2009.3.28 キース・ヘリングとポップショップ展オープニングイベント開催 / Maya Maxx ワークショップ 朝日新聞、山梨日日新聞に掲載

3月28日、キース・ヘリングとポップショップ展のオープニングイベント Maya Maxx ライブペインティングが、DJ 中村道生 の80年代NYとキースを彷彿とさせる抜群の選曲 の中、昨年に引き続き開催されました。今年は、キース・ヘリングを描きだしたMayaMaxx、エキサイティングなパフォーマンスに会場全体が感嘆の渦に。

中村和男館長はじめ、当館顧問の梁瀬薫さん、白倉政司市長 (北杜市) 、建築家 北川原温氏、多くの関係者が集まり、今年も盛大が御祝いとなりました。

描き出し.jpgI_2.jpg

I_5.jpgI_3.jpg

翌日、3月29日には、小学生を中心に3歳から60歳代までの約50人が参加頂き、MayaMaxxのワークショップが開かれました。MayaMaxxと一緒にキース・ヘリングの作品が並ぶ展示室を探検後、自分の好きなキースの絵をケント紙にマーカーを使って描きました。 ワークショップの模様は、次回更新予定。是非、お楽しみに!!

※ 2009年3月30日、MayaMaxxワークショップの取材記事が、朝日新聞・山梨日日新聞に掲載されました。

朝日新聞
http://www.asahi.com/

山梨日日新聞
http://www.sannichi.co.jp/

by staff | 2017年5月16日  | エキシビジョン

近藤等則×キース・ヘリング 『 GOING PLACES...FOR KEITH 』 中村キース・ヘリング美術館にて発売中 !

日本が世界に誇るトランペット奏者、近藤等則。アヴァンギャルドなフリー・インプロヴィゼーションはさらに円熟し、ジャンル/国籍を超越し内なるエネルギーを秘めたサウンドが、キース・ヘリングがのこした作品と相成ってメッセージを全宇宙に解放します。音楽という枠を越え、もはや文化を創造し得る衝撃のCD『 GOING PLACES ... FOR KEITH 』がリリースされます。近藤等則が当館の展示室でキース・ヘリングの作品と向き合い作曲するなど、時空を越えたコラボレーションが実現。

CD_1.JPGCD_3JPG.JPGCD_2.JPGCD_4.JPG

ニューヨーク Hinterland がアートディレクション+デザインを手がけたCDジャケットも注目を集めています。
デザイナーのScott Buschkuhlさんも仕上がったCDに、" They look fabulous ! ! The pink is so vibrant and reflective of Keith's work. " とコメント。コレクターズアイテムになること間違いない仕上がりです。また、近藤等則とキース・へリングの十分なプロフィール、そしてKeith Haring : Journals からキースの手記が掲載されるなど、充実したライナーノートとなっています。

是非、お見逃しなく。当館にて通信販売も開始しています。お問い合わせは、Email : museum@keith.jp または Tel : 0551-36-8712 までご連絡頂ければ幸いです。

近藤等則 『 GOING PLACES ... FOR KEITH 』
価格: 2,800円 (税込)
発売元/販売元: 中村キース・ヘリング美術館

by staff | 2017年5月16日  | プレス

2009年3月20日(金・祝 ) 開館 ! キース・ヘリングとポップショップ ーアートを共有するための新しいネットワークー展 開催 !! 3月28日(土) オープニングイベント MayaMaxx ライブペインティング × DJ 中村道生 !  3月29日(日 ) Maya Maxxワークショップを開催 !

NKHC.jpgのサムネール画像

 ■中村キース・ヘリング美術館は冬季休館を終え、3月20日(金・祝) から、「キース・ヘリングとポップショップ ー アートを共有するための新しいネットワークー」展を開催いたします。『 本年度も皆様と再会できる日を、スタッフ一同、とても嬉しく、そして楽しみにしております!! 』

  1980年初頭、ニューヨークの地下鉄の広告版を使ったサブェイドローイングで一躍有名になったキース・ヘリング。86年にサブェイドローイングを中止し、自分でデザインをしたグッズを販売する『ポップショップ』をオープンしました。アメリカ消費文化を崇高な芸術にのし上げたアンディー・ウォーホルに激励され、コミュニケーションを計るための新しいアート・ネットワークの空間を作りました。このネットワークは、インターネットもアイポッドもない時代に、1億円のアートを世界の少数のコレクターに売るのではなく、1ドルのアートを1億人と共有するものだったのです。本展では『ポップショップ』が単なる商業主義に走らず、アートをできるだけ多くの人に共有してもらうための手段であったというコンセプトを探求しています。

 ■3月28日(14:00〜) には、オープニングイベントとして、Maya Maxxさん が小淵沢にやってきます。今回はDJ中村道生(HEARTLAND)とのコラボレーションが実現。エキサイティングなライブペインティングを是非、お楽しみ下さい。

 ■3月29日 ( 11:00〜12:00 / 14:00〜15:00 )、Maya Maxx ワークショップを開催。Maya Maxxさんと一緒に、キース・ヘリング作品をみながら対話をし、最後にはみんなで絵を描きます。ワークショップのお申込は、 参加希望者氏名、参加希望の時間、ご連絡先 [ 住所、電話・FAX 番号、e-mail ) をご記入の上 、nakamura.haring@gmail.com 又は 0551-36-8713 までお知らせ下さい。

mayamaxx.jpg

-----

キース・ヘリングとポップショップ −アートを共有するための新しいネットワーク− 展
Keith Haring " POP SHOP " − Making a new network for art to the public −

主催:中村キース・ヘリング美術館
協力:Keith Haring Foundation 、YDNY Productions, Inc 、HEARTLAND 、space LAB Ichimura 、北川原温建築都市研究所
後援:山梨県 、山梨県教育委員会 、北杜市 、北杜市教育委員会

開館時間:午前10時 〜 午後5時
休館日:毎週火曜日
入館料:一般1000円、小中高生600円、大学・シニア800円、団体割引・障害者割引あり

-----

text : sakura

by staff | 2017年5月16日  | エキシビジョン