第2回 中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール受賞作品発表

11月28日(日) 第2回中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール授賞式が開催されました。
第二回目は「 友情、フレンドシップ」をテーマとし、国内と米国から総計270作品の応募がありました。第一回目より応募作品は約100作品増え、子どもたちの素直なエネルギーが満ち溢れた絵画コンクールとなりました。
授賞式では、西本淑子さんの司会進行にて、白倉政司(北杜市長) 、審査員 MAYA MAXX ( アーティスト )、延江浩( TOKYO FM 編成制作局次長 兼 アース&ヒューマンコンシャス事務局長 )、中村和男( 中村キース・ヘリング美術館館長 )、梁瀬薫 (中村キース・ヘリング美術館顧問/国際美術批評家連盟 )により賞状の授与が行われました。
※ 受賞作品は、2011年1月10日まで中村キース・ヘリング美術館にて展示。

DPP_0007.JPGDPP_0049.JPG

DPP_0044.JPG中込.jpg

川上.jpg大塚.jpg

《 山梨県知事賞 》
幼児部門
K0033s.jpg 【受賞者】塩津惇一朗 (5 歳、東京都世田谷区)
【受賞作品】どうぶつサッカー
【審査員コメント】動物たちが一生懸命に支えあっている様子を上手に重ねてくれました。

小学1・2・3年生部門
E0108s.jpg【受賞者】アンバー・アスコナ ( アメリカ、ニューヨーク)
【受賞作品】 無題
【審査員コメント】お友達は怒っているのかな?でもけんかしてもおともだち。友情って楽しいことばかりではないっていう、とても現実的な事に挑戦してくれた絵に感動しました。

小学4・5・6年生部門
F0074s.jpg 【受賞者】神田芽生 (9 歳、神奈川県相模原市)
【受賞作品】国も国境も関係ない!! ~友情~
【審査員コメント】一生懸命ともだちのことを考えて描いたのでしょう。背景の色がとても暖かいです。

中学生部門
J0008s.jpg【受賞者】塘田彩乃 (15 歳、愛知県名古屋市)
【受賞作品】明るい明日へ
【審査員コメント】雲と太陽のお話。力比べをのお話しを題材にしたのでしょう。優しく手を取り合っている描写が良いです。

《ジュリア賞》審査員:ジュリア・グルーエン ( ニューヨーク キース・ヘリング財団ディレクター)
幼児部門
K0017s.jpg【受賞者】深津一真(3 歳、愛知県名古屋市)
【受賞作品】ジャングルジムで遊ぼう
【審査員コメント】とてもムードがあり、雰囲気が豊です。

小学1・2・3年生部門
E0070s.jpg【受賞者】中込明花 (8 歳、山梨県南アルプス市)
【受賞作品】いっしょにでかけよう
【審査員コメント】 友情というテーマに、普通では選ばない題材です。すごい動きです!

小学4・5・6年生部門
F0064s.jpg【受賞者】福田彩乃 (11 歳、京都府京都市)
【受賞作品】おどる人
【審査員コメント】 画材の使いかたが上手です。イメージ(踊っている人)が画面の外に続いているのが良いです。

《 LOVE&PEACE賞 》審査員:MAYA MAXX (アーティスト)
幼児部門
K0038s.jpg【受賞者】大塚悠飛 (5 歳、東京都練馬区)
【受賞作品】おじいちゃんとチュウ
【審査員コメント】私はこういう絵が好き。クレーみたい、すごいね~ !!気持ちにちゃんとリアリティがあるから、絵に説得力がありますね。大胆なんだけどすごく細かい描写もしていてすごい。

小学1・2・3年生部門
E0092s.jpg 【受賞者】杉山璃莉 (6 歳、山梨県甲府市 )
【受賞作品】仲良しイチゴ
【審査員コメント】色が独特できれいであたたかいです。いちごが仲良く並んでいる事でフレンドシップを表現するところが渋いね。ふつう、人になりそうなもんだけどある意味抽象的ですよね。大好きな絵ですね。

小学4・5・6年生部門
F0082s.jpg 【受賞者】齊藤百香(12 歳、山梨県甲府市)
【受賞作品】まとめとうもろこし!
【審査員コメント】この発想がすばらしい。何かに見たてるっていうことがわかってるよね。全体的にとうもろこしくを描くのではなく、とにかく、粒がぎっしり~ってのを描きたかったんだよね。ホントにギッシリだ、ギッシリって仲良しだよね。

中学生部門
J0013s.jpg 【受賞者】丸畑日向 (13 歳、埼玉県所沢市)
【受賞作品】自分の友達
【審査員コメント】細かい世界観を、一枚の中に丁寧に描いていることで画面に複雑な世界のコントンを絵描いているね。

《 小淵沢アートヴィレッジ賞 》 審査員:中村和男( 中村キース・ヘリング美術館 館長 )
幼児部門
K0036s.jpg 【受賞者】小島慎人 (5 歳、神奈川県川崎市)
【受賞作品】えんのともだち
【審査員コメント】毎日楽しく外で遊んでいる様子がよく表現されています。思いっきり遊べることの大切さをこの絵から感じます。

小学1・2・3年生部門
E0025s.jpg 【受賞者】川村美子 (8 歳、神奈川県大和市)
【受賞作品】みんなといっしょ
【審査員コメント】このように地球のみんなが手をつないでいったら、それが絆となり、とても強い輪になって地球を救えるかもしれないですね。一人じゃないんだよ、という素晴らしいメッセージがあります。

小学4・5・6年生部門
F0083s.jpg【受賞者】坂本詩音(9 歳、熊本県熊本市)
【受賞作品】みんなおともだち
【審査員コメント】にこにこ笑っている顔がとてもいいです。友情って何だか難しいテーマかもしれないですが、理由がなくても楽しく一緒にいられる、みんなが自然に笑顔になっている、それが基本なのですね。

中学生部門
J0007s.jpg【受賞者】佐藤了真(13 歳、岐阜県可児市)
【受賞作品】わ
【審査員コメント】いきなり「わ」、には驚きました。単刀直入なメッセージを丁寧に表現しています。大きな声が聞こえるとても大胆な絵です。

《 TOKYO FM 賞 》審査員:延江浩 (TOKYO FM 編成制作局次長 兼 アース&ヒューマンコンシャス事務局長 )
幼児部門
K0037s.jpg【受賞者】大塚悠飛 (5 歳、東京都練馬区)
【受賞作品】コウタロウとけんかした
【審査員コメント】表情が生き生きとしている。シンプルな筆使いと配色で顔の感情が良く現れていて秀逸な作品。

小学1・2・3年生部門
E0102s.jpg【受賞者】小林岳 ( 8歳、山梨県北杜市 )
【受賞作品】友(YOU)
【審査員コメント】天地の比較。黒い人物の影が裏側から見ると真っ赤。人の不可思議さを描いている。

小学4・5・6年生部門
F0031s.jpg【受賞者】吉野富士香 ( 11 歳、山梨県甲府市 )
【受賞作品】友だちの木
【審査員コメント】色合いがとてもいい。根っこの部分が手になっているのが素晴らしい。人の手で「木」が「火」のように暖かい。

中学生部門
J0007s.jpg 【受賞者】佐藤了真 (13 歳、岐阜県可児市)
【受賞作品】わ
【審査員コメント】 色づかい、構成、タイトルすべてがショッキング。これは一枚の斬新な地球儀だ。

《 アートクリティック賞 》審査員:梁瀬薫 ( 中村キース・ヘリング美術館顧問 / 国際美術批評家連盟 )
幼児部門
K0001s.jpg【受賞者】竹市竜万 (4 歳、東京都八王子市)
【受賞作品】遊んでくれてありがとう�
【審査員コメント】「友情」とはなんだろう。波長が合って素敵なハーモニーが生まれることがとても大切なんだということが、この絵に託されているのでしょう。

小学1・2・3年生部門
E0082s.jpg【受賞者】川上巧馬 (6 歳、山梨県甲斐市 )
【受賞作品】カワセミの友
【審査員コメント】一緒に飛ぶ鳥の仲間に何か起こったら、どうやって助けようか。という物語を想像させる絵です。水しぶきかのような白い線が、全体のアクセントとなり強く引かれた空と海の境界線を打ち破ってくれています。

小学4・5・6年生部門
F0063s.jpg【受賞者】中込侑花 ( 11 歳、山梨県南アルプス市 )
【受賞作品】いろんな友だち
【審査員コメント】花をモチーフにした点は大変よかったです。一つの器の中で、一輪一輪を引き立たたせたうえで、全体のハーモニーを保っていくのは実は容易なことではありません。色の組み合わせもすてきです。

中学生部門
J0006s.jpg【受賞者】加藤綾乃 (13 歳、群馬県伊勢崎市)
【受賞作品】いつもの楽しみ
【審査員コメント】3 人の顔の違いと特徴がとてもよく描けています。同じ環境にいても個性が異なり、それでも友情が生まれるということが描かれています。素直な気持ちが顔に表れています。

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

RMK♡Keith Haring CHRISTMAS PALETTE & BRUSH SET 2010

RMKからクリスマス限定で、キース・ヘリングのパレットとブラシセットが発売されました ! 表参道のRMKのディスプレイもキース・ヘリングです ! RMK♡Keith Haring CHRISTMAS PALETTE & BRUSH SET 2010 HOLIDAY LIMITED EDITIONの詳細は下記URLよりご覧頂けます。
http://www.rmkrmk.com/special/2010CHRISTMASPALETTE/

palette_img_pict3.jpgbrushset_img_pict1.jpg

S_P1020259.jpgS_P1020261.jpg

by staff | 2017年5月16日  | スタッフ日誌

《 Art Against ADIS − エイズについてアートができること− 》2010年11月27日〜2011年1月10日| キース・ヘリング没後20周年 World AIDS Day 2010特別企画

URL_キースキャンペーンポスター修正版.jpgEnglish click here

中村キース・ヘリング美術館では、12月1日世界エイズデーにあわせ《 Art Against AIDS − エイズについてアートができること− 》を開催いたします。 
当館の活動はささやかなはじめの一歩かもしれませんが、アートを通して少しでも多くの方々に、もっと身近にHIV/エイズの事を知るきっかけとなりますよう、また参加者の皆さんとの意見交換の場にもなりますよう願っています。多くの皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。詳細は下記の通りです。

----------------------------------------------------------------------------------
キース・ヘリング没後20周年 World AIDS Day 2010特別企画
Art Against AIDS – エイズについてアートができること −
期間: 2010年11月27日〜2011年1月10日
主催:シミック株式会社 開催:中村キース・ヘリング美術館
協力:Keith Haring Foundation , LivingTogether計画
----------------------------------------------------------------------------------

▶▶ 2010年11月27日(土)〜2011年1月10日(火)
屋外作品・シアターも出現!
「開発好明 ピラミッド − キース・ヘリング没後20周年に捧ぐ −」
映像作品 出展作家:Elisabeth Smolarz ( ドイツ、アメリカ在住) Jeroen Kooijmans (オランダ) Pak Sheung Chuen (香港)

▶▶ 2010年12月4日 (土)
○13:00−14:00 「Living Together ポエトリーリーディング Think About AIDS」
美術ジャーナリスト梁瀬薫によるキース・ヘリング作品解説で展示室「闇」から「希望」を巡ります。展示室では、参加者と一緒にポエトリーリーディングを開催。
ゲスト:MAYA MAXX (アーティスト)、中村和男(中村キース・ヘリング美術館 館長) 他
○14:00-14:10 「Freeドリンクサービス@ ポップショップカフェ with DJ 」
○14:10-15:10 「−講演−エイズという病気について知ろう! 」講師 / 内山明好 (医師・医学博士 株式会社アーテイジ 代表取締役)
エイズとはどの様な病気なのか、HIVというウイルス感染が原因ですがエイズ発症までに5年から10年の潜伏期間がある、そんなエイズの特徴やHIV感染の段階でどのように対応していくか、その重要な鍵である抗エイズ薬の開発について等を易しく解説いたします。
○15:00〜 「−対話型− MAYA MAXXライブペインティング with DJ Michio Nakamura 」

▶▶ 2010年12月11日(土)
○13:00−14:45 「−講演− 80年代・アメリカ・エイズ」
1987年サンフランシスコで開催された第一回全米エイズ会議に出席し、急速に広がるエイズの問題を目の当たりにした、仲尾唯治(山梨学院大学 社会学・社会病理学 教授)による講演。当時のドキュメンタリー写真も公開。
○14:45−15:00 「−座談会− 80年代・アメリカ・エイズ − 過去、現在、そして未来へ −」
仲尾唯治氏講演を基に、キース・ヘリングが生きた80年代そして現在と未来を考え、エイズを巡る問題から出発しキース・ヘリング没後20周年記念展のテーマでもある「絆」そして「生きること」について改めて再考する機会とします。

▶▶ 2010年12月18日(土)
○14:00−15:00 「アーティスト・トーク 開発好明(かいはつ よしあき)」
ユニット " _t(k y)t_ " (開発好明・高安利明)によるソフトノイズバンド・ライブパフォーマンスも開催!

【出演者プロフィール】
MAYAMAXX / 1961年愛知県生まれ。画家。93年に初の個展『 COMING AND GOING 』を行い、MAYA MAXXとしての活動をスタート。99年にラフォーレミュージアムでの個展では、1万人以上の動員。ニューヨークや日本各地でのワークショップや、テレビCMやNHK『 真剣十代しゃべり場 』、『 ポンキッキーズ』などテレビ出演まで幅広く活動。

開発好明 / 1966年山梨県生まれ。多摩美術大学院卒業。2007年ニューヨークから帰国し山梨を拠点に活動。多摩美術大学の講師を勤めながら国内外で数多くの展覧会を開催している。 2008年 Jump Ship Rat “POP-UP” リバプールビエンナーレ、2007年 “ Making a Home “ジャパンソサエティー(ニューヨーク)、2006年「越後妻有 大地の芸術祭2006」、” 2006年第2回シーメン国際現代美術ビエンナーレ(ブルガリア)等出展。

仲尾唯治 / 山梨学院大学経営情報学部経営情報学科教授。社会学・社会病理学専攻。山梨県内におけるHIV/AIDSに関する普及啓発と陽性者支援を目的として設立された『HIV/AIDSサポートネットワークやまなし』代表。厚生労働省 エイズ対策研究事業研究代表者として、外国人のHIV予防対策とその介入効果に関する研究、国内外のHIV/AIDSセミナーにおいて講師を務めるなど、幅広く活動中。

内山明好 / 浜松医科大学医学部医学博士(M.D.& Ph.D.)1980年に浜松医科大学医学部を卒業後、同大整形外科学講座および関連病院にて勤務。1983年より1984年にかけて米国ボストンにあるハーバード大学にて骨疾患の研究に従事。その後1991年にエーザイ株式会社、2002年にはグラクソ・スミスクライン株式会社にて臨床開発、薬事、安全性部門の担当役員として勤務する。2004年に株式会社アーテイジを設立、代表取締役社長として現在に至る。株式会社アーテイジは、製薬企業へのコンサルティングサービス、一般に対しては疾病予防のための栄養管理プログラムの提供サービスを行っている。

梁瀬薫 / アート・プロデューサー&ジャーナリスト。1986年MOMAの仕事でNYへ渡る。以来、(株)美術出版社ニューヨーク支部を立ち上げ海外情報事業を担当。AICA(国際美術評論家連盟)米国支部評議員、美術ジャーナリストとして日本の多くのメディアに寄稿、アートコンサルタント、展覧会やワークショップの企画とプロデュースなど、コンテンポラリーアートを軸に幅広く活動している。

中村和男 / 1946年山梨県生まれ。中村キース・ヘリング美術館 館長。1987年よりキース・ヘリング作品のコレクションを開始。2007年 中村キース・ヘリング美術館を設立。 現職はシミック株式会社 代表取締役会長兼社長。1969年京都大学薬学部製薬化学科卒業後、三共株式会社に入社。世界初スタチン系コレステロール低下剤の開発プロジェクトリーダーを勤める。1992年シミック株式会社 代表取締役に就任、日本初のCRO(医薬品開発受託機関)として本格的にスタートさせる。近年では、臨床試験、創薬、科学技術振興などに関わる、多数の国家プロジェクトにて委員を務める。

中村道生 / 1967年生まれ。DJ、音楽プロデューサー、タレント。広島でクラブDJやFMラジオ・TVの音楽番組パーソナリティーで活躍。1998年ミュージカル「BLUE ANGEL」にDJ出演し、評価を得る。現在は、六本木ヒルズHEARTLAND、NYイーストヴィレッジのライブレストランの運営と音楽エンターテイメントをプロデュースしている。

by staff | 2017年5月16日  | プレス

Art Against AIDS - What Art can do about AIDS - / 20 Years since the Passing of Keith Haring / World Aids Day 2010 Special Event

URL_キースキャンペーンポスター修正版.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20 Years since the Passing of Keith Haring / World Aids Day 2010 Special Event
Art Against AIDS - What Art can do about AIDS -
November 27th, 2010 through January 10th, 2011
Sponsored by: CMIC Co., Ltd
Location: Nakamura Keith Haring Collection
Cooperation: Keith Haring Foundation, Living Together Project
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

▶▶2010.11.27 - 2011.1.10
Outdoor Artworks and a Theater!
"Yoshiaki Kaihatsu Pyramid - In Memory of Keith Haring, 20 Years since his Death -"
Video Art : Elisabeth Smolarz (Germany ) Jeroen Kooijmans (Netherlands) Pak Sheung Chuen (Hong Kong)

▶▶2010.12.4
> 13:00 - 14:00 "Living Together Poetry Reading 'Thinking About AIDS'"
Guided by Art Journalist Kaoru Yanase, we will visit the gallery of Darkness leading to the gallery of Hope. In the galleries participants will read poetry.
Guests: Maya Maxx (artist), Kazuo Nakamura (Director) and others
> 14:00 - 14:10 "Free Drinks @ Pop Shop Cafe with DJ MIchio Nakamura"
> 14:10 - 15:10 "Let's learn about AIDS" Lecture by Prof. Akiyoshi Uchiyama
What exactly is AIDS? It is caused by the HIV virus, but the virus can incubate for 5-10 years before the onset of AIDS. We will be describing the characteristics of AIDS as a disease, as well as the development of Anti-AIDS drugs, which are important in dealing with AIDS at the stage of HIV infection.
> 15:10 - "(Conversational) Live Painting with Maya Maxx with DJ Michio Nakamura"

▶▶2010.12.11
> 13:00 - 14:45 Lecture "80s - America - AIDS"
Lecture by Professor of Sociology at Yamanashi Gakuin University Tadaharu Nakano, who attended the first annual American AIDS Conference in San Francisco, and saw the rapid spreading of AIDS through the 80s. Accompanied by documentary photographs.
> 14:45 - 15:00 Conversation "80s - America - AIDS - the Past, Present and Future" Based on the lecture by Prof. Nakano, we will discuss Keith Haring's 80s and the present and future. Participants can bring their "Mother and Child Handbook," as we will do a reading of them. By contemplating AIDS, we will lead to the theme of the event "Bond (Connections)" and "Life (To Be Alive)."

▶▶2010.12.18
> 14:00 - 15:00 "Artist Talk by Yoshiaki Kaihatsu"
Live performance: " _t(k y)t_ " (Yoshiaki Kaihatsu / Toshiaki Takayasu

[Guest Profiles]
Maya Maxx / Born in Aichi in 1961. Artist. She held her first solo show "Coming and Going" in 1993, and began her career as Maya Maxx. Her show at the La Folet Museum brought in over 10,000 viewers. Her activities include workshops in New York and various locations in Japan, as well as appearance on TV shows such as "Ponkikkies."

Yoshiaki Kaihatsu / Born in Yamanashi in 1966. Graduated from the Tama Art University Graduate School. In 2007 he returned from New York and set up his studio in Yamanashi. Alongside his position as a lecturer at Tama Art University, he holds numerous exhibitions around the world. In 2006 he exhibited at the Siemen Second Annual International Modern Art Biennale in Bulgaria, in 2007 he exhibited "Making a Home at the Japan Society in New York, and in 2008 he exhibited "Jump Ship Rat 'Pop Up'" at the Liverpool Biennial.

Akiyoshi Uchiyama / Hamamatsu University School of Medicine Doctor of Medical Science (M.D. & Ph.D.) Akiyoshi Uchiyama graduated from the Hamamatsu University School of Medicine in 1980, and started working for the orthopedic surgery course at the same university and other affiliated medical facilities. From 1983-84 he participated in research on bone diseases at Harvard University. In 1991he started working for Eisai Co., Ltd. and in 2002 for GlaxoSmithKline as a staff member for clinical development, pharmaceutical affairs and the safety department. In 2004 he started Artage Co., Ltd. where he is currently the CEO. Artage provides consulting services to pharmaceutical companies, and nutrition management programs targeted to preventing diseases to the public.

Kaoru Yanase / Art Producer/Journalist. In 1986 she came to New York to work with the MoMA. Since then she started the New York branch of Bijutsu Shuppan-sha and handled the Overseas Information. As a board member of AICA (International Art Critic Association) and a journalist, she writes for various media in Japan, and also works as an art consultant and plans and produces workshops and exhibits.

Kazuo Nakamura / Born in 1946 in Yamanashi. Director of the Nakamura Keith Haring Collection. In 1987 he started collecting Keith Haring pieces and in 2007 he opened the Nakamura Keith Haring Collection. Currently he is the CEO of CMIC Co., Ltd. In 1969 he graduated from the School of Medicine at Kyoto University and joined Sankyo Co., Ltd. He was the Project Leader for the first Statin based Cholesterol lowering drug. In 1992 he became the CEO of CMIC Co., Ltd and started the first CRO (Contract Research Organization) in Japan. In recent years he is involved in many national projects for clinical trials, medicinal creation and science and technology promotion.

Michio Nakamura / Born in 1967. DJ, music producer, multi-media talent. A successful club DJ and FM radio and TV personality in Hiroshima, in 1998 he appeared in the musical "Blue Angel" as a DJ and gained prominence. Currently he is involved in the management of Heartland at Roppongi Hills, as well as a restaurant in the East Village of New York, as well as producing music.

by staff | 2017年5月16日  | プレス

ART Against ADIS − エイズについてアートができること− 2010年11月27日〜2011年1月10日| キース・ヘリング没後20周年 World AIDS Day 2010特別企画

URL_キースキャンペーンポスター修正版.jpg

by staff | 2017年5月16日  | プレス