ビルのまどが青空色をしているのがいいです。そして周りに描かれた線が絵全体をまとめています。

smallF0042.jpg小学4・5・6年生部門
【受賞者】市川未侑
【受賞作品】ゆう日を飛ぶカモメ
【審査員コメント】太陽がまさに昇ろうとしています。輝く将来を祈る気持ちがよく表れています。

smallJ0057.jpg中学生部門
【受賞者】百瀬あすみ(長野県松本市)
【受賞作品】希望
【審査員コメント】構成も色も、とてもきれいな絵です。それぞれの枝の先から色の違う花が満開になったらすごいでしょうね。

《特別展示》
smallK0055.jpg幼児部門
【氏名】石井志実 (福島県郡山市)
【展示作品】いっぱいむしとりするんだ!
【審査員コメント】
これとこの次の作品は兄妹だと思うのですが、 すばらしいですね。4才と5才がこんなに画面 に集中して、丹念に描けるなんて驚きです。(MAYA MAXX)

smallK0056.jpg幼児部門
【氏名】石井清太(福島県郡山市)
【展示作品】げんきなさかな きれいなうみ
【審査員コメント】
これとこの前の作品は兄妹だと思うのですが、 すばらしいですね。4才と5才がこんなに画面 に集中して、丹念に描けるなんて驚きです。(MAYA MAXX)

smallK0068.jpg幼児部門 【氏名】滝村駿太 (山梨県甲府市)
【展示作品】ガレキをかたずけるショベルカー
【審査員コメント】すばらしいですね。ショベルカーの躍動感がすばらしい。 頼れる感じですね。復興するぞって感じです。(MAYA MAXX)

smallJ0041.jpg中学生部門
【氏名】菊地紗綾 (宮城県仙台市)
【展示作品】感想
【審査員コメント】このあいだ、私もここの海をみました。 こんなだったんだね。(MAYA MAXX)

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

キース・ヘリングのドローイング(無題,1982)が、ニューヨーク近代美術館【MOMA】にて展示中!

キース・ヘリングの182.9×1705.6cmに及ぶドローイングが、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のコレクションとなり、現在、MOMA2階のギャラリーで展示されています!

Haring Drawing at MOMA

IMG_0077.jpg

by staff | 2017年5月16日  | 

ドキュメンタリー映画「Herb & Dorothy」を上映致しました!

h_d_04.jpg11月12日(土)と19日(土)と二週連続でドキュメンタリー映画「Herb & Dorothy」を上映致しました。たくさんのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございます。
19日には佐々木芽生監督をニューヨークよりお迎えし、美術ジャーナリストの村田真氏、TOKYO FMチーフプロデューサー延江浩氏、当館館長でアートコレクターの中村和男、当館顧問梁瀬薫とで座談会を開催致しました。

上映会場は当館で一番暗い展示室「考える部屋」。「展示室内上映がおもしろかった」「美術館の展示室内での上映は不思議な心地よさかあった」「アートの中でアートにふれて幸せだった」とのご意見も頂きました。
上映後の座談会では、アートに対する様々な想いが語られました。

fukei_a.jpg

taidan_shutuensha.jpg

コレクターとしてのハーブとドロシーの姿を語る佐々木監督と、コレクターとしての醍醐味と葛藤を語る中村館長。日本におけるアートの存在について語る村田真氏。
座談会後は佐々木監督のサイン会が行われました。カタログもかわいい&情報満載!

写真.JPG

h_d_03.jpg ご来場頂いたお客様には「夫妻の想いと実行力に感激した」「二人のアートに対するエネルギーに心底驚かされた」「アートに生きるという人を、作る方ではなく集める方に注目した点がおもしろかった」「好きなことをひたすら純粋にやることはステキ」といったご意見を頂きました! 佐々木監督は続編も制作中とのこと!これからもハーブとドロシーから目が離せません!

by staff | 2017年5月16日  | 

ロッヂ・アトリエで展示中!若狭宣子さんによる水彩画教室が開催されました。

11月17日に小淵沢アートヴィレッジ内の宿泊施設ロッヂ・アトリエ1月9日まで展示中若狭宣子さんによる水彩画教室が開催されました。

美術館の外で制作をした後、ショップ内で若狭さんのアドヴァイスを受けながら皆様作品を完成させました。

RIMG1679.JPGRIMG1676.JPG

次回の開催は以下の通りです。→中止になりました。
12月15日(木)10:00~12:00 
講師:若狭宣子 定員:5名 参加費:2500円
水彩画を始められる方から、表現の幅を広げたい方までお気軽にお出かけください。
持ち物:水彩画を描く道具(スケッチブック・絵の具・筆・水入れ・鉛筆・消しゴムなど)※道具をお持ちでない方はご相談下さい。
集合場所:中村キース・ヘリング美術館エントランス

お申し込み、お問い合わせ:
中村キース・ヘリング美術館museum@keith.jpあるいは℡0551-36-8712まで


by staff | 2017年5月16日  | 

ニューヨークHalloweenレポート!

10月31日に開催されるヴィレッジ・ハロウィーンパレードはもう40年近く続いている全米最大規模のパレード。夕暮れに6番街のスプリング・ストリートに集まり、23丁目くらいまでを毎年30万人近い参加者が仮装して行進。LGTBの皆さんの見事な(ど派手な!)仮装が毎年恒例となっている。見物客は昼間から席取りをするほどの盛り上がる。
ハロウィンといえば死者が墓場から生前の家に舞い戻ってきて悪さをする、という逸話がある。「Trick or Treat!」(何かくれなきゃ、悪さするぞ)と言って、各家を回ってキャンディーをもらうのがしきたりだ。

さてパーティーはヴィレッジだけでなく、ニューヨーク中で繰り広げられるが、ローワー・イーストサイドにあるシャレたホテル、リビングトン・ホテルではパトリシア・フィールドのハロウィン・パーティーが開催された。100人の厳選されたゲストだけが招かれる。ドレスコードは「ドレスアップ」。何ヶ月も前からこの日のために用意してきたという強者たちの個性的なコスチュームはほとんどアート。

P1020694.JPG

P1020693.JPGP1020715.JPG

パトリシアさんはドル紙幣でできた豪華ドレスで登場。メイクアップも死者より怖い!

PF8.JPG

日本からやってきたオペラ座の怪人の姿も・・・・。

PF9.JPG

PF10.JPGPF11.JPGPF12.JPGP1020716.JPG

HAPPY HALLOWEEN!

P1020689.JPG

by staff | 2017年5月16日  | 

『LOVE POP! キース・ヘリング展 アートはみんなのもの』伊丹市立美術館にて開催されます!!

B3poster.JPG

2012年1月21日(土)から2月26日(日)まで、当館の収蔵作品を中心とした展覧会 『LOVE POP! キース・ヘリング展 アートはみんなのもの』伊丹市立美術館(兵庫県)にて開催されます。当館以外で中村キース・ヘリングコレクションをご紹介する展覧会が、初めて実現いたします。本展では、国内から集められた約150展を展示し、初期から晩年までの全貌に迫るとともに、ヘリングの開催したワークショップや、東京POPSHOPといった日本での活動にも注目します。

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。
『LOVE POP! キース・ヘリング展 アートはみんなのもの』
公式HP http://artmuseum-itami.jp/keith/


※上記展覧会のご招待券をプレゼント致します!詳細は以下をご覧下さい。
・当館ショップ限定!当館ショップにて1万5000円以上お買い上げの方には上記展覧会のご招待券を2枚プレゼント☆さらに、当館書籍『杜の中の美術館』を当館ショップにてお買い上げの方には貴重なポスターもプレゼント!
・当館オンラインショップ限定!1月20日までにPOPSHOPTシャツお買い上げの方にはTシャツ1枚につきご招待券を1枚プレゼント☆
「POPSHOPTシャツ!」と商品名の冒頭にされているものが該当致します。
例:「POPSHOPTシャツ!【ベイビー黒】[Sサイズ]→http://pop-shop.jp/?pid=37155816

by staff | 2017年5月16日  | 

佐藤さくらワークショップ「Paper Glasses 旅する紙めがね」を開催致しました。

昨日、佐藤さくらワークショップ「Paper Glasses 旅する紙めがね」を開催致しました。大人から子どもまで、たくさんの方がご参加されました!

P1030851.JPG
集まった皆様に紙めがね制作手順を説明する佐藤さん。さて、どんな紙めがねが生まれるか楽しみです・・・皆さん制作に集中!手順はとても簡単。佐藤さくらさんお手製の「紙めがね型紙」を厚紙に貼って、様々な柄の紙を思い思いに貼っていきます。「できた!」と思ったら型紙に沿ってめがねをくり抜けば完成です。

「はさみを使って何かを作るのは何年ぶりだろう・・・」徐々にコツをつかみ、時にはモクモクと、時にはワイワイと制作する大人たち♡
P1030878.JPGP1030863.JPG

子どもたちも、佐藤さくらさんの助言で段々真剣な顔つきに・・・
P1030879.JPGP1030896.JPG

そして、出来上がり!キース・ヘリングが友人でアーティストのケニー・シャーフがペイントしためがねをつけ、自分の写真を撮影していたことに因んで、最後は写真撮影♪
P1030880.JPGP1030887.JPGP1030906.JPGP1030882.JPGP1030885.JPGP1030904.JPG

しかし、同じ手順を踏んでいるのに、十人十色のめがねが出来るのだから、やはりアートは奥深い!!!
佐藤さくらさん、楽しいワークショップをどうもありがとうございました!
紙めがねは当館ショップにて展示中ですので、ご来館の際は是非ご覧下さい☆
RIMG1667.JPG

by staff | 2017年5月16日  | 

佐藤さくらワークショップ「Paper Glasses 旅する紙めがね」リハーサル!

11月5日(土)に開催する佐藤さくらワークショップ「Paper Glasses 旅する紙めがね」のリハーサルを行いました!

IMG_3502 のコピー.jpg

お気に入りの音楽をかけて作業する佐藤さん・・・

IMG_1715 のコピー のコピー.jpgIMG_9417 のコピー のコピー.jpgIMG_8456 のコピー.jpg

そして出来上がり!

IMG_4227 のコピー.jpg

IMG_7856 のコピー.jpgIMG_4192 のコピー.jpgIMG_1002.jpg

皆さんもご自分の「紙めがね」を作りにお越し下さい!
お申し込み/お問い合わせ:
0551-36-8712 (TEL)/museum@keith.jp (E-MAIL)

詳しくはこちらをご覧下さい↓↓↓
http://118.82.80.197/news/2011/10/paper-glasses.html

IMG_1232.jpg

by staff | 2017年5月16日  | 

画家MAYA MAXXさんによるLIVE PAINTING!!!

mayamaxxlivepaintingflyer2011.jpg

当館で3回目のLIVE PAINTINGを披露して下さるMAYA MAXXさん。
今年のテーマは第三回中村キース・ヘリング美術館国際絵画コンクールに合わせて「復興ー希望ー」。
MAYA MAXXさん節で繰り広げられる対話型の公開制作となっております。
子どもから大人までお楽しみ頂けるイベントに皆さまぜひご参加下さい!

画家MAYA MAXX LIVE PAINTING
【日時】11月26日(土)14:00〜15:30
【会場】中村キース・ヘリング美術館 ミュージアムコート内
参加費無料・定員50名
ホットワイン、ホットコーヒーなどのドリンクをご用意!

お申し込み・お問い合わせ
中村キース・ヘリング美術館
0551-36-8712(TEL)/museum@keith.jp(E-MAIL)

by staff | 2017年5月16日  |